ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
彩吉さん 30代・せんせい

憎めない存在のほげちゃん!
家にやって来た子犬にヤキモチを焼いたり…

さるかにがっせん」 みんなの声

さるかにがっせん 文:石崎 洋司
絵:やぎ たみこ
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2012年08月23日
ISBN:9784061325197
評価スコア 4.34
評価ランキング 10,223
みんなの声 総数 37
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

37件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • わるいサル

    「さるがわるいことしたからみんながかにといっしょにてつだってすごいかにたちがかっこいい」
    「サルがわるいことしてて、わるいサルだなぁと思った」
    という子供の感想でした。

    表紙のサルの絵がほのぼのしていたけど
    青い柿を投げつけた時のサルの顔が
    狂ったような悪党顔なのが印象的でした。

    掲載日:2012/12/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 昔話し絵本です!

    4歳幼稚園年少さんの娘が,幼稚園で「さるかにがっせん」という言葉をどういうわけか覚えてきたので(笑),こちらの絵本を読んでみました。
    親の私も子供の頃読んだことがあったはずのお話でしたがすっかり忘れていて,こんなお話だったなのだな〜と。
    我が家の娘はかにのお母さんが亡くなってしまったところがとても悲しかったようです。
    敵討ちのお話なので賛否両論はあるかも知れませんが,昔話しとしては知っておきたいお話ですね。

    掲載日:2015/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 誰もが知っているお話

    • 沙樹さん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子5歳

    わかりやすい絵と、ちゃんとしたストーリーで
    読みやすかったです。

    悪いことしたら自分に返ってくるということが
    よくわかる絵本だと思います。

    かにの子たちが1000匹も出てきたことにビックリしていました。

    おまけに、「あたまにかきのき」というお話もついていました。
    面白かったです。

    掲載日:2014/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • やぎたみこさんの絵

    • みいのさん
    • 50代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子17歳、女の子12歳

    最初は、かにがお母さん(メス)であることに気がつきませんでした。
    かにの話し言葉で、なんとなくオスのような気がしましたが、子がにが生まれてきて、あれ?と思いました。
    やぎたみこさんの絵本は、お話が独特で個性的ですが、絵だけを担当されても、やぎたみこワールドでした。

    掲載日:2014/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • かにさんが殺されてしまうなんて知りませんでした…
    猿に仕返しをしたのは、かにの子どもたちだったのですね

    猿が木の上からかにめがけて柿を落とす場面、落ちてきた柿にかにが潰される場面は、ゾッとしました…。
    なんでこんな事ができるのだろう…

    報復を受けた猿がこれに懲りてしっかりと反省し、この後優しくなったのかは分からないけど、殺すのではなく懲らしめる結末がいいなぁと、思いました。

    でも読んだ後は正直、複雑な感情しか残りませんでした…

    掲載日:2014/07/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつまでも名作

    2歳の息子に図書館で借りてきました。

    息子はサルがやけどをしたり、カニに切られたり
    することがどうしてなのかまだよくわかってない様子

    一つ一つ説明してあげると
    カニにいじわるしちゃダメだよね!
    と最後は言ってました。

    絵がリアルで迫力があります。

    掲載日:2014/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 慣れ親しんだ話でも・・・

    私の知っている昔話と、少しだけ異なっていました。
    もしかすると、こちらの方が正しいのかな?

    私が子どもの頃に知った話では
    サルに柿をぶつけられたカニが仕返しを・・・
    という展開だったのですが、

    この絵本では、
    死んでしまったカニの割れたお腹の中から子ガニが沢山出てきて、
    仕返しをするのです。

    この描写には、思わずゾゾゾ・・・。
    ですが、慣れ親しんだ話でも
    多少異なる場合があると知ることが出来て良かったです。

    掲載日:2014/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 派手な仇討ちが注目されるけど・・・

    • 多夢さん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子13歳

    スーパーに買物に行くと、今の時期、旬の柿が店頭に並んでいる。
    しかし、ほとんどが種無し!!!
    我が家は種ありが好きなので、わざわざ種ありの柿を買うために、
    いつも通うスーパーでないところまで足を延ばさなければならない。
    大変である。

    柿の種・・・で思い出すのが、このお話だ。
    有名な昔話なので、知っている人は多いと思う。
    昔話の絵本は、様々な作家さんが文を考え、絵も十人十色。
    今回手にした絵本は、やぎたみこさんの絵。
    「ほげちゃん」や「おにころちゃん」の作者で、
    注目している作家さんの一人。
    お話の内容も、絵本によって若干かわってくるが、
    この絵本では、母ガ二が死んで、
    子ガ二は、栗・蜂・牛の糞・臼と一緒に、
    猿を退治しにいく。
    大きな臼にぺっちゃんこにされた猿は、
    最後に何度も謝っておしまい。

    意地の悪い猿を、うまく表現している。
    表紙の絵からしてよくわかる。
    カニも、結構リアルだ。
    母ガ二のおなかから、ずぐずぐとわきだす子ガ二たちは、
    とっても可愛い。
    反面、牛のふんと臼に描かれた顔・・・
    ちょっと、違和感を覚えた。

    読んでて楽しかった点は、猿をやっつけるくだりで、
    「その とたん。」とページをめくるタイミングがあり、
    子どもたちに、いろんな想像をさせるところが、
    気に入っている。

    迫力満点の絵は、遠目もきくので、
    おはなし会にはもってこいの絵本だと思うが、
    絵がどちらかといえばリアルなので、
    怖がる子どももいるかもしれないので、
    その点だけ注意をしたい。

    最後に、石崎洋司さんのコメントがある。
    「さるかにがっせん」では、派手な仇討ちが注目されるが、
    子どもたちの成長や、平和な暮らしへの願いが隠された
    昔話でもあるらしい。
    なるほど、そう捉えて読んでみると、また、違った世界が見えてきた。

    面白い。
    昔話は、やっぱり奥が深い。

    掲載日:2013/10/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 柿がおいしそう!

    • あんぱんこさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子2歳、

    ストーリーはおなじみの「さるかにがっせん」。
    表紙の、悪そうな(笑)猿の絵に惹かれて購入しました。

    期待通り、猿の悪役ぶりの際立っていること!

    無理やりおにぎりと取り換えさせるときの目つき、
    カニに、柿の実を投げつけるときの非情さ、
    家に帰ってきて囲炉裏でおしりをあっためているときの
    ホゲ〜っとした恍惚の表情。
    もう、憎らしくってたまりません。

    その分、ラストまでの仕返しの流れが痛快! 痛快!
    あわてふためく猿の表情に、2才の娘も笑い転げていました。

    そして、もう一つの魅力がやぎたみこさんの描く植物の美しさ!
    他の絵本でもリアルさと絵本らしさがうまくミックスされていて
    見入ってしまうのですが、
    今回も柿の実がとてもおいしそうに描かれていました。
    この秋、柿もぎを体験した娘が手を伸ばして「かき、かき〜」とおねだりしたくらいです。
    カニに投げつける青い柿もリアルに堅そうだった!

    巻末に「あたまにかきのき」という別のお話も挿入されているのですが、
    こちらは7歳の息子が大うけ!
    怠け者の男の頭にいろいろなものが生えてきて、
    それをネタに儲けよう、というユーモラスなお話なのですが、
    「ありえね〜」と笑いながら、音読の宿題にしていました。

    掲載日:2012/12/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔話

    「さるかにがっせん」は、やっぱり孫にも読み聞かせたい一冊の絵本です。さるがなんとも憎く腹立たしいですが、子蟹たちが、皆で協力して知恵を出して親の仇が討てたのがやっぱりよかったです。臼、蜂、栗、牛の糞、子蟹たちの組み合わせに、真剣に取り組んで知恵を出せばなんでもやり遂げられるんだと勇気や元気をもらえました。いつ読んでも昔話もいいなあって思います。

    掲載日:2012/12/13

    参考になりました
    感謝
    0

37件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / そらまめくんのベッド / がたん ごとん がたん ごとん / キャベツくん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット