あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

ポカポカフレンズのおんがくえほん もっきん」 みんなの声

ポカポカフレンズのおんがくえほん もっきん 絵:さつき ねむ
出版社:三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
本体価格:\2,600+税
発行日:2012年09月
ISBN:9784895886475
評価スコア 4.25
評価ランキング 13,924
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • コンパクトなもっきん

    こんな形で、もっきんを演奏することができるなんて、とてもありがたいと思いました。
    音が出て、ライトがついた場所をたたくと一緒に演奏ができる。簡単に、演奏することを体験でき、その音をいろいろ変えられることも大きな魅力です。遊びながら、音符を目で見る機会も得られて、音楽の世界に親しみを感じることができるはずです。

    掲載日:2015/06/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しそう

    • さみはさみさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子3歳

    3歳の次男がこの手のものが大好きで、よく行く本屋さんやミキハウスのお店のサンプルを使って熱心に遊び、いつもなかなか帰れなくて困っています。

    木琴は難しいので次男は鍵盤のライトを光らせてガチャガチャ叩いて満足していますが、そうすると7歳の長男が寄ってきて楽譜を見ながら合わせて弾きたがり、取り合いになります。(迷惑な客ですよね・・・)

    うちにはピアノタイプがあるのですが、もう7年使っていても全く壊れないくらい丈夫ですし、この木琴タイプはばちをひもで結びつけられるようになっているなど、至れりつくせりでお値段以上だと思います。

    掲載日:2015/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごく面白い!

    シロフォンの絵本は珍しいと思います。

    音を変えられるので、いろんな遊び方ができると思います。たたくところもわかりやすいので、遊ぶうちに音楽のセンスが身に付くかも。もう少し鍵盤が多いのも発売されたらいいなと思います。

    幼稚園生におすすめです。

    掲載日:2015/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • なかなか難しい

    近所の子育て支援センターに置いてあって、娘がよく遊んでいます。
    これ、簡単なように見えてなかなか難しいです。
    ちゃんと2本のばちをつかいこなせなくて、だんだん1本だけでたたくようになります(苦笑)。
    あとは正確にばちを使ってたたかないといけないので、器用さも求められます。小さい子にはちょっと難しいかなと思います。

    掲載日:2015/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 両手にバチ♪

    木琴を手軽に弾いている感覚を味わえるなんて、子どもたちからすると嬉しいでしょうね♪両手にバチを持っただけで、大喜びしそうです!
    本屋さんの音の出る絵本のコーナーの前にはいつも子どもたちがあふれていて、中には座り込んで楽しんでいる子もみかけます(笑)
    歌の歌詞付きで、小さい子は音を出すだけでも楽しめるし、大きくなると歌詞を見ながら楽しめるし、年齢に応じて長く楽しめる絵本だなと思います!

    掲載日:2015/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • メドレー化しています♪

    1歳7か月の娘が毎日遊んでる、いっちばんお気に入りです☆

    木琴は
    「手に物を持ち、それを自分の当てたいところにしっかり当てることができる」ということを目的に購入したのですが
    子供にとっては、音が出るだけで大興奮♪
    手でたたき、バチでたたき、ボタンを押して音楽が流れてニッコニコ☆
    毎日曲に合わせてノリノリです♪
    鍵盤もカラフルで可愛くって、
    春夏秋冬色んな季節にぴったりの曲がちゃんと選曲されていて素敵です♪

    パパも、スピードをゆっくりにして
    「メロディーに合わせてたたく所が光るから、分かりやすいね〜」と頑張って特訓していました
    が、横から見ていた娘にバチを取り上げられていました!
    (そして、私に弾いてと言わんばかりに渡してきました(笑

    そして、実家に遊びに行った時、
    じいじ(私の父)も「お?どんなんや?」と遊び始めたのがすごく面白かったです!
    どうやら木琴は見るとたたきたくなるみたいです!

    ボタンも1歳七か月の娘でも押せるちょうどいい大きさで
    しかもちゃんと絵を見て押すボタンを選んでてびっくり!
    可愛いイラストのボタンなので、ちゃんと認識できるみたいです☆
    一時期はももボタンブームで桃太郎ばっかり!
    今は演奏中に娘が横からどんどんボタンを押してきて、メドレー化しています(笑
    曲が変わるごとにきゃきゃきゃと笑って大喜び☆
    母も負けじと木琴演奏ついていきます!!
    家族みんなで楽しめるおんがくえほんもっきん☆オススメです♪

    掲載日:2015/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • うちは大喜びで遊びすぎて別のものをたたき、スティックをおりました、、、。

    でも、木琴絵本は珍しいです。おもちゃとしてもおすすめできます。子供は2歳からでも十分楽しめます。おすすめ!

    上の絵本を見ながら上手に演奏できるようになれるといいですね。

    掲載日:2015/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • レインボーのもっきん

    わぁ〜懐かしい!私が一番好きな楽器です!

    保育園の発表会で初めて木琴に触れて、小学校の音楽祭ではほぼ木琴を演奏していました(笑)

    手で叩くのと棒で叩くのとは、また違った楽しさがありますよね〜!
    ボタンで木琴、鉄琴、トランペットと音色が変わるのはもちろん、ボタンひとつひとつにも効果音があって、おもしろいです!

    普通の木琴や鉄琴は地味だけど、この木琴は鍵盤のレインボーがすごく素敵で、 見た目にも子どもを楽しませる工夫があって、とてもいいなぁ〜と思いました!

    掲載日:2015/06/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本物よりこっちが好き?!

    バチもついた木琴で、いろんな音楽を演奏できちゃう優れもののおもちゃです。
    パパは「やっぱり本物の音を聞かせたい」ということで、本物の鉄琴をプレゼントしていましたが、子どもたちはこちらの方を気に入ってしまって、パパも苦笑いでした。
    どこを叩けばいいか、ライトで教えてくれるし、小さいうちは、こういうおもちゃの方が楽しいのかもしれませんね。

    掲載日:2015/06/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 音階がきれい

    子供が小さい時から使っていました。
    木琴としてバチで叩くのではなく、キーボードの導入として使っていたので指で弾いていました。
    こういうタイプの絵本には珍しく、音階がきれいだったのでよく弾いてやっていました。
    今ではキーボードのおもちゃで遊んでいますが、時々引っ張り出してきては自動演奏を鳴らして歌ったり手遊びしたりしています。

    音がかえられたり、自動演奏があったり、自分で弾けたりといろいろな楽しみ方があるのでおすすめです。

    掲載日:2015/06/03

    参考になりました
    感謝
    0

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / キャベツくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.25)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット