アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

いつもみているよ」 みんなの声

いつもみているよ 作:松田 もとこ
絵:遠藤 てるよ
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2006年02月
ISBN:9784591090978
評価スコア 4
評価ランキング 21,148
みんなの声 総数 2
「いつもみているよ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 死んでからも・・・

    男の子と、そのひいおじいちゃんのお話です。
    ふたりはとっても仲が良くて、このふたりを見ていると、静かで温かくて強い『絆』を感じます。

    ひいおじいちゃんは95歳。近づく自らの終焉を感じながらも、自分が思い描いたように穏やかに安らかに最期を迎えられるものでもないと感じています。
    死を覚悟し、心の準備が整っているからこその はがゆさがあるのかもしれないなって思いました。

    娘は、涙を流すほど近しいものの死を経験したことはないので、まだ『死』というものに実感はもてないようです。
    ただ、頭では『死』というもを理解しているので、ひいおじいちゃんの変化にすごく敏感に反応していました。

    全体的に“ひいおじいちゃんの思い出”という感じで、悲しい印象はありません。
    『人はいつか必ず死ぬ』という現実、けれど『いつも見守ってくれている(死んでもそばにいる)』という安心感を与えてくれるお話だと感じました。

    掲載日:2013/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひいおじいちゃんと俳句

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子12歳、男の子10歳

    たくみと95歳のひいおじいちゃんとの交流を描いた作品。
    俳句をたしなむひいおじいちゃんの作品がおはなしのアクセントになっています。
    医者だったひいおじいちゃんだけに、自分の体の衰えは切なかったでしょうね。
    たくみの素直なまなざしに、おじいちゃんのおはなしは
    しっかりと受け継がれたことでしょう。
    そう、ラストのたくみの俳句がいいですね。
    おじいちゃんの死までの軌跡も静かに丁寧に描かれています。
    ひばちで飼っているメダカも象徴的です。

    掲載日:2006/04/18

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『ぺぱぷんたす』祖父江慎さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット