うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

パンとバラ ローザとジェイクの物語」 みんなの声

パンとバラ ローザとジェイクの物語 作:キャサリン・パターソン
訳:岡本 浜江
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2012年09月
ISBN:9784030180703
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,548
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • タイトルがすごくよく物語を表しています。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子14歳

    これは歴史に」基づいたアメリカ移民労働者たちの初の「ストライキ」事件を描いた児童書です。
    主人公のローザはイタリア移民の12歳くらいの女の子(6年間小学校で習ってきたという記述があるので)と、
    母親を亡くして、(今でいうDVの)父親と二人暮らしの貧困生活を送っているローザより2、3歳年上のジェイクという少年。
    二人はどちらかというと「ストライキ」運動なんて望んでいtないのに、大人たちの渦に巻き込まれていきます。

    移民労働者たちのストライキ運動が、それぞれの子どもたちの目線で語られているので、私はいつの間にか目の前どこっているような感覚になりました。

    この本のタイトル、は実際に史実に残っているストライキのプラカードに使われていたスローガンで
    『パンとバラがほしい』からつけたのだそうです。
    このスローガン、すごいですよね〜。
    『パンがほしい』でも、人は『パンだけでは生きていけない。
    『(私たち=移民労働者は)バラもほしいんだ』と、唱ってるんです。なんだか、この当時の人たちの気持ちの崇高さを感じますよね。

    後半はローザとジェイクがストライキの渦中から逃れ、少し離れた別のイタリア移民たちの町に疎開(という言葉が一番ぴったり)した時の話になっています。
    この時二人を引き取って仮住まいさせてくれたイタリア移民の夫婦、ジェルバーティ夫妻はつらい過去があるものの、とてもいい人たちで、実の父親からももらったことのない厳しいけれど強い愛情をもらうことができて読み終わった時はほっとしました。

    アメリカの200年くらい前の歴史の話なので、ピンと来ない点も多いかもしれませんが、歴史やアメリカ事態に興味のある人はぜひ一度手にとって読んでみてほしいです。
    小学校の高学年くらいから、中学生。高校生のお子さんたちにお薦めします。

    掲載日:2014/03/26

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット