貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

カレーライスのすきなペンギン」 みんなの声

カレーライスのすきなペンギン 作:落合 恵子
絵:長 新太
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2010年08月
ISBN:9784577038352
評価スコア 3.5
評価ランキング 33,548
みんなの声 総数 1
「カレーライスのすきなペンギン」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • リョオにはどうしてペンギンが見えたのだろう。
    どうしてペンギンがコップの中に現われたのだろう。
    なんだか不思議な世界なのですが、いろいろと考えてしまいました。
    お母さんが働きに出て、お父さんは家で絵を描いて、家事はお父さんの仕事。
    その中でも好きなカレーを食べようとしたら、お母さんは仕事で帰りが遅い。
    お父さんと二人で食べ始めたカレーだけど、なんとなく寂しくてふと見た、コップの氷に小さなペンギン。
    南極のペンギンが氷と一緒に流されて来て、氷が解けるにしたがって自分も小さくなって…。
    そのペンギンが飲料水の中にいたり、カレーが好きだったりすれば、気になるのはリョオの心の中。
    でもこの物語は、決して暗くはないのです。
    いろいろ考えてしまうより、単純に受け取ればよかったのかしら?
    作者が落合恵子なので、いろいろと落合さんの思いを考えてしまいました。

    掲載日:2012/08/23

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



寝かしつけの定番シリーズ、お子さまの感想も募集します!

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット