なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

屋根にのるレーナ」 みんなの声

屋根にのるレーナ 作:ペーター・ヘルトリング
訳:上田 真而子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1997年04月
ISBN:9784037266004
評価スコア 4
評価ランキング 22,265
みんなの声 総数 1
「屋根にのるレーナ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 両親の離婚を乗り越える

    両親のけんかと離婚劇に振り回される、娘のレーナとその弟のラルス。
    不安な気持ちで、なんとか両親をつなぎとめようとする子ども心をとても痛々しく感じました。
    レーナとラルスの行動がとても象徴的。
    別居する父親の家に行ったラルスは、父親の恋人とは仲良くなれません。
    おばさんの家に行ったレーナは、事実上の夫婦でありながら結婚はしないおばさんの生活に考えさせられます。
    ラルスの家出、放浪や、いくつものドラマがあって両親は離婚。
    レーナは母親と一緒の生活、ラルスは一人寄宿学校に入ることにします。
    裁判所で、ラルスが語った、「自分たちは親に望まれて生まれてきたと言われるのに、どうして親は自分たちの望むようにはなってくれないのか。自分たちにはどちらも必要だ。」という訴えが心に響きました。
    屋根に乗って立ち上がるレーナの姿に象徴されるように、子どもたちは親の問題の荒波の中で翔ぼうとしたのです。
    児童書ですが、私にはとても考えさせられる物語でした。

    掲載日:2012/08/24

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット