おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

きょうりゅう かぶしきがいしゃ」 みんなの声

きょうりゅう かぶしきがいしゃ 作:富田 京一
絵:古沢 博司 山本 聖士
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2012年09月25日
ISBN:9784593594245
評価スコア 4.29
評価ランキング 13,366
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • もしも現代に恐竜がいたら?

    幕張メッセで開催中の「恐竜王国2012」の会場で購入しました。著者さんとイラストレーターさんに、直筆のサインをもらって、息子も大喜び。

    もしも現代に恐竜が生きていて、いろいろな仕事をしたらどうなるか?という疑問から誕生したのがこの本。

    恐竜といっても巨大なものから、小回りのきく小型のものまでいろいろいますし、凶暴なもの、強い武器をもつもの、賢いものなど、その特徴もさまざま。

    凶暴な肉食恐竜ティラノサウルスにはビルの解体を、
    背中の板が自慢のステゴサウルスには広告宣伝係を。

    恐竜の絵もリアルで、それぞれの生態に合ったお仕事に就いているところが、恐竜好きの男の子にはたまりません。

    そして、最後のページにドキッとします。見た人だけのお楽しみですが。

    掲載日:2012/10/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 異色の、おもしろい恐竜本!!

    4歳の、恐竜が好きな息子と読みました。
    現代に恐竜が生きていたら…(しかも人類が世の中を支配していたら)…
    という異色の設定の恐竜本。
    とても面白い!!
    恐竜の生態や習性をよく知った著者が熟慮された上に、
    描かれている本なので、引き込まれます。
    …と思ったら、著者は富田京一さんなのですね!

    スピノサウルスが川の中で船をひいたり、テリジノサウルスが枯山水を描いたり、デイノニクスが犯人をつかまえたり…。
    つい最近、ジェラシック・ワールドを見て、その中でラプトルで犯人を捕まえようとする人物が出てきましたが、それより先をいっていますね。
    恐竜を飼う建物の断面図も秀逸です。
    登場する恐竜も、比較的新しく発見されたものが多いように感じます。
    そして、巻末の恐竜情報も充実していました。
    その上、最後のオチが!!

    恐竜を知る上でも、図鑑より頭に入りやすいとても楽しい絵本だと思います。
    息子も夢中です。

    掲載日:2015/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 恐竜がホントにいたら?

    • かがやきさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子13歳、男の子10歳

    小5弟に読ませたいと借りた本だったけど、
    中2兄が食いついた!
    さすが恐竜好き。
    絵本に出てきた恐竜をパソコンで検索していました。

    恐竜が現代に存在したら、
    十分人間と共存できる。
    特性を生かして、人間の役に立つ働きができる。
    バリバリビジネスマン☆
    リアルでホントにいてもおかしくない?

    恐竜好きには、たまらない本です。
    恐竜に親近感を覚えました。

    ラストに詳しい解説付き。
    恐竜の特性を生かして物語に書かれているので
    納得できます。

    恐竜に興味があるお兄さんでも楽しめます!

    掲載日:2013/07/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなのがあったら面白い

    動物園のように、もしくはアイドル事務所のように、恐竜の貸し出しをする会社。そこの受付のおねえさんも実は恐竜、、、

    最後のオチが割と面白いです。

    あとは絵で後ろにスカイツリーや浅草のアサヒの金色のモニュメントまで出ているので、見ていて大人も面白いです。

    掲載日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 恐竜好きにはたまらない!

    恐竜好きの息子がお年玉で買ってきた絵本です。確かにこれは恐竜好きにはたまらないでしょうね。
    現代によみがえった恐竜が、その特性を生かして働きます。頭でくぎを打ったり、爪で犯人を捕まえたり、草食動物は庭園をきれいにしたり。枯山水まで描く恐竜がいて笑っちゃいました。
    かと思えば、ものすごい量の餌を食べたり、糞の始末が大変だったり。
    なんだか怖いイメージの恐竜が身近に感じられて、不思議な絵本です。
    ところが最後は…この予想外の展開も面白かったです。

    最後に「恐竜が現代に生きていたら…」のページ。各ページの解説に豆知識がふんだんにちりばめてあって、息子も大満足していました

    掲載日:2013/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 現代に恐竜がいたら…っていう切り口のお話です。
    いろんな仕事に借り出される恐竜。
    なんで画家さんが二人いるんだろう〜って
    思いましたが…。図鑑的な要因もあるので
    そんなに気になりませんでしたが、
    子どもが、絵が少し違うって発見して
    ああ、ほんとだ、そういわれたら…って
    感じで気がつきました。
    いろんな仕事をしている恐竜を見て、
    「なんで〜恐竜なのに〜」と
    ケラケラ笑いながら楽しんでいました。
    子どもってやっぱり男女問わず恐竜すきですね。

    掲載日:2012/12/25

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット