なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

うしさん おっぱい しぼりましょ」 みんなの声

うしさん おっぱい しぼりましょ 作:穂高 順也
絵:竹内 通雅
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2006年02月
ISBN:9784591090985
評価スコア 4.29
評価ランキング 13,285
みんなの声 総数 16
「うしさん おっぱい しぼりましょ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ゆかいな絵本

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    牧場に行くのもいいなーと思っていたところ、目に入ったタイトルにひかれて図書館で借りてきました。
    うしにいちごを食べさせたら、いちご牛乳が出てきた!うしにバナナを食べさせたら…といった感じのゆかいな絵本でした。
    途中、びっくりなシーンも!

    掲載日:2016/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 苦肉のラスト!?

    • イザリウオさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子13歳、男の子10歳

    なんといっても驚いたのは、さんざんいちごやバナナを食べておいしい牛乳を出していた、穏やかな顔をした牛が、突然、音楽隊の人たちを食べてしまったところです。

    無理をして牛乳を出して出して出し尽くしてしまった牛の暴走!?

    せっかく良い調子できていたのに、ちょっとこの展開にはがっかり。

    これが絵本じゃなくてアニメだったら、小さな子供は泣くよ〜。

    終わりよければすべてよし、なのですが、このお話はそうじゃなくてちょっと残念でした。

    掲載日:2013/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最近乳搾りに行きたい息子達

    • 魔王さん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県

    我が家の双子の4才の息子達は最近牛の乳搾りに行きたいというので近場の牧場に行こうかなと思っていたところこの絵本にたまたま出会いました。この表紙も見てもらえばわかりますがまた偶然にも双子の男の子が描かれています。これはもう運命的な出会いかもと思って読んでいました。
     うしさん おっぱい しぼりましょ なにがでてくるか おたのしみーというフレーズが出てきて牛に苺をあげたら乳搾りしたら苺ジュースが出てくるという感じなんですがなんか本当に子どもが真に受けて信じてしまいそうです。私は牛に氷を食べさせて乳搾りをしたらソフトクリームが出てきたというのが好きです。ラストがもっとはちゃめちゃなほうがおもしろかったとも思いました。

    掲載日:2012/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • えぇ〜!!

    このお話に出てくる牛がとっても魅力的でした。いろいろな飲み物が出てくる牛なんてとってもいいです!!子供も、「いいな〜この牛欲しいな〜」って言って何回も言いながら見ていました。ママもこんな牛さん欲しいって思わせるかわいい絵本でした。

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 低学年のお話会で読んでみたいですね

     楽しい、楽しい。
     笑いました。

     牧場の牛乳屋さんは、お金を貰いません。 
     その代わり、「うしさんに食べ物をください」って言うんです。
     女の子がいちごを持ってやって来て、うしさんにいちごを食べさせると、そうです!いちごぎゅうにゅうができちゃうんです。
     バナナを持って来る男の子・豆を持って来る○○○・氷を持って来る△△△・・・。
     何ができるか想像するのも楽しいんです。
     
     さてさて、大勢の子どもたちがたくさんのじゃがいもとにんじんとたまねぎときのこを食べさせて、・・・。
     この後のうしくんの暴走にギョギョっとしますが、ホッとするようななんともホンワカハッピーエンドでした。
     
     低学年のお話会で読んでみたいですね。
     ♪うしさん おっぱい しぼりましょ なにが でるのか おたのしみ〜♪のフレーズにメロデイをつけておかなくっちゃ!

    掲載日:2012/07/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小学校読み聞かせ

    • 将軍亭琴音さん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子11歳、女の子8歳、女の子6歳

    小学校の読み聞かせ会に持参しました。
    対象は低学年。一年生が10人弱聞いてくれました。

    市立図書館の読み聞かせ会で紹介されていた絵本で
    とても楽しかったので、これを選びました。
    ミルクにまつわるいろんな飲み物、食べ物を
    出してくれていたうしさんが、
    音楽隊をいきなり食べちゃうのには
    いささか驚きましたが…(苦笑)

    一番初めの導入として読みました。
    イチゴミルクを見た後、バナナぎゅうにゅうも
    コーヒーぎゅうにゅうも読む前にさらっと当てられて
    しまいましたが、氷を食べさせると何になるかは
    分からなかったようでページをめくる前に
    「何になると思う?」と聞いてみましたが、
    一様に首を振っていました。
    うしさんが音楽隊を食べてしまうところは、
    やはりビックリした子どもが多かったようで…
    ちょっと引き気味だった気がします。
    でも、最後に音楽隊も無事にうしさんの口から出てきて
    みんなでパーティーするところはホッとしたようで
    ニコニコして見ていました。

    今日も楽しかったです。

    掲載日:2011/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろかったです

    • みやさやさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 女の子7歳

    イチゴ牛乳、コーヒー牛乳…牛さんの体の中で、牛乳が変化するのですが、予想もつかない変化にびっくりましました。
    音楽まで奏でちゃう牛さん、ちょっと素敵ですね。
    娘は、牛さんが飲み込むもので、何ができるか予想していましたが、最後の方では笑いだしてしまいました。

    掲載日:2010/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • こりゃあ娘にはたまらんでしょ(^m^)

    娘の大好きな飲み物、食べ物が牛さんのおっぱいから次々と
    ふふふ、これは娘が目を輝かせて喜ぶだろうと思って借りたら
    やっぱり!
    自分の思惑にしっかり子どもが食いついてくれた時ほど嬉しいことってないですよね。
    でもあまりにも牛さんがエスカレートしすぎて
    ラストではすごいことに!
    私も娘も結末にビックリ。
    でも前半の展開の方が好きだなあと思いました。

    掲載日:2009/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ミルクが・・・へんし〜ん!?

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子8歳

    うしが、いちごをパクパク。
    おばさんが、
    ♪うしさん おっぱい しぼりしょ
     なにが でるのか おたのしみ〜♪
    と歌うと、いちごぎゅうにゅうの出来上がり!
    (うん、うん、やっぱりね。)
    と、内心思っていたら、だんだんとんでもないものを
    食べはじめ・・・

    この奇想天外な話はなに???
    と、びっくりする私。
    思いもよらない展開が続きだして、
    さすがの私も、頭の中は???ですが、
    物語に目が離せなくなっていました。

    娘の食いつきもよかった。
    不思議な愉快で楽しい牛のはなしでした。
    今年は丑年。うしの活躍を期待したい一冊。

    掲載日:2009/01/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 奇想天外

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    最近、穂高 順也さんのユーモアたっぷりの作品がお気に入りとなり、この絵本も読んでみました。
    いろいろなおっぱいを出すうしさんのお話なのですが、これまた奇想天外で面白いです。
    途中、ちょっとビックリしてしまうところもありますが・・・笑

    うしさんの食べ物となるいちごやバナナに興味津々の娘。
    できあがったものも飲みたくて仕方ない様子でした。
    大きなお鍋でシチューを作る場面では、燃え盛る火を吹き消そうと必死。
    先のページに進んでも、また戻ってフーフーと息を吹きかけていました。

    掲載日:2008/12/18

    参考になりました
    感謝
    0

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット