しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ポンテとペッキとおおきなプリン」 みんなの声

ポンテとペッキとおおきなプリン 作・絵:仁科 幸子
出版社:文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2012年08月27日
ISBN:9784894237933
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,544
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • おいしそうなプリン!

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    落ちていたプリン。
    とってもおいしそうでいけないことと思いつつ食べてしまったみんなの気持ち分かる気がします。
    持ち主であるアライグマのおばさんはプリンが減っていることに対して何も言わずに笑顔を見せてくれてやさしいおばさんだと思いました。
    バッタさんが調子がいいですね(笑)。

    掲載日:2014/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛い絵に美味しそうなプリン!

    ふたごのねずみのポンテとペッキが大きなプリンを見つけ。。
    ポンテ,ペッキそれぞれの性格が出ていて面白かったです。
    4歳幼稚園年少さんの我が家の娘は,可愛い絵に魅せられ終始よく聞いていました!
    最後は,みんなでプリンのおちゃ,とても美味しそうでした。
    お母さんには秘密ってところが,また子供心をくすぐるかも知れませんね。

    掲載日:2014/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 教訓になる絵本です

    良くも悪くも、子供らしさがでているお話でした。

    おかしやおもちゃなど子供は誘惑に弱い。

    ママにないしょにしてれば大丈夫かな?

    でも見つかったら怒られるよね・・

    その葛藤、とてもわかります。

    自分自身も子供時代がありましたから。

    独り占めしたいという気持ちもわかります。

    常にいろんなことを考えている姿がとても

    かわいいなと思いました。

    気に入ったところは、悪いことを素直に

    認めたところと、兄弟仲良く秘密を守ったところです。

    掲載日:2014/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食べてみたいなあ

    「可愛い絵!」表紙を見てそう思ったら、
    先日気に入って購入した絵本の作者さんの作品でした。

    こういう温かみのある絵って、とても好きです。
    心がホッとするというか・・・。

    お話は、子どもの大好きなプリンを中心に進んでゆきます。
    1ページあたりの文章が多く、物語もなかなか長いので
    自分で文字の読める年齢のお子さん向けかと思いますが
    「今日はここまで」と1日ごとに区切りながら、
    読み聞かせをしても良いかもしれません。

    特大プリン・・・
    私も食べてみたいなあ。

    掲載日:2014/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 双子のねずみポンテとベッキ

    表紙の絵とタイトルに惹かれて選びました。全ページ試し読みで読ませていただきました。双子のねずみポンテとベッキのように、大好きな大きなプリンを見つけたら、持ち主を探すのはやっぱりしないで食べてしまう?私かなあって思いました。(気持ち的にですが。)大きな愛と思いやりがとても素敵な絵本でした!

    掲載日:2013/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱり食べてはいけないね

    道に落ちている大きな大きなプリンをみつけた双子のネズミたち。
    1匹はおかまいなしに、もう1匹は躊躇しながらも、プリンを食べます。
    後にこのプリンの持ち主が現れて、双子たちは、とっても後悔することになります。

    ただ持ち主が現れたから後悔ではなく、このプリンに込められた想いと、食べてしまったことを責めない持ち主の優しさから、込み上げてきた後悔というところが、いいなって思いました。

    食べ物に限らず、落し物を勝手に自分のものにしてはいけない。
    子ども達に優しく教えてくれるお話です。

    掲載日:2012/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 反省することの大切さ

    ポンテとペッキはふたごのねずみ。
    野原に遊びに出かけた二人は、大きな大きなプリンを見つけます。
    夢中で食べ始めたペッキのところには、バッタやリスがやってきて、プリンをどうするか話し合うことに。
    このプリン、一体誰のものなのでしょうか?

    クレヨンや色鉛筆で描かれたような絵がすごく色鮮やかで、ふたごのねずみ達も可愛かったです。
    プリンの持ち主とその使い道を知った時、プリンを食べてしまったこと・後から食べられるように隠そうとしていたことをペッキが正直に告白して泣き出したところでは、本当に心から反省していることが伝わってこちらまで胸が痛くなりました。

    過ちを犯すことは誰しもあります。
    でもそのことを反省して謝罪することは何より大事なことなのだと、子供達に向けてのメッセージが含まれているように感じられました。

    最後のあたりでペッキに笑顔が戻り、ほっとしました。
    こっそり隠れて食べるプリンより、みんなで食べたプリンの方が何倍もおいしいよね。

    掲載日:2012/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • プリン祭り

    このお話は一つの大きなプリンを巡ってみんなで知恵を出し合ってどう食べるかって言うのを考えてる絵本でした。うちの子はその過程を見て、自分の意見も言ったりして絵本の世界に参加していたのがとってもかわいかったです。

    掲載日:2012/11/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心があたたかくなります。

    • きろろさん
    • 40代
    • ママ
    • 山梨県
    • 男の子6歳、男の子1歳

     大きなプリンをめぐって、ふたごのねずみポンテとペッキは、喜んだり困ったり、個性豊かな登場人物が生き生きと描かれています。 
     小さい子供は、絵を見て楽しめますし、幼稚園や保育園の子供さんから小学生は、自分だったらこんなときどうしようかと、一緒になって考えて楽しめる絵本でした。もちろん大人も。
     おかあさんには内緒の出来事でしたが、最後の最後におかあさんによって、みんなとてもハッピーになります。それはそれは、美味しそうにプリンを食べるので、「プリン食べたーい!」と子供に言われちゃうので、絵本のあとのお楽しみに、プリンを準備しておいた方が良いですよ〜。

    掲載日:2012/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • つくる!!

    • こりえ♪さん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子6歳

    遊んでいる途中、道におおきなおおきなプリンを発見!
    さぁ、どうしましょう。
    ふたごののねずみポンテとペッキの、愉快で心温まるお話です。

    娘もこのプリンをどうすればいいか一緒に考えていました。
    やっぱり持ち主に返したほうがいいよね〜と話していたら、
    なになに?ペッキたちかくしちゃうの??と2人で驚きです。
    でも、プリンが置いてあった理由を知ったペッキのとった行動にホッと一安心。
    大人のみんなの気遣いにも心温まりました。

    最後にそろったたくさんのプリン。
    これを見て娘はテンションあがりました。いろんな形のプリンがあるのです。
    星形のプリン、これから作る!!と意気込んでいました。
    が、型がないので、また今度になりました。笑

    掲載日:2012/10/27

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット