もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

なきむしようちえん」 みんなの声

なきむしようちえん 作:長崎 源之助
絵:西村 繁男
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1983年11月
ISBN:9784494012244
評価スコア 4.61
評価ランキング 3,006
みんなの声 総数 32
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

32件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 懐かしいなぁ

    • 環菜さん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子7歳、男の子5歳

    幼稚園の入園式。一人だけ泣いている子がいました。みゆきちゃんです。
    引っ込み思案なみゆきちゃん。怖がりなみゆきちゃん。入園後も泣いてばかりだし、何にも参加しません。
    だけど、少しずつ、本当に少しずつ、園の生活に慣れて、幼稚園を楽しみ始めました。
    読みながら、我が子とまるで同じなので、クスっと笑ってしまいました。息子の場合は保育園で、乳児から通っていたのですが、本当に泣き虫で泣き虫で。内弁慶で、親としては心配ばかりでした。同じように泣き虫っ子をお持ちのお母さんにはぜひお勧めしたい絵本です。
    ただ、このみゆきちゃんは1年後、立派なお姉ちゃんになった姿が描かれていますが、もっと時間がかかる子もいます。泣かなくなったと思ったら、また泣き始める子もいます。とにかくその子のペースを見守ることが大事です。

    掲載日:2014/04/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • どんな風になるのかな?

    もうすぐ幼稚園に入園する息子。
    楽しみにしているけれど、実際どうなることやら?

    そんな時、図書館でこちらを見つけ借りてきました。

    幼稚園がいやだよ〜と言って泣くみゆきちゃん。
    最初のうちは、どのページのみゆきちゃんもニコニコ顔ではありません。
    そんなみゆきちゃんを、息子と一緒に一生懸命探すのはとても楽しいです。

    「あーまたないてるね」とか、
    「あーひとりぼっちでいるね」とか。

    でも幼稚園の行事をひとつひとつやっていくうちに、
    みゆきちゃんは園での生活を楽しんでいきます。

    それにしても、行事がたくさんで楽しそうな幼稚園!
    ドラム缶のお風呂に入る子どもたちの日焼けした肌が、
    なんとも眩しいですね。

    「みっくんもようちえんいやだぁって泣くかな?」って聞くと、
    今は「なかないよ」って答えていますが、
    最初のうちは泣いてもいいですよね。

    一年経ったら、きっとみゆきちゃんみたいに楽しい場所になるはずですもんね。

    掲載日:2014/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一緒でした!!

    うちの子もこの絵本の子たちみたいに泣いていた子だったので、この絵本を見てちょっと懐かしくなりました。うちの子に、こんな感じだったねって言ったら、「違うし!!!」って意地になっていました。子供にしたらプライド傷ついたのかな!?親から見ればかわいい思い出です。そんなひと時を思い出せて、この絵本読んでよかったです。

    掲載日:2012/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幼稚園での成長

    来年入園する子供に、と思って借りてきたのですが、少し文章が長かったので私が読みました。
    入園してからの一年間の成長は、本当にすごいです。
    そのことは、上の子で経験していたのですが、絵本で読むと改めて感動します。
    また4月からは、こんな生活になるのかなーと想像しました。

    掲載日:2012/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 入園前の親子におすすめ

    幼稚園、子どもにとっては、初めて飛び込んでいく社会ですよね。親も子どもも、期待と不安がいっぱい!です。この絵本で幼稚園を一足お先に体験しましょ。ちょっぴり泣き虫な主人公の女の子に、もうすぐ年長の娘は
    「大丈夫だよ。幼稚園は楽しいよ。」と語りかけていました。

    昔ながらの田舎の幼稚園という感じで懐かしくもあります。芋ほり、お泊り保育、凧揚げ、楽しい行事が
    いっぱいです。
    この時期、入園を心待ちにしている親子に、不安でいっぱいになっている親子におすすめの1冊です。

    掲載日:2012/03/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもの成長の様子

    • モサムネさん
    • 20代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子3歳

    息子の脱登園拒否を目的に借りてきた絵本。
    効果はあった気がする。

    なきむしのみゆきちゃんがだんだんと幼稚園に慣れて、
    最後には立派なお姉さんになるお話。

    特別なヤマ場などがなく、
    (あるとしたらウサギか…)
    みゆきちゃんが自然と幼稚園に溶け込んで行く様子が良い。
    最後の、みゆきちゃんがお姉さんになって新入生に声をかけてるシーンは胸が熱くなる。

    絵も見ていて面白い。
    沢山のお友達の中から、みゆきちゃんはどこ?と探したりするけど
    キャンプファイヤーする頃にはもう泣き虫じゃないのでどこにいるかわからなくなるぐらい溶け込めてる。
    見てるこっちが嬉しい。

    ヤギがいたり畑があったり、息子の幼稚園と近いところもあったので、お話しながら楽しめた。

    掲載日:2011/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 泣いてばかりだけど、一年たてば成長

    3歳8ヶ月の息子に読んでやりました。幼稚園に行くので泣いたらどうしようと思い、読んでやりました。

    新幼稚園児のみゆきちゃんは入園式から大泣き。最初は幼稚園にいっても泣いてばかりで、園の遊びやイベントにも消極的で常に泣いています。でも、それがいろいろなことがきっかけで泣くのをやめ、トライして幼稚園が楽しくなっていくのです。幼稚園での色々な行事を通し、子どもが少しずつ成長をしていく様子が見られます。

    見開きの2ページを4コマ漫画のように区切って、動きのある展開はおもしろいですね。みゆきちゃんがどうやって園に溶け込んでいったかはこの園特有のイベントや遊び方にもあるのですが、園になかなかなじめない子もこの本を通してきっかけがつかめるかもしれませんよ。少々長いのが難ですね。

    掲載日:2011/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 入園前の子にはおススメです

    幼稚園入園前の子供に読みました。
    うちの子供は絵本に出てくるみゆきちゃんと一緒で幼稚園が嫌みたいで泣くんです。
    この絵本のみゆきちゃんはなかなか手ごわく長い間幼稚園を楽しめていません。
    でも気がつけばいつの間にか楽しく友達と遊んでいます。いろんなことをして楽しそうに過ごします。
    子供には「ほら、みゆきちゃんも幼稚園楽しそうだよ」って言い聞かせています。
    気づけば一年たち泣き虫だったみゆきちゃんもお姉さんになっていて、年下の子供に「幼稚園は怖くないよ」って教えてあげるんです。
    そんな成長も見れて楽しい絵本です。

    掲載日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 入園させたい!

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    なんて素敵な幼稚園なんでしょう。
    こんな幼稚園が近くにあったら、ぜひうちの娘たちも通わせたい!と思いました。
    泣き虫のみゆきちゃんが、行くのを嫌がって大泣きする入園式から、新しく入園するお友達を励ますことができるまでに成長した次の入園式までの、1年間の様子が描かれています。
    思い切り自然に親しむ幼稚園生活を通して、どんどんとたくましく成長していくみゆきちゃん。
    汚いと嫌がったどろんこ遊びもできるようになったし、、怖かった動物ともお友達になりました。
    夏はまっくろに日焼けし、冬は元気に行き遊び。
    お泊り保育ではドラム缶風呂や肝試し。
    西村さんが描く子どもたちは、本当に生き生きとして楽しそうで、娘も目をキラキラさせて見入っていました。

    掲載日:2010/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幼稚園で泣いている娘へ

    お兄ちゃんと一緒に幼稚園に行くのを
    ずっと楽しみにしていた娘。

    いざ幼稚園が始まってみると泣いているようです。

    泣いてる女の子の絵本が何かないかな〜と探していたら
    この絵本と出会いました。

    みゆきちゃんという女の子はいつも泣いているのですが
    幼稚園での様々な出来事で
    だんだんお姉さんへと成長していく姿が描かれた絵本でした。
    「うちのこずっと幼稚園で泣いているみたいで心配」
    という幼稚園初めてママさんにも是非 読んでいただきたい。
    泣いている我が子もいつしか成長できると安心できるのでは?

    みゆきちゃんの泣いている姿と自分が重なったのか
    真剣に物語に向き合っている娘。
    ちょっと険しい表情・・・
    でも読み進めるうちに笑顔が(^_-)

    幼稚園って素敵なところねって思える絵本です

    掲載日:2010/05/24

    参考になりました
    感謝
    0

32件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(32人)

絵本の評価(4.61)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット