雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

できそこないのおとぎばなし」 みんなの声

できそこないのおとぎばなし 作:いとう ひろし
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2012年09月05日
ISBN:9784494007622
評価スコア 4.11
評価ランキング 18,573
みんなの声 総数 8
「できそこないのおとぎばなし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おとぎばなしに入るには

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    おとぎばなし(空想の世界)にどっぷりはまる妹と、信じずにバカにするお兄ちゃんのお話。でもラストにはお兄ちゃんもおとぎばなしの世界にちょっと入っちゃいます。
    おとぎばなしを信じる信じないは、女の子と男の子の差なのでしょうか。ある年齢を境に空想の世界から抜けてしまうのでしょうか。おとぎばなしばかりで自由な妹に、現実に生きるしっかりもののお兄ちゃん。二人とも子どもらしくていとおしいです。
    妹の空想の世界がとてもおもしろそうなので、私も入ってみたいです。

    掲載日:2016/10/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • どっちのタイプかな。

    小学校1年生の娘が,学校の教室にあった(学級文庫)こちらの本を一人読みしてきました。
    おとぎばなしを作る妹と信じないお兄ちゃん。
    我が家の娘はどっちのタイプかしら!?(笑)。
    子供が想像するファンタジーは魅力的ですね。

    掲載日:2017/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私も

    ああ、私もこの絵本の中の男の子のように
    ちょっとおかしくなっているかもしれません。
    なぜなら、我が家の娘もこの子の妹のように
    できそこない(失礼!)のおとぎばなしをよく
    しているからです。
    私も一緒にのっちゃってしているところはある
    のですけれどね。
    今日もまたこびとさんが私達の元にやって
    くるかもしれません。注意していなくちゃ!

    掲載日:2017/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議なお話

    娘が図書館で見つけて持ってきましたので借りました。
    いとうひろしさんの絵本はこれまで何冊も読んでいてどれも気に入っていたので、今回も期待していたのですが・・・。

    うーん、ちょっと期待はずれだったかな。
    お兄ちゃんと妹のお話ですが、なんというか捉えどころがないといいますか。ファンタジーといえばファンタジーなのですが、それはそれでいまいちつかみどころがなくて。
    結局何がいいたいのか最後まで分からないストーリーでした。

    掲載日:2016/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • おにいちゃんにも見えちゃった

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、男の子3歳

    3歳の次男に読みました.いつも何かとお兄ちゃんを困らせてる弟です.
    お話の内容はよく理解できないようでしたが,ドラゴンや兵隊さんたちがいろいろ繰り広げてる様子は楽しかったようでした.お兄ちゃんはがんばってるんだよというのは,あまり伝わってなかったようでした.
    この本のお兄ちゃんも,妹のお世話にとってもがんばっててえらいなと思いました.おかしなことばっかり言って・・・と文句を言いながらも,妹にちゃんと目をかけていて優しいお兄ちゃんですね.
    妹の作ったおとぎばなしをまったく信じていなかったお兄ちゃんだったけど,さいごはちょっとだけ妹のおとぎの国に入っちゃいましたね.戸惑うお兄ちゃんだったけど,入ってみればきっと楽しいおとぎの国なんじゃないかな.おとぎの国ではっちゃけるお兄ちゃんの姿も見てみたい気がしました.

    掲載日:2016/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • おかあさんにおつかいを頼まれて、不機嫌顔のおにいちゃん。でももっと面白くないのは、妹がついてきたってこと。
    この妹ときたら、何かわけのわからないお話をぶつぶつ言っているのです。妖精やら、ドラゴンやら出てくるできそこないのおとぎ話をするのです。ところがよく見たら、案外できそこないではないかもしれません。本当は、きっと楽しいはずですよ。

    掲載日:2015/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもの壮大な空想の世界

    妹が話すことが「ドラゴン、小人、魔法の石」などなので、まったく信じていないお兄ちゃん。
    おつかいを頼まれて、妹と一緒に行ったら、妹が大暴走……
    お兄ちゃん、大変だなー。と途中まで思っていたのですが……実は妹の想像ではなく現実だったというお話でした。
    子どもは時々、突拍子のない話を始めたりします。それを、本気にせずに聞いてしまうのですが、子どもにとっては、それは想像でも妄想でもなく、自分の頭の中で実際に起こっていることなんだと実感させられました。

    掲載日:2013/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 認めてないよっ!

    お兄ちゃんと妹のお話です。

    真面目なお兄ちゃんと、ちょっと変わり者の妹。

    このコンビがとってもこのお話をおもしろくしています。

    非現実的な妹の発言を、受け止めないお兄ちゃんが

    どこで折れるか、どこで受け止めてくれるか・・・。

    そこがみものです。

    最後の最後まで、認めたかどうかははっきりしませんでした。

    でもうっすら妹の発言を認めた風な感じもつたわりました。

    どうなんだろう・・。そこがとっても気になりますが、

    そこが醍醐味じゃないようで、子供が注目していた部分は

    最後の結果ではなく、そこまでの流れのようです。

    結果がすべてではないですね。

    掲載日:2013/02/25

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


初めて見る者同士の友情、親子の愛情。読み聞かせにもプレゼントにも!

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.11)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット