ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ねこまるせんせいの おつきみ」 みんなの声

ねこまるせんせいの おつきみ 作:押川 理佐
絵:渡辺 有一
出版社:世界文化社
本体価格:\1,000+税
発行日:2012年08月20日
ISBN:9784418128174
評価スコア 4.43
評価ランキング 7,970
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 青い地球

    とてもファンタジックなお話で夢みたいなところにとても惹かれました。絵も愛嬌があって色彩もセンスがあっていいなあって思いました。月のうさぎさんたちが集まって青い地球をお月見をしているのがとってもいい感じでした。同じ頃にお月見をしているのがとてもいい雰囲気でとても満足できた私でした!

    掲載日:2013/03/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 全ページお試し読みで読みました。
    こざかなえんのみならいせんせい、とらねこさんはねこまるせんせい。
    ころげたおだんごをパクッとキャッチって、ねこまるせんせいらしいですね。
    こうちゃんと二人でどこかに行ってしまって、ウサギの国かな?っと
    思ったけど、お餅つきで、分かりました。
    うん、むこうから見れば、なるほど青いお月見ですよね。
    どうやって帰るのかなとしんぱいだったけど、ちゃんと帰れて良かったです。
    今度は小さい孫と二人で読みたいです。

    掲載日:2016/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今年の十五夜は、9月27日とか。

    この作品は、書店で立ち読みをして、ストーリーが素敵だなって思った記憶があります。
    こちらの全ページ試し読みで、再開し、やっぱりいい〜♪

    こざかな園の見習い先生は、猫です。
    その名も、とらじまオレンジ・ねこまる。
    通称 ねこまるせんせい!

    今夜はお月見ということで、みんなでお団子を作って、ベランダに飾ろうとしてます。
    ところがてっぺんのお団子が、ころころっと落ちたところを、パクッと口に入れてしまったねこまるせんせい。
    せんせいのしっぽを掴んでいたこうちゃんと一緒に知らない町へワープして、・・・・・・。

    うさぎさんだらけのその街の様子に、もしやと思ったら、やっぱりそうでした。
    そして、こちらも十五夜の青い星の日でした。
    上り坂の急な階段を、たくさんのうさぎさんが急ぎのぼっていく様子が、可愛らしくて、ワクワクしてきます。

    山のてっぺんで、作られていたお団子を見て、私の確信は深まります。
    これからうさぎさんたちが、仰ぎ見るものを。

    地球に戻るためにうさぎの長老さんからもらった青いすすき。
    このすすきに火をつけて、帰る様子が、流れ星のようなロケット花火のようなとってもロマンチックな光景です。

    今年も、うさぎさんたちは、あちらで十五夜の準備をしているかしら?

    掲載日:2015/09/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちがう目線

    秋がちかづいてくると、月にかんする絵本がよみたくなります。
    この絵本、目線のちがうお月見が楽しめます。そのクライマックスの場面は、本当にすてきでした。
    あらためて、青く、美しい地球への感謝と、地球のために自分ができること、など、いろいろ考えつつ、読み終わりました。

    掲載日:2015/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢があって楽しめました!

    4歳幼稚園年少さんの娘と一緒に読みました。
    幼稚園でも家でもお月見団子を作ってお月見をしたので,とても興味をもってよく聞いていました。
    こうちゃんとねこまるせんせいが飛んで行った先は,何とお月様のうさぎさん達の国。
    そこでも十五夜が行われて見えているのは青い地球!
    とても夢のあるお話で,親子で楽しめました。

    掲載日:2015/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねこのせんせい

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    ねこのせんせい(見習い)だなんて面白いですね。
    お月見用のおだんごを食べたがるねこまるせんせいがかわいいです。
    月まで行って月に住むうさぎたちと一緒に地球を見るねこまるせんせいたち。
    我々は地球から月を見ているわけですが、月からうさぎが地球を見ているという発想はしたことありませんでした。
    私も写真等ではなく、自分の目で一度青い地球を見てみたいなー。

    掲載日:2014/07/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当に本当に、すてきなお話

    地球でお月見をしている頃、月では・・・。

    なんとも幻想的な物語に、うっとりとしました。
    イラストがコミカルなのですが、不思議と物語にマッチしています。

    「あおいじゅうごや」の場面では、なんだかジーンと感動・・・。

    うんうん、特別きれいだね。
    ずっとずっと、大切にしなくちゃね。

    そんな気持ちになりました。

    本当に本当に、すてきなお話です。

    掲載日:2014/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢のあるお話です。

    ねこまる先生はこざかな園の見習いの先生。
    今日はお団子を並べてのお月見。
    でもつまずいた拍子にお団子を1つパクっと食べてしまうと・・・あら不思議、いつの間にか体は知らない世界に。
    そこにはうさぎたちが沢山住んでいて、何やら今から何かが始まる様子・・・。

    感が働いた娘は「月に来ちゃったんじゃないの??」とすぐにピンときた様子でした。
    でも本当に月にうさぎたちが住んでいたら、青い地球を見て、こんなふうに青いお団子を食べてお月見しているかも知れませんね。(あ、お月見じゃなくて『地球見』ですね^^)
    きっときれいなんだろうな〜。
    夢があって、とても楽しいお話でした!

    掲載日:2012/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • さかさまに見る十五夜

    こざかなえんではみんなでお月見のためのおだんごを作っていました。
    ねこまる先生があやまってお団子を食べてしまうと、不思議なことに体が浮いて、、、助けようとしたこうちゃんも一緒に飛ばされてしまいます。
    ついた所では、たくさんのうさぎたちがみんな走っています。
    何がなんだかわからないねこまる先生とこうちゃん。
    そして読んでいる私たちも訳がわからない、、、、

    “十五夜の青い星がでるよー”とうさぎたち。
    うさぎたちがぺったんぺったんおもちをつきます。そのおもちの色はなんと青。
    そうなんです!月からの十五夜は青い星(=地球)を鑑賞するのです。だからお団子も青!
    なかなかの発想ですね。
    最初読んだ時はなんだか訳がわからずついていけませんでしたが、何度か読んでお話の構想がわかり、素敵なファンタジーの世界を楽しむことができました。

    掲載日:2012/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 是非、園にひとり?ねこまる先生♪

    ねこまる先生みたいな先生がいたらいいなぁ〜
    と、思っちゃいます

    でもね、こうちゃんだけなんですよね
    ねこまる先生と
    いい所に行ったのは・・・
    うらやましいよね

    青い団子
    その理由もなるほど・・・ですし
    お土産に持ってきてくれて
    飾ってはくれるけど

    こざかな園の他のみんなは、もう帰っちゃったんだよね?

    そこがちょっと、残念かな

    うさぎさんたちが、いろいろで
    それに気を取られてしまいました(^^ゞ

    掲載日:2012/10/30

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット