くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

かっぱのすいか」 みんなの声

かっぱのすいか 作・絵:三輪映子
出版社:ベネッセコーポレーション
本体価格:\1,262+税
発行日:1989年08月
ISBN:9784828813615
評価スコア 4
評価ランキング 24,363
みんなの声 総数 1
「かっぱのすいか」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • すいかのおばけで竜退治!

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子12歳

    かっぱのキュウは、きゅうりの世話をしていました。
    でも、その中にひとつだけ違った芽がありました。
    育ててみると、それはすいかの芽でした。

    あまりにもたくさんすいかがなったので、
    かっぱ村のみんなにもご馳走しようと考えます。
    キュウがかっぱ村についてみると・・・

    キュウは、たくさんのすいかを使って、
    竜を追い払う方法を考えます。

    竜を徐々に追い詰めていく様は、
    とても面白く楽しめました。

    かっぱがすいかをかぶる格好も、
    なんとも愛嬌があってかわいい。

    それにしても、面白いすいかの利用方法でした。

    あたたかな木版画の絵に、昔を思い出させます。

    夏の年長クラスへの読み聞かせにとセレクトしてみました。

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • はなびのひ
    はなびのひ
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    江戸の町並みと大輪の花火が夏の風情を感じさせる、たしろちさと初の和風絵本


楽しく読んで楽しく知れる、新発想の忍者図鑑絵本

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット