すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

ひみつのマーメイド まほうの貝のかけら」 みんなの声

ひみつのマーメイド まほうの貝のかけら 著者:スー・モングレディエン
翻訳:柴野理奈子
出版社:株式会社KADOKAWA メディアファクトリー
本体価格:\800+税
発行日:2012年03月
ISBN:9784840145220
評価スコア 3.67
評価ランキング 31,365
みんなの声 総数 2
「ひみつのマーメイド まほうの貝のかけら」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 絵がかわいい

    • たんさんさん
    • 40代
    • ママ
    • 福井県
    • 女の子15歳、男の子10歳、女の子8歳

    3年生の娘に買いました。
    挿絵がとてもかわいいです。
    内容もおもしろいです。
    普通の女の子が夜にマーメイドの姿になり、
    海の平和を取り戻すために、友達マーメイドと力を合わせる冒険ものです。
    中学生の娘もどんどん読んでいきました。
    字も大きいのですが、挿絵から挿絵までが少しあり、本に慣れていない子が一人で読むにはちょっとむつかしいかもしれないと読み聞かせをすることにしました。興味深く聞き入っています。絵がとてもかわいいので手元に置いておきたい本です。

    掲載日:2017/08/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • モリーはある日、海の近くの家に引っ越してきます。おばあちゃんにもらった貝のペンダントで、なぜか夜、マーメイドになってしまいます。海で他のマーメイドたちに会い、女王からひみつのマーメイドの成り立ちや役割について教わって、みんなのためになりたいと決意するモリー。

    夜の間しかマーメイドにならないようですが、続編でどうなっていくのか大変楽しみな作品です。

    絵が日本人なので、ぱっと見た感じで日本人の作家の作品かと思ったら、外国の人の作品で、挿絵と訳が日本人でした。絵が可愛いので、うちの娘は喜んで(読めないのに)読もうとしていました。日本人の子供たちにも受け入れやすいと思います。小学生低学年から読めそうです。

    掲載日:2012/09/12

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット