しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

きょうのごはん」 みんなの声

きょうのごはん 作:加藤 休ミ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2012年09月13日
ISBN:9784033320007
評価スコア 4.75
評価ランキング 674
みんなの声 総数 71
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

71件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • ごはんって、こうやって食べるんだよ♪

    • R☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子10歳、男の子6歳

    表紙の美味しそうな絵に惹かれて購入しました。

    ページをめくるたびに、うわ〜!美味しそう!
    決して特別なメニューではないけれど、どれも本当に美味しそう。

    何度か読んでいるうちに、やっと気付きました。
    この絵本全体に流れるほっとする温かさは
    ご飯が美味しそうだから、というだけではないんだということに。

    一番最初の商店街のシーン。
    そして各家庭の夕ご飯のシーン。
    それぞれにどんな会話をしているのかは、文字としては書かれていないけれど
    ほら、聴こえてきますよね。登場する人々の何気ない日常の会話が!

    夕ごはんって、こうやって食べるものなんですよね♪
    家族そろって楽しくお話しながら、ニコニコと嬉しい気持ちで。

    そんな風なことも自然と伝わってくる絵本だな〜と思います。

    私は、カレーライスの絵が一番好きです。
    ルーのリアルさが、たまりません。

    掲載日:2013/02/05

    参考になりました
    感謝
    3
  • 表紙の絵にやられた〜

    なんだこの美味しそうな絵!!
    表紙でやられました。
    ページをめくると、次から次から、表紙のサンマに負けず劣らずの美味しそうな絵が。
    たまりません。

    おなかがすいているときに見たら、辛いくらいです。
    家族団らんの夕食の風景
    日本の原風景です。
    いいですね。

    掲載日:2017/10/08

    参考になりました
    感謝
    2
  • 表紙絵に誘われて、開きました。
    こんな商店街が、残っているんでしょうかね。
    大型スーパーマーケットに押されて、シャッター街になっているところも多いんじゃないでしょうか。

    さて、お話は、一軒目の夕ご飯の様子。
    メニューはそう表紙絵どおり。
    こういう和食に好みが変わってきました。
    次はお隣のご飯。
    そのまた次は、そのお隣の(あるいはお向かいの)ご飯。
    どこの家のご飯も美味しそうです。
    子どもが好きそうなメニューばかり。

    それにしても、どの家庭の食事の様子が、あったかいです。
    今や、残業で遅いおとうさん・おかあさん、部活動や塾通いで遅い子どもたち。
    一家全員で顔を合わせて、共通の話題で食卓を囲むことが少ないご家庭が多いのではないでしょうか。
    家族が多くても、「孤食」になっているのではないでしょうか。
    また、時間帯がずれるため、家族それぞれが、自分の好きなものを食べる「個食」になっていることも。
    たまに全員でできる食事は、外食なんて言う事もあるやもしれませんね。

    18歳を境に子どもたちは、巣立っていきます。
    あと何回家族でいっよに、同じものを作り食べられるか?と考えると、時間の帳尻を合わせ、一回でも多く、全員で食べたいなと思いました。

    掲載日:2015/08/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • おなかがすいてしまう・・。

    試し読みで読ませていただきました。

    もう、なんといっても、読んでるだけでおなかがすいてきてしまいそうな絵が特徴です。
    表紙のサンマと、ふのりのお味噌汁がなんともおいしそうです。

    そして、色々なお家のご飯がでてくるのですが、どこのうちも家族みんなで食べてるのがいいですね。
    家族がそろってご飯食べれるだけでうれしいですし、いつもよりおいしく感じるんでしょうね。

    掲載日:2013/07/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • 小学校で読みました

    小学校で読んできました。対象は六年生です。
    物語ではないのですが、加藤さんの美味しそうな絵を、ぜひ紹介したかったのです。


    「この絵はね、クレヨンやクレパスを使って描かれているんだよ」と伝えると、みんなびっくりした様子。
    そして、あちこちから「美味しそう〜」の声が。


    さらに、とても意外だったのが、この作品で笑いが起こったこと。
    確かにとても美味しそうな魅力ある絵だけど、
    物語ではないし、笑えるところなんて・・・と思うのですが、
    さすが六年生、「絵に注目してみてねっ」って最初伝えたら、本当にじっくりとみてくれたらしく、
    カレーライスを食べているお兄ちゃんが、ほかの兄弟よりも
    体格が倍くらい大きかったことが、そうとうおもしろかったみたい。
    「なんで一人だけでっかいんだよっ」って、突っ込みを入れてくれました。


    やっぱり子どもたちが作品を楽しむ感覚って、大人の私たちとは違う部分がいっぱいあるんだな。
    そんな当たり前のことを、あらためて実感した読み聞かせとなりました。

    掲載日:2017/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本を開けばいい匂いが??

    なんだか懐かしさのある素朴な夕飯の風景が広がります。
    美味しそうに焼けたさんまの表紙を見るだけでも、なんだかよい匂いがしてきそうです。
    ページを開けば、商店街の懐かしい風景から始まり、どこの家でもみんなが食卓を囲んで楽しい食事タイムです。

    最近では、こんな風に家族で食卓を囲むのも少なくなっているかもしれません。
    カレーが鍋ごと食卓にあがってよそっている家庭は少ないですよね。

    でも、なんだか昭和を感じさせるホッとする一コマがそこにあります。

    手作りの美味しい夕飯だけでなく、出前お寿司なんかも登場してきます。

    この絵本はさりげなく、ネコ目線で描かれていて、どこのページにも猫が夕飯風景を見ています。

    思いっきり息を吸ったら本当にいい匂いがしてくるのでは?と思うほど美味しそうな夕飯タイムが描かれていました。

    掲載日:2016/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • おなかがすきます

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    ごはんの時間、一匹のねこがいろんな家庭の食卓を見て回ります。おいしそうなごはんばかりです。おとうさんが作るお家もあれば、おじいちゃんのお祝いをしている家庭もあり、家庭の事情が垣間見えるのもいいですね。その場の空気まで伝わってきそうな温かい絵です。「どれが食べたい〜?」と言いながら娘と楽しんで読みました。絵で楽しめるので、小さいお子さんから読めると思います。

    掲載日:2016/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • とっても美味しそう!

    出てくるお料理の絵がリアルで綺麗でどれも美味しそうで、匂いまで漂ってきそうです!!
    どの家も家族みんなで楽しい食卓を囲んでいる雰囲気は、読んでいるこちらも幸せな気分になりました。
    さて、我が家のきょうのごはんは、何を作ろうかなー。

    掲載日:2016/07/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最近こんな美味しそうなご飯を食べたかしら。

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子3歳、男の子0歳

    お勧めされていたので借りてきました。

    本当に、美味しそう!!
    ページをめくるたびによだれが出そうでした。

    最近こんな美味しそうなご飯を食べたかしら。

    昨晩の献立はおんなじカレーライスだったのに、
    もっと味気なかった感じがします。

    きっと、お皿もこだわっていないし、
    バタバタと子どもに食べさせて
    じっくりと見ずに、味合わずに食べたからでしょう。

    せっかく時間かけて作り、
    子どもと美味しく食べるなら
    もっとゆったりと味わいながら食べたいなと思いました。

    クレヨンで描いたと知り、びっくりしました。

    掲載日:2016/05/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • あぁ、美味しそう!

    人物の絵は、絵が上手な小学生が描いたような勢いのある物であるのに対し、食べ物の絵は細かく描き込まれていてとてもリアル。本を開いただけで思わず香りを深く吸い込みたくなってしまいます。
    出てくる風景が、どことなく懐かしい一昔前の町並みなのも良いですね。
    子供達は商店街を知らないので「このお店は何屋さん?」「お風呂やさんがあるの?」と興味津々で眺めています。
    よく見ると、オムライスを作るお父さんが肉とたまごのお店で買い物をしていたり、魚屋さんでお母さんが夕ご飯のさんまを買ったりしていて、眺める度に発見のある楽しい絵本です。

    掲載日:2016/02/12

    参考になりました
    感謝
    0

71件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

ともだちや / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねこのはなびや / うしろにいるのだあれ / ピヨピヨ ハッピーバースデー

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



0歳から遊べる♪初めてのブロック遊びにぴったりのセット

全ページためしよみ
年齢別絵本セット