大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

あそこへ」 みんなの声

あそこへ 作・絵:マリー・ルイーズ・フィッツパトリック
訳:加島 祥造
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2012年09月
ISBN:9784577040386
評価スコア 4
評価ランキング 18,373
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「あそこ」の概念

    “There”という一言。
    日本人が思う「あそこ」と外国人が思う「There」では微妙に違うかもしれません。
    私は、「あそこ」という言葉をさほど深みをもって考えたことはありません。
    しかし、この本を読んで、実に感慨深い概念だと再確認しました。
    「ここ」ではない「あそこ」は別世界なのです。
    遠いのでしょうか?
    大人の世界なのでしょうか?
    夢がかなうのでしょうか?
    怖いところなのでしょうか?
    誰もが目指すのでしょうか?
    いろいろ考えているうちに、少女は「あそこ」を目指すのは「明日」にしようと決めました。
    それほど、深みも距離感も重量感も可能性も…様々なものが詰まっている「あそこ」。
    きっと、そこまで考えることもなく多くの人は成長し、いつのまにか大人は「ここ」で手いっぱいになってしまっているのです。
    子どもたちが思う、「あそこ」に向かう夢を、一緒に考えたいと思いました。

    掲載日:2012/12/20

    参考になりました
    感謝
    2
  • 大人向けの本ですかね
    (絵はとってもきれいですし心に残る絵もあります)

    あそこ 女の子が鞄を持って「あそこ」を目指して 旅に出るところから始まります
    あそこ  抽象的な言葉です
    おんなのこは いろんな事を考えています
    作者の絵が いろいろ メッセージを込めて描かれていています
    読者はそれをどう受け止めるのか
    それぞれの人生観や 生きてきた経験がその答えを引き出すのかも知れませんし
    宇宙も見据え  あそこへむかって どう生きるかは自分次第と感じました

    ラストの

    あそこへは、あした いくことに しよう。
    そう きっと あした、ね 

    余韻ののこる終わり方です 
     
    さあ わたしは あそこ 目指して どう生きようかな?

    掲載日:2013/01/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 見知らぬ未来へ

     いわゆる自分探しのお話でしょうか。希望や不安は、人それぞれちがうから、「あそこへ」という表現になっているのかなと思いました。あまり、先のことを考えれない私には、むずかしかったです。

     主人公の女の子が、みしらぬ未来へ心の旅をする。これだけの想像力があることがすごいなと思いました。落ち着いた色合いで描かれた、女の子の表情がいいです。
     悩んでも、前にすすむことを教えてくれる絵本です。

     

    掲載日:2012/12/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 自分の進路に迷った時、背中を押して…

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳

    主人公は小学校中学年(10歳)くらいの女の子の姿をしていますが、このお話は小学生にはピンとこないかもしれません。
    もしも、このお話を人に読む機会があるとすれば、私は高校生以上の若い人に紹介したいです。
    自分の進路にふと迷った時、ちょっと背中を押してくるれる。そんな絵本ではないでしょうか?

    こういうタイプの作品が最近はとても多くなりました。
    もう、「絵本」というジャンルは小さな子どもたちのものだけではなくなったなぁ。と、本好きの一人としては嬉しく思います。

    掲載日:2012/11/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • ここではないどこか

    ヒトは誰しもここではないどこか「あそこ」を目指して生きて
    いるのかもしれません。経験値がない子どもだったらなおさらの
    こと。今いる場所からどこか「あそこ」に行ったらいろんなことが
    変るのかも、または、変らないのかも、とあれこれ想像してしまう
    ものなのでしょう。
    いや、でも、私も、いい大人になってしまった今でさえ思っています。
    私はどこに行くのだろう?あそこへ?あそこってどこ?って。

    掲載日:2016/11/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 謎めいた絵本ですね。

    「あそこへ」
    あそこって どこ??明確な答えがないまま、
    女の子がひとりでカバンを持って出かけていく。
    自分探しにしては年齢も小さい主人公だし、
    現実的ではないストーリーです。
    翻訳物だから 日本語に置き換えると
    ピンと来ないのか、
    短いストーリーですが不思議な感じがします。
    私のように人生50年以上過ぎ、
    「あそこ」という言葉が
    未来への道筋と解釈できれば
    この絵本のストーリーも私なりに納得がいくものでも
    ありました。
    小さいお子さんには少し難しいかな。。と
    想像しました。

    掲載日:2016/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • あそこって

    ひとりの女の子が、かばんをひとつ持って、出かけていきます。
    行き先は『あそこ』
    謎めいた題名ですが、読みながら、女の子と一緒に考え、何かを目指していこうという気持ちになります。それはどこなのか、いつたどり着けるのか、どんなところなのか、何がいるのか…
    もう、想像の世界はどんどん広がっていきます。そして、最後にはどうなるのでしょうか。画面の使い方も、色々な表現がされていて、ページをめくるのがとても楽しみでした。

    掲載日:2014/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「あそこ」って何だろう

    深く考えさせられるような内容だったので、大人向けの絵本だったのかもしれませんね。
    うちの子供は、わりと明確な答えやメッセージのあるお話が好きなので、この絵本は途中で見なくなりました。(文章は、とても短いのに・・・)
    絵は、綺麗でかわいかったと思います。

    掲載日:2013/03/31

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット