ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

くまさんの おたすけ えんぴつ」 みんなの声

くまさんの おたすけ えんぴつ 作:アンソニー・ブラウン
訳:さくま ゆみこ
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2012年07月10日
ISBN:9784776405160
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,441
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ふしぎな鉛筆

    このお話は、ハンターに狙われた白くまくんが持っている不思議な鉛筆で危機を脱出するお話でした。この鉛筆は、描いたものが具現化するものでアイディアを出して危機を抜けていく姿がうちの子には素敵に見えていたみたいです。

    掲載日:2015/07/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子どもが大好きな絵本

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    描いたものが本当になる魔法のえんぴつを持っているくまさんが、悪いハンターに追いかけられるお話です。くまさんはどんなピンチも冷静にえんぴつで切り抜けます。つかまりそうでつかまらないので、「はらはらドキドキ→やったぁ」というのが何回も楽しめます。背景の絵もユニークでおしゃれでおもしろいですよ。
    娘が3歳くらいのときによく読みました。5歳になった今も時々読みます。きっと子どもの心を離さない魅力があるんだと思います。読みながら「見て、くまさんすごいんだよ」と、なぜか娘が得意になっています。

    掲載日:2016/10/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんな鉛筆が欲しい

    海外絵本らしい、独特の画風です。
    ストーリーはとてもわかりやすいです。
    本当にこんな鉛筆があったら楽しいでしょうね。
    ピンチに陥ったくまさんの切り返しがとてもユニークで、大人でもクスッと笑ってしまいました。
    3歳の娘でも楽しんでいましたが、小学生くらいまで長く読める絵本だと思います。

    掲載日:2014/08/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢がいっぱいの絵本

    描いた途端、本物になる魔法の鉛筆……そう聞いた途端、子どもたちの目がきらきらと輝きます。
    くまさんがハンターにつかまりそうになりながら、魔法の鉛筆を使って危機一髪で逃げ出すところは、ドキドキしながら見ていました。
    森の中に隠れている動物を探すのも、楽しめました。

    掲載日:2013/07/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんな鉛筆がほしい

    最近アンソニー・ブラウンさんの絵本を読んで、彼の絵本の面白さを知ったので借りてみました。

    このお話はくまさんがハンターたちに狙われるのですが、くまさんの持つ鉛筆のおかげでピンチをこえていくお話です。お話は短く、小さな子から喜ぶ絵本だと思います。我が家は3歳5歳の娘たちとドキドキしながら次のページをめくり、「あー良かったね」の繰り返しでした。この絵本とっても楽しいです。ぜひ読んでみてくださいね。

    掲載日:2013/07/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本物が出てくる魔法の鉛筆!

    くまちゃんはのほほーんと散歩をしますが、ハンターや落とし穴に迫られます。あっ、危ない!と読者が思うと、のほほーんと、鉛筆で描いたものが実物化してサイにかばってもらったり、のこぎりで檻を切ったり、鳥の背中に乗ったり、、、、

    どうやって危機を越えたかは文章では出ていないので、絵を見て「こうやったんだ!」と楽しめるので子供には人気でした。ひたすらのほほんとした絵柄で、のんびりしたキャラなので、なんだか癒されてしまう絵本です。

    掲載日:2013/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冷静な散歩

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子18歳、男の子16歳

    『くまさんのまほうのえんぴつ』のシンプルバージョンといったところでしょうか。
    散歩に出かけたくまさんをハンターたちが狙っているのですが、
    危機一髪でくまさんは冷静に切り抜けます。
    原題は『BEAR HUNT』ということで、表情はありませんが、ハンターの悔しさが印象的です。
    スリリングな展開と対照的に、くまさんはいたって冷静です。
    まほうのえんぴつに主眼を置いたさくまゆみこさんの訳出にも納得です。
    私もその言葉に反応して、この本を取りましたからね。
    いつもながら、シニカルな、独特のアンソニー・ブラウンワールドが健在です。
    よおく見ると、絵の隅々まで摩訶不思議な絵が描きこまれていますよ。
    ぜひそのあたりも楽しんでほしいです。

    掲載日:2012/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白いもの探し

    • こりえ♪さん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子6歳

    ハンターに捕まりそうになったくまさんは、まほうのえんぴつでスラスラとなにかを描きます。
    必死になるハンターに対し、あわてるそぶりもなく淡々とえんぴつを使うくまさんが対照的。
    時々、こっち目線でニコッと笑うくまさんが娘は気に入ったようで、「こっちみてるー」と笑っていました。

    背景もまた工夫がいっぱいで、見ていて楽しいです。
    娘は「見てー!ここー!」の連呼、連呼。
    負けてはいられない私も「ほら見てここも!」
    面白いもの探しに親子で夢中になってしまいました。

    掲載日:2012/09/28

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット