あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

恋のまじない、ヨンサメカ」 みんなの声

恋のまじない、ヨンサメカ 作:ロアルド・ダール
絵:クェンティン・ブレイク
訳:久山 太市
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1997年05月
ISBN:9784566010680
評価スコア 4
評価ランキング 22,266
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • シャレたラブ・コメディ

    小心者のホッピーさんが、長年憧れているシルバーさんになんと大胆な恋のアタック。
    マンションの上下のバルコニー越しに挨拶していたホッピーさんにとって、シルバーさんが飼っているペットの愛亀のアルフィーが幸せ(?)を運んできてくれました。
    アルフィーにとっては大いに迷惑な話ですが、洒落っ気たっぷりのラブ・コメディです。
    シルバーさんが、アルフィーに大きくなってほしいと思う願望に、ホッピーさんは大きくするという怪しげなオマジナイを伝えて、それがきっかけで交際が始まります。
    ホッピーさんがペットショップから買い集めて、部屋に足の踏み場もないくらいになったカメの集団。
    ホッピーさんの作戦はあまりに大胆でした。
    アルフィーは、シルバーさんの知らぬ間に、アルフィー2号、アルフィー3号と入れ替わっていきます。
    しかして、ホッピーさんとシルバーさんはめでたくゴールイン。
    肝心の本物アルフィーは…、後日談で無事が確認できて、とりあえずめでたしめでたし。

    オマジナイの「ヨメサンカ」はさかさに読めば「カメサンヨ」。
    原書ではどうなっていたのでしょうかね?

    なぜか、児童書コーナーで見つけたのですが、おませな女の子向けでしょうか

    掲載日:2012/08/29

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット