大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

ともだち できたよ」 みんなの声

ともだち できたよ 文:内田 麟太郎
絵:こみねゆら
出版社:文研出版
本体価格:\1,300+税
発行日:2012年09月30日
ISBN:9784580821576
評価スコア 4.36
評価ランキング 9,979
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ともだちがほしいうさぎさん

    • ヤキングさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子11歳、女の子6歳

    友達がほしいうさぎさん。
    ある日、友達になりたいと手紙をもらいますが、肝心の名前が一文字消えて「○っぱより」としか読めません。
    「○っぱ」とは誰でしょう?

    クイズのような展開。
    最初は「○っぱ」に当てはまるものは何かと色々考えを巡らしますが、
    でも最後は本当に僕でも友達になってくれる?とカッパさん。
    心温まる絵本です。

    掲載日:2015/07/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な世界観の絵本

    いつもひとりのともだちがいないうさぎさんに
    最後はおともだちができる
    というストーリーです。。。
    静かなお話の流れにぴったりのどこか切ない色使いながら
    とても美しい絵が印象的。
    「きれいね」「うん」「ほんとうに きれいね」「うん」
    この情景がお友達関係の全てを要約して現していて
    素晴らしいと思いました。
    共感できる相手がいることの素晴らしさを再確認させてくれます。

    掲載日:2015/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • お友達

    いつもひとりぽっちのうさぎさんにお友達が出来て本当によかったと思いました。いつもひとりで切り株に座って池を眺めているうさぎさんをかっぱさんがそっと見守っていたと思うと、かっぱさんもうさぎさんのように恥ずかしがりやなんだと思いました。雨が降ってきてそっとうさぎさんに傘をさすかっぱさんだから二人はきっとよいお友達になれると思いました。池の周りの景色がとても素敵に描かれていてよかったです。

    掲載日:2015/05/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 静かな余韻が残る本です。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    ただどうしてもわからないのはりすときつねが「うさぎなんかと」と自分が上のような発言をしていたところと、かっぱが「俺でもいいか」自分を下に言うような発言ををしていたところです。皆、何をこだわっているんだろうと思いました。

    掲載日:2014/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • うさぎさん、良かったー。

    ともだちが欲しいうさぎさんがお手紙をもらって、そのお手紙の相手を探すお話です。きつねさんかな?りすさんかな?と思うのですが、違ったみたい。何だかうさぎさんが可哀想になってしまいました。でも!自分に合うお友達っているんですね。最後はほーっとしました。

    我が家の長女は今6歳。こんな場面に合うことがあるかもしれません。そんな時も自分に合う誰かがいると信じてほしいなと思いました。

    掲載日:2014/09/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 手紙の主は?

    • 多夢さん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子13歳

    ともだちが欲しいうさぎ。
    「おれと友だちにならないか。」という手紙をもらいます。
    手紙の送り主は、「・・・っぱより」
    水に濡れて、文字が消えていました。
    誰でしょう?・・・っぱさんって。

    はっぱの帽子が似合うりすさんではありませんでした。
    らっぱを吹くきつねでもありませんでした。
    では一体誰?

    私は、はっぱだと思いました。
    でも違うのよね・・・

    りすさんもきつねさんも、うさぎさんにかけた言葉がきつくて、
    ちょっと可愛そうでした。

    でも、うさぎさんに似合う友達が出来て、
    本当に良かったって思いました。

    掲載日:2014/03/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱりかっぱ

    友だちが欲しいうさぎに友だちができたのは良かったけれど…。
    「※っぱ」はやっぱりかっぱでしょう。
    「はっぱ」、「らっぱ」に無理を感じてしまっただけ、苦しさのある絵本です。
    「りっぱ」の語呂に追い打ちをかけられました。
    うさぎとかっぱの素朴な友情のお話の方が良かったように思いました。

    掲載日:2013/11/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外なともだちでした

    っぱさんの手紙、私も真っ先にはっぱさんだと思いました。

    ともだち探しに失敗して落ち込んでいるうさぎに傘をさしてくれた、可愛らしい手でわかりました。

    それは少し恥ずかしがり屋なとっても優しい、あの子でした。

    っぱさんの正体がわかってからもう一度読み返してみると、絵の中にヒントがいくつも隠れていて見つけるのが楽しかったです。
    表紙を見て、なるほど!と思いました。

    ふたりの会話もなんだかまだぎこちないですが、寂しがり屋うさぎにぴったりなともだちができてよかったです。

    掲載日:2013/11/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雨のお季節にいかがでしょう?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子13歳

    雨が降ってくるお話で、水辺(池が湖)が物語の舞台です。
    なので、これから雨の大季節に読むと雰囲気が出ていいかなと、思いました。
    こみねさんの描くキャラクターはどれもホンワカとしていて味わい深いです。
    今回のお話では、いつもうさぎの目の前に描かれている水辺の色がよかったです。
    しいていうと、かっぱの子の姿が、やや人間の男の子と似すぎているのが気になりましたが、子どもたちが読むときはきっと、そんなこと気にしないでしょうね〜。

    掲載日:2013/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなおともだちも・・・

    こみねさんの絵だし
    内田さんの作品だし
    何かの受賞作品だと紹介されていたので
    図書室にリクエスト

    繊細な感じのうさぎさん
    傷つきやすそう・・・なのかな
    自信がないのかな・・・

    なんか、今時の若者のような雰囲気です

    友達を作りたくても
    りすさんのような
    きつねさんのような
    感じだったら
    一緒にいられないもんね
    「うさぎなんか」という
    なんとも見下したような
    言葉って、言えないと思うんだけど
    あえて、使ってますかね

    「誰でもいいから」
    と、「●っぱ」

    その「●っぱ」も、これまた
    繊細のようで(^^ゞ

    ともだち100人の中には
    いろんなお友達がいるものです
    自分が
    いつも元気でにぎやかで
    いるとは、限りません

    寄り添って
    ただ、そばにいてくれるお友達も
    時には、必要ですよね

    「ともだち」神話に縛られることなく
    いろんなお友達とふれあってほしいです

    掲載日:2013/05/15

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット