モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

メガネをかけたら」 みんなの声

メガネをかけたら 作:くすのき しげのり
絵:たるいし まこ
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2012年10月01日
ISBN:9784097264859
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,722
みんなの声 総数 29
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

29件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 3人の子供たちは成人し、2人の孫がいる立場ですが、
    私自身が今、いろんな絵本に関心があります。

    私は老眼になるまで
    すごくよく見える眼でした。
    長女は3歳で乱視が見つかり 幼稚園からメガネで矯正していました。
    次女も斜視があり 早くから眼の手術や矯正をしていました。

    そんな経験から
    親の立場、先生やお友達、
    子供の気持ちがこの絵本からリアルに伝わってきました。

    現代は検査も行き届き、早くからメガネをかけることで
    より良い状態に成長させていくことができましたが、
    当時 私自身が不安だったこともあり、
    そのころに この絵本を親子で読みたかったなぁと思いました。

    子育てに不安はつきものですが、
    この絵本の先生方や お父さん、お母さんが
    こんなふうに関わっていると、
    子供たちは優しい気持ちになれるんですね。

    ぜひ いろんな方に読んでいただきたい
    私からのオススメです。

    掲載日:2015/04/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 共感できます。

    • 多夢さん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子12歳

    私が初めてメガネをかけたのは、小学生高学年の時。
    そして、娘も同じくメガネをかけています。

    初めてメガネをかけて学校に行く時、
    なんて言われるんだろう。変じゃないかな。
    笑われるかも・・・などと、ドキドキして学校に行ったものです。
    誰だって、人の反応が気になりますよね。

    メガネをかけなくてはいけなくなった主人公のわたし。
    メガネ屋さんの店員には、
    「とってもおりこうそうにみえますわ!」とか
    「かわいくみえますわ。」とか言われる度にひがんでみたり、
    おかあさんやおとうさんになだめられても、難癖をつけてみたり・・・
    わたしの心は、不安だらけなんですよね。

    でも、まわりの先生方の優しさに救われます。

    メガネをかける子が、一度は通る道。

    まわりの人の優しい心配りが、大切だなって思いました。

    娘が初めてつけていった時、
    みんなが集まって、「かけさせて。」と大騒ぎになったそう。

    最近、またメガネを買い替えなくてはいけなくなって・・・
    (一年前に、買い替えたばかりなのに。)
    娘は、ちょっと個性的なメガネが好みのようで、
    今回、選んだメガネも、ともだちにはどんな反応をされるのか、
    今でも気になるようです。

    これからメガネをかけなければいけなくなったお子さんに、
    不安なのは自分だけじゃないんだよって教えてあげてください。
    そして、メガネをかけることは恥ずかしいことではないんだよって。

    掲載日:2013/05/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • 主人公の気持ちはとてもよくわかります

    この主人公の気持ちはとてもよくわかりますね。
    学校で誰もかけていない眼鏡を自分だけかけるって、どんなに
    勇気のいることかと思いました。
    でも、お父さん、お母さん、特に、担任の先生が素晴らしいです。
    もしも、メガネをかけたら、、、の空想の数ページはすごく面白いですね。
    なんだかミュージカルのシーンみたいで楽しかったです。
    メガネをかける人も、友達がメガネをかけてる人も読んだら楽しくなる絵本ですね。

    掲載日:2016/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気持ちがよく描かれている絵本です。

    メガネをかけなくてはならなくなった女の子の気持ちがよく描かれている絵本だと思いました。
    確かにそう思ってしまうよね。。。
    先生の優しさお母さんの気持ちと行動,この絵本に出て来る大人達も素敵ですね。
    親の私自身もメガネをかけている立場なのでその気持ちもわかったりと共感した部分も多い絵本でした。
    我が子には「姿勢をよくね」「テレビ見すぎない」などとメガネにならないように色々と読みながら言ってしまった私ですが。

    掲載日:2016/03/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 共感!

    試し読みで読ませていただきました。
    私も幼少時から視力が悪く、メガネをかけていた子供でした。
    子供の時って、メガネに対する抵抗感がありますよね。
    私もメガネをかけて学校に行かなくてはいけないときの辛い気持ちを思い出し、読みながら泣きそうになってしまいました。
    でもこんな素敵な先生たちがいたら、メガネをかけることに抵抗もなかったんだろうな…。
    この本を通してメガネを嫌がる子供へのやり取りを参考にしたいと思いました。
    とても共感できて、すてきなお話に大満足です♪

    掲載日:2016/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しい先生

    7歳長女に読みました。

    小学生になると、メガネをかける子がちらほら出てきます。初めてメガネをかけた時にお友達から「メガネ、メガネ」とからかわれたと言っていた長女のお友達。そんな話を聞いて、わが子もいつかメガネをかけることがあるかもしれない、バカにされることもあるかもしれない、そういうときのことを思って借りました。優しい先生のおかげでメガネをかけることを受けいれっれた女の子。先生や大人にこそ読んでほしいなと思います。そして、子供にも読んであげて、みんなと違うことに対する偏見みたいなのが減るといいなと思います。

    掲載日:2015/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • メガネ

    表紙を見た時に、「あ、この女の子、うちの娘に似てる」と思いました。

    我が家では娘も息子も、小学生からメガネをかけています。
    今でこそ、無くてはならないものとなりましたが、やっぱり最初は、この絵本の女の子のように嫌がったな・・と思いながら読み聞かせました。

    読んでいるうちに、「ああ、これは私自身だ」と思いました。
    私も小学生の頃から目が悪く、メガネをかけるのは嫌でたまらなかったのです。
    男の子も嫌でしょうが、女の子は特に見た目を重視しますから・・・

    この絵本では、女の子がメガネをかけるのを嫌がらないように、お母さんも、担任の先生も、学校中の先生方もみんなで応援してくれます。
    そのおかげで、クラスの友だちも、誰も悪く言う子はいませんでした。
    周りのフォローというか、気配りって大事ですよね。

    現実にはそう上手くいかないこともあるかもしれませんが、この絵本を読んで、「メガネってそう悪くないかも」と思えたらいいな、と思いました。

    掲載日:2015/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • やさしい

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    初めてメガネをかけるって抵抗がある子が多いでしょうね。ましてやクラスにメガネの子が一人もいないとなるとこの子の気持ちが分かる気がします。
    でもメガネはかける必要があるからかけるのですから、ね。
    先生やお母さんがわざわざ普段はかけていないメガネを女の子のためにかけてくれるのはやさしさを感じました。
    最初はいやでもおもいきってかけてしまえば自分もまわりもきっとすぐに慣れてしまいますよ!

    掲載日:2014/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • やさしさの見えるめがね

    子どもにとって、メガネをかけたり、何かいままでの自分と変わることって、とても抵抗感のある事だと思います。
    それが自分の本意ではなかったら。
    回りの目を気にする気持ちが強かったら。
    そんな子どもの気持ちを和らげるにはどうしたら良いのでしょうか。
    この絵本は、オーバー気味ではあるけれど、そんな場面をやさしく包んでいます。
    先生の優しさが光りました。

    掲載日:2014/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勇気がいることだけれど・・・

    周りとは目に見えて違うことをするって、勇気がいりますよね。

    しかもそれが、自分の意思とは関係なく
    半ば強制的にしなくてはいけないことだとしたら・・・。

    この女の子の、前半の憂鬱な気持ち
    後半の安心した気持ちが、とても良く伝わってきました。

    こんな先生がいてくれたら、とっても頼りになりますね。

    私も、小学生の時にはじめてメガネをかけました。
    さすがに、もうメガネには慣れましたが
    髪を切った翌日に仕事に行くのは、少し緊張します。

    メガネをかける時、髪を切った時。
    みんなにどう思われるかなって、周りの反応が気になるけれど
    自分が「とっても良い!」と自信をもてれば、
    見せるのが楽しみになるかもしれませんね。

    掲載日:2014/01/09

    参考になりました
    感謝
    0

29件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / よるくま / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット