庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

しげるのかあちゃん」 みんなの声

しげるのかあちゃん 作:城ノ内まつ子
絵:大畑 いくの
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2012年07月10日
ISBN:9784265081165
評価スコア 4.14
評価ランキング 17,192
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • かっこいいなあ・・・・・

    しげるのかあちゃん、かっこいいなあって憧れてしまいます。

    2トントラックを運転する逞しいしげるのかあちゃん・・・・・

    それで、お洒落にも気を使うし、一人でお父さん役も、お母さん役も

    頑張って健気にやっているしげるのかあちゃんを尊敬します。

    どんな状況に置かれても逞しく生きていくしげるのかあちゃんを見習い

    たいと思いました。

    掲載日:2012/09/01

    参考になりました
    感謝
    2
  • かっこいい!

    • こりえ♪さん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子6歳

    頼もしくてかっこいいしげるのかあちゃん。
    もう惚れてしまいそうです。笑

    お話の中ではお父さんの存在は描かれていませんが、内容からすると女手一つでしげるを育てているのでしょう。
    お父さんのようなたくましさもあり、でもおしゃれもしっかりする。
    素敵なおかあさんです。
    そんなおかあさんが大好きで、自慢なしげるの気持ちが最後の一言でよくわかります。

    娘もそのかっこいい活躍ぶりに「おーっ!」と感心しまくりでした。
    その姿を見て、私自身も娘自慢のかあちゃんになりたいなぁとしみじみ感じてしまいました。

    掲載日:2012/08/22

    参考になりました
    感謝
    2
  • しげるの母ちゃんは、いろんな道具を使いこなし何でもパパッとやってしまう、たくましくて頼りがいのあるかあちゃん。

    大人の私から見ても男勝りのかあちゃんは、かっこよくてほれぼれする。
    その行動力をまねしたいと思う。ウジウジ悩むのなんて、時間の無駄と思わせてくれる。

    きっと子供から見たらもっとすご〜いとなるのだろう。
    友達にも自慢できるかあちゃんなんだろうな。

    絵もそんなかあちゃんのイメージにぴったり。母ちゃんの笑顔としげるの自慢げな顔が印象的。そして、二人の笑顔が周りの人たちにも広がっている。

    笑顔のちからってすごいな、と改めて感じます。

    掲載日:2015/09/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 見た目はあれですが、なかなか頼もしいかあちゃんです。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    現代においては、こんなかあちゃんがいても全く不思議ではない。私の中で色々と、しげるのかあちゃんがこうなるに至った境遇や設定を想像して楽しめました。私は2トントラックどころか軽自動車しか運転できないので、しげるのかあちゃんはそれだけで本当に凄いと思います。

    掲載日:2014/11/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • かあちゃんが大好きになる

    かっこいいかあちゃんにしびれたのは、しげるだけじゃない。私自身もだ。
    力仕事で懸命に子育てする女性は歌にもなっています。
    でもこのかあちゃんは、そんな昭和の陰をみじんも感じさせません。
    ストレートで頼もしく子どもに接し、時には近所の子どももまとめて「まかせなさい!」
    どこかに居そうなかあちゃんの日常の話なのに、母の愛が力強さが心にじんわり染み込む本です。
    「いいなぁ、しげる。母の日はちゃんとお手伝いするんだぞ。」

    掲載日:2013/04/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 雰囲気は昭和ですが…。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子13歳

    好き嫌いの出る作品かな〜と、感じました。正直、個人的な好みでは好きではない作品です。

    本の作りというか世界観に、昭和40年から50年代を感じましたが、登場する母ちゃんは、割と今どきのつけまつ毛の化粧をしたヤンキーっぽいお母さんでした。

    大畑さんの絵柄は嫌いではありませんが、この作品に限り、全逓的に(ワザとだと思いますが)画面を崩しすぎていて、ちょっと見辛かったです。
    キャラクター的にこういうお母さんが好みのお子さんたちにはウケそうな気がします。

    掲載日:2013/05/28

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット