アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

おもちのきもち」 みんなの声

おもちのきもち 作:かがくい ひろし
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2005年12月
ISBN:9784061323230
評価スコア 4.75
評価ランキング 642
みんなの声 総数 112
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

112件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • この発想、おもしろい!

    • NON×2さん
    • 30代
    • ママ
    • 愛媛県
    • 男の子8歳、女の子5歳

    すごいバカうけです。
    おもち食べた〜い!たべる度に、思い出しそうな本です。

    言葉、おもちの気持ちの言葉遣いが、おもしろい。
    「あたまを たたかれて おりました。」
    「プッチンと ちぎらされたり、さんざんです。」
    「もう たいへんなんです。」

    おりました。さんざんです。たいへんなんです。

    語尾が、すごく印象に残りました。
    おもちをついて、こもちになる兄弟の気持ち。
    鏡餅の気持ち。
    食べられるのが不安になり、飾られているおもちが、逃げ出しちゃいます。鏡餅がのびるんです。多分、出来立てでしょう。走ります。
    走りすぎて、お腹がすき、自分の足を食べちゃう。
    おいしい おいしいと。
    食べているうちに硬くなってきて、足を食べてるから、円になっちゃう。お話です。

    本当に面白いです。もちも、たたかれたら痛いだろうな。
    でもたたいた方が柔らかくなるよなぁ。
    すごい素敵な発想で、楽しかったですよ。

    掲載日:2006/12/09

    参考になりました
    感謝
    4
  • おもちは知らなかった。

    タイトル通り、おもち(鏡餅)が
    おもちのきもちを話すストーリーです。
    他のおもちたちが食べられていく姿をみて
    鏡餅は家から飛び出してしまいます。

    おもちの脱走シーンはおもしろかったです。
    子供達も大うけでした。おもちだったらこんな動き
    するのだろうという動きの絵です。

    疲れたおもちは人間達が自分達をおいしそうに
    食べるので食べてみることにします。
    おもちは知らなかったのですよね。
    自分がとても美味しいということを。
    自分を食べちゃうなんて奇想天外なストーリーですが
    その奇想天外なお話もとても美味しそうな絵で納得して
    しまうのが不思議です。
    最後もおもちらしい!?おちが待っています。
    お正月時期でなくても楽しく読める絵本です。

    掲載日:2008/04/16

    参考になりました
    感謝
    3
  • 美味しいお餅

    • みぽみぽさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 女の子13歳、女の子9歳、女の子4歳

    ふふふ。
    この絵本を読んだとき 娘が笑っていました。

    とにかくダイナミック。
    ついこの間 幼稚園のお餅つき大会で 先生やみんなと一緒に杵と臼でお餅つきをしたばかりの娘には 何とも言えない絵本だったようです。

    自分も 嬉しくってニコニコしっぱなしだったお餅をつくために 気根を振り上げたときのことを思い出し・・・

    まさか お餅の立場からそのことをどう思っているのかを知ることになるなんて・・・☆☆

    お餅さんには 悪いんだけど  笑いがとまりませんっ!!!

    っていう感じで ずっとくすくす笑っていました。

    「つきたてのお餅 おいしかったね」

    絵本を読んだあとの娘の一言がまた 笑えました☆☆☆

    掲載日:2009/01/09

    参考になりました
    感謝
    2
  • デロンデロンで全力疾走

    • ねがいさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子7歳、男の子3歳

    気が付いた時からがおもちだったのか、気が付くと頭を叩かれているんだから
    たまらないですね。

    おもちにどれだけの表情がつけられるの?っていうぐらい、目とまゆで
    ププッと笑えちゃう表情を描いてあるのが、おもしろい!
    でも、本当に面白いのは、口が描かれてからです。
    デロンデロンで全力疾走のおもちくんには、大笑いしました。
    「こんだけ走ってるのに、なんでみかんが落ちへんねん!」と娘は
    妙に冷静にツッコミながらも大笑い。

    あんまり面白くてあっという間に読み終えたので、今回の絵本、いつもより
    短いんじゃない!?と思ったぐらい。
    ホントにかわいくて、楽しい絵本でした。
    お正月に鏡餅を目の前にして、また読みたいです♪

    掲載日:2008/09/12

    参考になりました
    感謝
    2
  • そうだったの!?

    おもちの気持ちになって考えたことなかったよ…。
    だいたい、普通は
    『おいしく作って食べてくれてありがとう』的なもんだろうって、考えてたよ…。

    何度も何度も『たたかれて』
    のし棒で『のばされて』
    挙句の果てに『ちぎられて』
    ・・・
    おまけに『ぺろっと食べられて』

    「おもちさんよ。そうだったの...ごめんね〜。」
    いやいや!しんみりなんて、してません!!!
    大笑いです。なんて、かわいいおもちさん♪

    小学校での『読み聞かせ』、初笑いは、これでいただき☆

    掲載日:2008/01/08

    参考になりました
    感謝
    2
  • お餅になれる?

    4歳の息子の反応が面白かったです。
    おもちがおもちの味見をする時に
    「イタイッ」と言ったのです。
    お餅の気持ちになっていたのかな〜♪
    でも、その後で絵本の中のお餅は ”おや おいしい”
    なんて言うので、息子は「え〜!?」と
    驚いたような、あきれたような様子でした。

    このお話の主人公は、鏡餅。
    お餅つきで頭を何度もたたかれたり、
    棒でペッタンコにされたり、ひきちぎられたり、
    粉やなっとうだらけにされて
    最後には人間に食べられてしまうお餅って大変。
    そこで、鏡餅は逃げ出すのです・・・

    この逃げ方がまたすごいのです★
    擬音語も楽しくて、笑顔になれる絵本でした。

    掲載日:2007/11/04

    参考になりました
    感謝
    2
  • おもちが走る!

    • すずらんぷさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子11歳、女の子9歳

    お正月前後にぴったりの絵本です。なにげなく食べている「おもち」。おもちも結構大変なんだよ〜ということがこの絵本を読むと、とてもよくわかります。
    たごさくさんちのおもちつき。つきたてのおもちはのしぼうで伸ばされたり、プッチンとちぎられたり。あんこやきなこ、時には納豆につけられたりして、最後は人間に食べられてしまいます。その中の「かがみもち」がこの絵本の主人公。いつか食べられることが恐ろしくなった鏡餅は床の間から逃げ出してしまいます。(その逃げ出す様子が笑えます)
    走って走って(その姿がまた豪快!)、一生懸命走りすぎて、おなかのすいた鏡餅は、なにを思ったのか自分をひとくち。おいしくってまたひとくち。柔らかな体を生かして、体のあちこちを食べているうちに時間がどんどん過ぎていき‥‥さてさて鏡餅はどうなってしまうのでしょうか?
    鏡餅が逃げ出すところ、走っている様子などの絵は最高!
    最後のたごさくさんの「おもちにきいてみんとわからんのう」という言葉がタイトルに合っていて、とても効いていますよ。
    これからの季節、大勢の前での読み聞かせでも楽しんでもらえそうです!

    掲載日:2006/12/10

    参考になりました
    感謝
    2
  • 絵に惹かれて購入しました

    かがくいひろしさんの絵が好きで、
    親が読みたくて購入しました。

    息子が2歳のときに読んであげたら、
    まだ分からなかったのか、頭の上に「???」と浮かんでいるのが容易に想像できる顔をされました。
    そしてしばらく本棚へ・・・

    3歳になり、再度読んだら
    「おもちはなぜ逃げたの?
    おもちはなぜ自分を食べたの?」
    3歳の息子はなぜなぜばかり。
    そういった疑問も本人を成長させてくれるのでしょう。
    息子も絵が気に行ったのか、逃げ出すおもちの真似をして
    「こうやって逃げるんだよ、こうやって。」と走っています。

    また新たな発見があると思うので、
    4歳になっても読んであげたいと思います。

    掲載日:2016/02/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • ユーモアがテンコ盛り。

    • 多夢さん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子13歳

    年が明けて、最初の読み聞かせには、やっぱり面白い話がいい。

    おもちにも、いろいろ悩みがあるらしく・・・
    さて、おもちの気持ちって?

    「お正月に、おもち食べた?」
    子供たちは、かがみもちを知っているだろうか?
    最初の導入で、少し説明。
    半分ほどの子たちは知っていた。

    ではでは、読んでみましょう。

    ペッタン、ペッタン・・・
    「きがつくと、わたくし なんども あたまを たたかれていました。」
    と、つぶやくのは、たごさくさんちのかがみもち。

    このあたりからすでに、クスクスと笑い声。

    「兄弟たちは、のしぼうで ペッタンコにのばされたり・・・」

    笑いが伝染してきた!

    兄弟たちの姿を見て、身の危険を感じたかがみもちが、
    逃げ出した!!!

    子供たちは大爆笑!
    思わず、私も笑ってしまった(汗)
    だめだめ、冷静に読まなくては。

    けど、やっぱり真顔では読めなかった。

    脱走シーンも笑えるが、自分を食べてみるおもちなんて・・・
    この奇想天外なストーリーに、誰もが大笑いするに違いない。

    正月そうそう、腹を抱えて笑えた。
    今年もいいこと、いっぱいあったらいいね。

    掲載日:2014/01/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • びろびろ〜ん

    『おもちのきもち』…?
    だじゃれの絵本、、だよね?
    でも、かがくいひろしさんがただのだじゃれの絵本を描くわけがない!
    不安と期待が混ざった気持ちで、図書館から借りてみました。

    いざ読んでみると、もちろん、ただのだじゃれ絵本じゃなかった!
    皆さんが考えたことのないお餅の気持ちが、しっかりと描かれていました!ん〜おもしろい!

    そうかそうかー、おもちもこんなに苦労してるのね。
    そりゃ、ぶつ切りにされたり焼かれたり飾られたり、やだよねー
    なんて共感しつつ、「自分で食べてみるんかいっ!」と突っ込んでしまいました。
    どんなオチが待っているかと思えば、しっかりおもちの特性が活かされていて、いやいや一本取られました。

    お正月を迎える度に思い出しちゃいそうです。

    掲載日:2013/09/17

    参考になりました
    感謝
    1

112件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本に登場した「クスノキ」に会いに行ってきました!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット