十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

とっておきのはいく」 みんなの声

とっておきのはいく 作:村上 しいこ
絵:市居 みか
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2012年02月
ISBN:9784569782096
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,554
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 俳句作り

    ここのところ言葉の深みにどっぷりはまっている娘に
    五七五の俳句を面白く扱った本があるのを知り
    図書館から借りてきました。

    国語の時間に俳句作りをするということをきっかけに
    子供たちのふれあいや
    家庭でのやり取りがからみ
    関西弁設定も手伝って
    とてもリズムのいい作品に仕上がっています。
    我が家では、少し前から流行っている回文づくりとともに
    俳句にしてなにかとなえることも増えました。
    指を折々言葉をつむぐ作業は
    なかなか頭を使いますが
    楽しいものですね(^^)

    掲載日:2012/08/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • 俳句の作り方

    このお話は、小学校で俳句を作る授業があって、俳句について考えることを描いたお話でした。学校ではいい俳句が浮かばなかったので主人公の男の子はうちに帰って、家族を観察したり動物園に行ったりして素敵な俳句をたくさん考えていたのを見て、子供も自作の俳句を考えながら楽しんでいました。

    掲載日:2016/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 俳句と言えば 季語を入れて 5 7 5の中に気持ちを納めるので
    なかなか 高尚で難しいな〜と思ってしまうのですが
    この本は そんな俳句の世界をちょっと違う視点で子どもの気持ちを素直に表現できる俳句です
    もちろん季語もありませんし
    俳句をしている人からみたら 邪道かもしれませんね
    でも こうして まずは 575で気持ちを表現して それから大人になればそこに季語を入れて 本来の俳句を楽しめるようになればよいではと思いました
    村上しいこさん 市居みかさんがなかなかおもしろい本を子ども向けに作られたのですね
    小学生が読めばおもしろいかも知れませんね

    掲載日:2012/12/06

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『やさいのがっこう ピーマンくんゆめをみる』 なかやみわさんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット