モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

へっこきよめさま」 みんなの声

へっこきよめさま 文:令丈 ヒロ子
絵:おくはら ゆめ
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2012年08月23日
ISBN:9784061325210
評価スコア 4.51
評価ランキング 5,198
みんなの声 総数 36
「へっこきよめさま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

36件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 最近知った昔話。

    私自身、最近初めて知った日本の昔話でした。
    あらすじを知って、おもしろそうだなあ、学校でも読んでみたいなあと思い、いくつかの出版社から出ているのを読んでみた結果、
    私には一番読みやすかった、令丈&おくはらペアのこちらを選びました。


    おくはらゆめさんの絵は、可愛らしくて昔話になじみのない子でも親しみやすいと思います。

    文章も、対象が3.4才〜 ということで、とても読みやすいです。かといって、お話が短縮されているとかいう印象もないですし、小学生相手でも十分な内容だと思います。幅広い学年で、読めそうですよ〜^^


    ラストはハッピーエンドなので、読んでいて楽しいです。
    いつか学校でも、みんなに紹介したいと思います。

    掲載日:2016/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愉快!

    昔話で知らないお話だったので読んでみました。
    タイトルからして面白そうだなと思ったのですが、期待どおり愉快な話でした。可愛らしいお嫁さんなのにすごい威力の屁をするというギャップにみんな楽しい気分になれると思います。最後のオチもクスっと笑えます。

    掲載日:2016/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迫力満点!

    秋の日本昔話を探していたらみつけました。
    タイトルから子供はくいついていました。
    かわいらしい顔のお嫁さんが「ぶっぶっぶっほーん!」と豪快なおならをするシーンを見ては大盛り上がりで、おはなしわかってるかな?とちょっと心配になったほどですが、困っている人たちに遭遇するたびに、おなら一つで解決してしまうわかりやすいお話しが息子にはちょうど良かったようです。
    最後のダジャレはピンときていませんでしたが、「はい、おしまい」には「えーっ!?もう一回!」の声が!とっても楽しんでくれたようです。

    掲載日:2015/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子のお気に入り

    3歳の息子に図書館で借りてきました。

    CDの朗読で聞かせていたこともあって
    この内容は知っていて大好きだったっようです。

    「おなら」って言葉が面白いんでしょうね。

    おならでなしが落ちたり、船が動いたり
    すごい力のおならで離婚を免れます。

    へやの由来もわかってよかったです。

    掲載日:2015/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ユーモア絵本のよう

    親である大人の私が読ませていただきましたが,こんな昔話があるの初めて知りました。
    「おなら」という言葉だけで笑う年頃の幼稚園年少さんの娘に読んだら,大笑いしそうです(笑)。
    昔話というより,ユーモア絵本にさえ感じました!

    掲載日:2015/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • よめさまの秘密

    初めて読んだのは、甥っ子の読み聞かせの時でした。

    かかさまがへに飛ばされる場面で、甥っ子は大笑い!
    少し恥じらう様子のよめさまが、なんとも可愛らしくておかしくて笑えます!

    危険なおならも、人の役に立つことがあるんですね〜。
    最後おなら部屋まで作ってもらって…よかったですね!(笑)

    ねずみのすもうは、大好きなお話!
    すもうをとる可愛いねずみたちに、とっても癒されました〜

    掲載日:2014/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 助けられた村人たちは・・・

    以前から、この昔話のタイトルは知っていました。
    タイトルでためらい、今まで読まずにいましたが
    小さな子には大変受けそうなお話です。

    おくはらゆめさんの絵が優しいので、
    嫌な感じもせず、楽しく読むことが出来ました。

    ですが・・・
    おならに助けられた村人たちは、素直に喜んで良いものでしょうか(笑)

    掲載日:2014/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大うけ!

    • ピクルスさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、男の子1歳

    「へっこき」といわれても、「なにそれ?」という娘。
    たしかに、「へ」なんて今の幼児は言わないですよね。
    「おならのことだよ」と教えると「げー!!おなら!?」と大笑い。
    お話を読んでまたまた大笑い。
    よめさまの絵のかわいらしさが、またおならのすごさとのギャップを生んで笑えます。
    最後の「屁屋」と書いた小屋からよめさまが飛び出している絵が最高でした!おもしろい!
    うちにあったら、毎日読まされそうです(笑)

    掲載日:2012/12/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • いっぱい笑いました

    タイトルも面白いですが、ストーリーも期待を裏切らず面白かったです。このお話しは聞いたことがなく初めて読みました。タイトルどおり、おならをするお嫁さんなのですが、おならのスケールの大きさに、笑わずにはいられませんでした。例えば、おならで柿を落としたり。文章を読んでは、息子と「えー、おならで柿がおっこちちゃったよー」なんて会話がはずみ、なかなか読み応えがありました。意外なストーリーで、笑いどころ満載です。

    掲載日:2012/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなに面白く罪のない昔話はほかにない

    読む前は、いくら昔話でも「へっこきよめさま」はちょっとな〜と思ってました。子供の頃に読んだ覚えはあるけど、自分の子供に読ませるまでのお話ではないだろう、と勝手に思っていました。

    読んでみると、あまりの面白さに笑ってしまいました。きれいな、おしとやかなよめさまが、ものすごい威力のおならをして、いろんなものを吹き飛ばしてしまう、その愉快さ!かかさまと一緒に飛ばされた猫の目がまん丸になっているところや、落ちてきてた柿に手を伸ばす人たちの幸せそうな顔など、見所がいっぱいです。

    何といっても、よめさまの日本人形みたいな顔立ちがいいです。特に、おならをするときに恥ずかしそうに顔を少し隠しているところが、日本女性らしくかわいらしいです。

    おならのせいでよめさまをさとに帰そうとしたあにさまが、よめさまのおならが役に立つと分かって帰すのをやめるところは、浅はかだな〜と思いました。

    まだ子供に読んでいないのですが、どんな反応をするか楽しみです♪

    掲載日:2012/12/10

    参考になりました
    感謝
    0

36件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / 14ひきのあさごはん / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(36人)

絵本の評価(4.51)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット