おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

べんとうべんたろう」 みんなの声

べんとうべんたろう 文:中川 ひろたか
絵:酒井 絹恵
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2012年09月07日
ISBN:9784033319902
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,483
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • スケールの大きい、お弁当

    こっ、これは・・・ベートーベン!
    そんな衝撃から始まった、この絵本。
    読み進めても、驚きっぱなしでした。
    稲刈りから始まるご飯炊きに、白鳥の卵焼きには、「さすが、ベートーベン」とスケールの大きさを感じました。

    掲載日:2014/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 遊び心満載!

    • 多夢さん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子13歳

    べんとうべんたろうが、大好きなエリーゼのために、
    美味しいお弁当を作ります。

    まずは美味しいごはん。
    美味しいごはんは、美味しいお米から。
    日本の「田園」に、「ダダダダーン」と飛んでいき、
    収穫から炊き上げて、美味しいごはんの出来上がり〜。

    次は、おかず。
    おかずといえば、たまごやき。
    たまごをゲットするために、ロシアの「はくちょうのみずうみ」へ。
    ロシアの湖に、「ダダダダーン」と飛んでいき、
    はくちょうのたまごをゲット。
    美味しいたまごやきの出来上がり〜。

    といった感じに、次から次へと材料をゲットして、
    お弁当が完成していきます。

    ちょっと待って!
    よくよく読んでみると、チャイコフスキーのお茶だったり、
    ショパンのパンだったり、ウィーンのウィンナだったり、
    しらすぼしの星にギョウザの星座!!

    そう、これはどうみてもだじゃれです。
    だじゃれで弁当を作ってる!
    そういえば、べんとうべんたろうも、ベートーベンに似てない?
    そうしたら、この「ダダダダーン」の発音も違ってくるよね。

    酒井絹恵さんの絵は、とても元気が出る絵で、
    まさに、お話とぴったりです。

    こんな風に、楽しんで弁当が作れたらいいよね。

    読み聞かせには、小学生くらいのお子さんの方がいいかもしれません。

    掲載日:2013/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • うーん。

    『べんとうべんたろう』本の名前通り、中にもダジャレが出てきます。
    でも、最初のころのダジャレは、子供には難しいです。作曲者の名前なので・・・。

    ちょこちょこ繰り返し出てくる『ダダダダーン』のフレーズは小さい子たちにはおもしろかったようです。

    掲載日:2013/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子たちには早かった?

    • 魔王さん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県

    4歳の息子たちと一緒に読みました。
     私には非常に面白くて、よくできたダジャレだなと思うし、読み聞かせするときも「じゃじゃじゃじゃんーん」とメロディをつけながら面白くできたのですが、ベートーベンを知らない息子たちにはなんのこっちゃという感じで面白味が半減しているようで非常に残念でした。
    やはりベートーベンやチャイコフスキーなど少しでも知っている子や大人向けかなと思います。
    もう少し音楽に親しみをもってから読み聞かせしてあげたい絵本です。

    掲載日:2013/05/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 音楽ダジャレ、満載!!

    前から気にはなっていた表紙を見つけ、
    図書館から借りてきましたが
    想像をはるかに超えた内容に衝撃!!
    なんでしょう、これは!!
    初めての面白さに、びっくりしました!
    8歳と3歳の娘たちと読みました。

    ベートーベンがモデルであろう「べんとうべんたろう」さん。
    大好きな「エリーゼ」のために、
    おいしいお弁当を作るというのです。

    おいしいごはんは、日本の「田園」で取れる!
    べんたろうさん、自ら稲刈り・脱穀、おかまで炊いて
    “ダダダダーン!!”

    なにかある度、この“ダダダダーン!”となるのですが、
    これはあの『運命』の“ダダダダーン!”♪

    ロシアの湖で白鳥やチャイコフスキー茶売りに出会ったり、
    ショパンのパンにシューマンのシューマイ屋まで・・・!!
    子犬やくるみ割り人形なんかもさらっと登場していて、
    これでもか!!とばかりにいろんな音楽ネタが登場します。

    これ、音楽知識のない子供にもわかるのか?!と思いつつページを進めると、
    今度は小さい魚が集まっている星座を見つけたり、
    変わった星座をたくさん見つけちゃうべんたろうさん!!
    音楽がわからなくても楽しめました!!!

    も〜とにかくダジャレダジャレ、ダジャレ満載で笑っちゃいます。
    ダメ押しは最後の一ページ!
    力が抜けました(笑)。

    娘たちに一応解説はしてみましたが、
    音楽のことはどこまでわかったかわかりません。
    が、8歳の長女も3歳の次女もかなり食い付いた一冊でした。

    この「だじゃれ」シリーズ、他のものも読んでみたくなりました。

    あら、裏表紙にまでダジャレが(笑)。
    とことんダジャレの一冊ですね!!

    掲載日:2013/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • べんとうべんたろうは ベートーベンの運命から?♪ダダダダーン♪
    お弁当作り  まずはご飯は 日本の田園で

    たまごは ロシアの白鳥の湖まで チャイコフスキー茶とはね
    音楽家のだじゃれですが
    星まででてきて 星座もだゃだれとはね

    ソナタのために つくりましたよ エリーゼちゃん

    ベートーベンさん 恋したのね(エリーゼのためにの音楽が 運命が聞こえてきそうな・・・♪)
     
    子どもたちは 音楽家のことや音楽用語が分かる子どもにはOKですね

    掲載日:2013/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 弁当作りも芸術だ!?

    この絵本を読む前に、「ベートーベンって知ってる?」と子供にたずねてみました。
    すると、「あー、知ってる知ってる。音楽室に貼ってあるポスターの、なんか髪の毛ボサボサの人!」という答えが。
    確かに…(笑)
    私も子供の時はそんなふうに覚えていたかなぁ。
    あと、有名なのはやっぱり「ダダダダーン!」ですよね。
    そんなベートーベンそっくり(本人?)な『べんとうべんたろう』が、愛しいエリーゼのためにお弁当を作るお話ということで、読む前から楽しみにしていました。

    お弁当を完成させるために、べんとうべんたろうがあちこち渡り歩いてお弁当箱におかずやごはんをひとつずつ詰めていきます。
    お話の各所にベートーベンにまつわるだじゃれが盛り込まれているのですが、彼のことを詳しく知らなくても楽しめる内容になっていますよ。
    もちろん、知っている大人も思わずくすりと笑ってしまうかも?

    掲載日:2012/12/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最高のダジャレ絵本!

    ダジャレの天才、中川さんによる爆笑のダジャレ絵本!
    声に出して読んだ方が面白いです!
    クラシックの勉強にもなって一石二鳥だと思います。
    ちなみに、裏表紙には酒井さんのシャレが利いています。
    最初から最後まで楽しい気持ちにさせてくれる絵本。
    いいですね〜〜〜〜

    掲載日:2012/12/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • かっこいいなあ・・・・

    べんとうべんたろうくんの意気込みが感じれてとってもかっこよかったです。大好きなエリーゼの為に気合を込めて、「いねかりだっこくダダダダーン」に感動しました。孫も卵焼きが大好きなので、べんとうべんたろうくんの卵焼きが食べさせてやりたかったです。絵もとてもインパクトがあってかっこよかったです!

    掲載日:2012/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ダダダ、ダ〜ン!

    • わにぼうさん
    • 40代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子9歳、男の子5歳

    学校の音楽の時間とかに「ベートーベン」の名前は
    聞いた事がある兄ちゃん。

    これ、ベートーベン?って聞くので、
    「べんとう べんたろう」だよって返したら大笑い。

    もう、音楽家やら曲名のだじゃれ満載!

    次男は良くわからないけど「ダダダ、ダーン」と
    変な人たちに笑っているし、兄ちゃんはなんとな〜く
    聞いた事ある名前に笑ってました。

    面白い。面白いけれど、一度「音楽家の名前を」知ってからのほうが
    より面白いかもしれませんね〜。

    べんたろうさん、ナイス弁当でした!

    掲載日:2012/11/08

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / ねないこ だれだ / もっちゃう もっちゃう もうもっちゃう / いいから いいから / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット