もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ボビーとやぎのエグランチーヌ」 みんなの声

ボビーとやぎのエグランチーヌ 作・絵:ピエール・プロブスト
訳:山下 明生
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2004年
ISBN:9784776400622
評価スコア 4
評価ランキング 18,960
みんなの声 総数 4
「ボビーとやぎのエグランチーヌ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • シリーズ

    以前同主人公が登場する絵本を読んだことがあり親近感が湧いたのでこの絵本を選びました。拍子の卵が割れた描写が臨場感たっぷりで良いと思いました。主人公が自分に酷い仕打ちをされても人を助けてあげるのが素晴しいと思いました。主人公の優しさに胸があつくなりました。主人公の住んでいる場所もとても自然が豊で魅力的でしたシリーズで読みたい絵本です。

    掲載日:2010/07/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • マイペース

    やぎのエグランチーヌのマイペースに、ボビーは災難続きです。

    やっぱりボビーに同情してしまいます。

    でも、エグランチーヌの遠慮のない自分自身に正直なのはストレスがな

    くていいだろうなあって思ってしまいました。

    ボビーは、ちびねこを見捨てないで勇敢に助けるのに感心したし、つる

    べを巻き上げてボビーやちびねこを助けるエグランチーヌも本当は思い

    やりがあって優しいのだと見直しました。

    掲載日:2011/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ボビーに同情

    カロリーヌのプチえほんシリーズの1冊です。

    このシリーズいろいろな動物が登場するようで、今回はボビーとエグランチーヌの組み合わせです。張り切るボビーに比べて、エグランチーヌはマイペースです。荷車を引かせても自分の思う方向にしか進みません。

    エグランチーヌのせいで、ホビーはシーソーのように飛んでしまうし散々な目に遇います。今回はちょっと辛口のドタバタコメディという感じで、フランスではこういうのが受けるのでしょうか?前半のボビーには笑うというより同情しました。

    後半は、終わり良ければという風で、いい感じに仕上がっていると思いました。

    掲載日:2007/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • エグランチーヌのおかげでボビーは散々

    • YUKKOさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子7歳、女の子5歳、女の子3歳

    2004年4月より毎月2冊ずつ刊行された、
    「カロリーヌ プチえほん」の中の1冊。

    やぎのエグランチーヌは果物や木の実を見つけると
    荷車を引いていることをすっかり忘れて
    一目散で食べに行こうとします。

    おかげで、荷車の上のボビーはひっくり返ったり
    段梯子のバランスを崩して飛ばされたり、散々です。
    でも、こういうシーンって子供たちにはウケるみたい。

    ラストの「僕だって君たちが だーい好きさ」と
    友達に言いたかった…というシーンがありますが、
    フランス的な愛情表現なのでしょうか。

    訳者は「バーバパパ☆シリーズ」を手がけた、
    山下 明生(はるお)さん。

    先に「ボビーとともだちグリゼット」を読んだのですが
    ストーリーにも文面にも違和感があって
    あまり受け入れられませんでした。
    同じシリーズでも、こちらは楽しく読ませてもらいました♪

    掲載日:2006/01/19

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(4人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット