雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…

クリスマスのあくま」 みんなの声

クリスマスのあくま 著:原 マスミ
出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2012年10月03日
ISBN:9784592761556
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,442
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ちょいワルなサンタ

    • わにぼうさん
    • 40代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子9歳、男の子5歳

    クリスマスなのに「悪いこと」をしなきゃならないあくまの子。

    どうしたらいいかなぁ〜って悩んでいるところに
    出会ってしまったのがススだらけのサンタクロース。

    煙突から入る時に足を滑らせ、足をくじいてしまったサンタさんは
    自分を「あくま大王」と間違えたあくまの子をだまして
    手伝いをさせてしまいます。

    しかし…サンタさん。登場した時は温和な顔つきなのに、
    煤だらけになったとたんに、ちょいワルな表情になるのってどうなの(笑)

    サンタさんはいい人で〜という夢を壊したくない方には
    オススメしませんが、こんなサンタもOKって方には
    大笑いしてくださ〜い♪

    掲載日:2012/12/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 風変りだけどなかなかいい

    悪魔とクリスマス!

    とっても気になりタイトルで買いました。

    悪いことをしなくてはいけないはずの悪魔は、あまりしたくないのです。でも、すすに汚れたサンタをだいおうさまと勘違いし、サンタの手足としてプレゼントを子供においてきます。本物のだいおうさまに叱られますが、男の子の、ありがとうと言ったシーンが忘れられない、、、。

    オチはないけど、このあとどうなるのだろうと思わせるお話でした。

    クリスマスに意外なサプライズ絵本になりそうです。

    掲載日:2015/12/01

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



山岡ひかるさんの「食べ物絵本」シリーズ 歴代編集者さんに話を聞きました

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット