ねぼすけ ふくろうちゃん ねぼすけ ふくろうちゃん
作: マーカス・フィスター 訳: 林 木林  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
祝「にじいろのさかな」25周年 マーカス・フィスターのデビュー作!

しずかな しずかな クリスマス・イヴのひみつ」 みんなの声

しずかな しずかな クリスマス・イヴのひみつ 詩:クレメント・クラーク・ムーア
絵:アンジェラ・バレット
訳:石井 睦美
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2012年10月20日
ISBN:9784776405474
評価スコア 4.83
評価ランキング 154
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 理想のサンタクロース、感動です!

    子供に『サンタクロースはこんな人なんだよ。』と教えたくて、色々探しました。
    サンタクロースにスポットを当てた絵本は沢山有りますが、キャラクター物や、コミカルなサンタクロースなど、私のイメージに合わない物が多く、迷っていました。

    この絵本は、皆が寝静まってから、静かな雪景色の中、トナカイのソリに乗ったサンタクロースが、煙突から家の中に入り、靴下にプレゼントを入れて行く・・・
    理想通り、本来有るべき姿のサンタクロース、こんな絵本を探してました。

    2歳の息子には、文章がちょっと難しく、絵も繊細過ぎるかな?とも思いましたが、何より私が気に入り『今年はあまり食い付かなくてもいいかな〜!』位の気持で購入しました。

    絵本棚に置いていたら、以外にも息子も気に入ったみたいで、何度も「これよんで!」と持ってきます。
    1人で、絵本を開きながら、絵をじっと見つめながら「サンタさんが、トナカイのソリにのってる〜」などと言っていて、微笑ましいです。

    大人でも見入ってしまうほど、綺麗な絵で、とても素敵な絵本に出会いました。

    掲載日:2012/12/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • 美しい詩と幻想的な挿絵

    クリスマス絵本の新刊ということで読んでみました。『クリスマスのまえのばん』で有名な、クレメント・ムーアの詩がもとになっています。美しい詩と幻想的な挿絵で、クリスマスイブの神秘的な雰囲気を存分に味わえました。
    「クリスマス・イヴです。いえじゅうがしずまりかえっています。ねずみだってねむっています」という言葉で始まるのですが、こどもたちがきまってねずみを探し、1ページ目から夢中になっていくのがわかります。
    部屋に置いてある調度品も、砂糖菓子の妖精も、子どもたちが寝ているベッドカバーも、クリスマスツリーも、どれをとっても美しくて、見とれてしまいました。
    いよいよ登場したサンタさんは、白い衣装に、くりっとした目。私たちの思い描くサンタさんとはひと味違いましたが、それもまた素敵でした。
    この詩は、いろいろな作家さんが絵本にしているようなので、読み比べてみるのも楽しそうです。他の絵本も探してみます。

    掲載日:2012/12/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 幻想的な美しい絵

    昨日はクリスマスイブでした。実際の私は、凄く現実的ないつもの変わらない夜でしたが、「しずかな しずかな クリスマス・イブのひみつ」には、とても幻想的な美しい絵と詩に魅入ってしまいました。絵本の世界に入ることが出来て本当に幸せだと思いました。

    掲載日:2016/12/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 英語圏では有名でいろいろなクリスパスパロディの元ネタになる詩をもとにした絵本(The night before Christmas)というタイトルで有名
    余談だけれどディズニーで有名なThe nightmare before Christmasもこの詩のタイトルがベースになっている

    子どもたちが眠った後の家ではこんなことが起きています・・・
    というところからストーリーが始まります。

    絵が素敵!まるで知らない人の家に入り込んだような視点で描かれているので
    とても楽しめます。

    サンタが途中から現れますが
    絵では何をしているのかよくわからないので
    2歳の娘には不評でした。

    掲載日:2016/12/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 豪華!

    クレメント・ムーアのおなじみの物語。アンジェラ・バレットの絵だと、なんて豪華なのかと目をうばわれました! 室内の装飾まで、みどころ満載です。じっくり静かに堪能したい絵本です。
    絵によって、まるで雰囲気がかわるこのお話。読み比べるのが、クリスマスの楽しみのひとつです。

    掲載日:2016/11/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • クリスマス直前に♪

    5歳の息子が何度もリピートしています。

    クリスマスが近くなった頃に、図書館で借りてきました。

    サンタさんの存在を信じている子には、ぴったりの絵本です。

    読み聞かせをしていると、大人の私もワクワクしてきます。

    クリスマスって、素敵だなと感じます。

    サンタさんがどうやって子供たちの所へプレゼントを届けに来るのか?

    子供心をくすぐるHAPPYなクリスマス絵本です。

    掲載日:2014/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵過ぎる絵

    クリスマスに向けて子供たちに借りました。絵がとってもとっても素敵で、見とれてしまうほどです。子供たちが寝ている場面があるのですが、砂糖菓子の妖精が出てきます。その妖精がまたまた可愛らしく、長女と一緒に「可愛いー」と言って見とれました。

    サンタクロースが登場して、お家の中に入って出る場面は「サンタさんすごい!」と子供たちは感動。煙突の上に立つサンタクロースには威厳を感じました。大人にも子供たちにもおすすめの1冊です。

    掲載日:2014/01/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • とても美しく幻想的

    クリスマスが近づくと本屋さんや図書館にはクリスマスの絵本コーナーができ、わくわくします。今年は、表紙の絵の美しさに惹かれ、この絵本を手に取りました。
    本当にどのページも美しく、幻想的です。
    サンタクロースに会いたくて、毎年眠気と戦っている娘にとっては、サンタさんに会うためのヒントを得たようで、なるほどぉと叫んでいました。
    今年は会えるかな(笑)

    芸術性の高い絵本だと思います。手元においておきたい1冊です。

    掲載日:2013/12/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一度すべてを揃えて読み比べてみたい

    「クリスマスのまえのばん」としてよく知られているムーアの詩に絵がつけられた作品です。

    ターシャ・テューダー、ツヴェルガー、デュポアザンといろいろな作家が絵をつけていて、一度すべてを揃えて読み比べてみたいと思っている作品でもあります。

    この本のサンタクロースの衣装は白。作品によっては赤だったり黒だったりするので、私がいつもチェックするところでもあります。

    この作品は、青を基調にしたとても美しい上品な絵でした。絵だけを見ていても詩の感じが伝わってきます。
    訳が石井睦美さんというのも注目したところです。

    どの絵本がどうというのは私も決めかねるところですが、一度すべての本を揃えて一同に会し、夢の競演をやってみたい作品でもあります。

    掲載日:2013/01/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ホワイトクリスマスの静寂

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子19歳、男の子16歳

    クレメント・ムーアの詩には、いろいろな画家が絵を添えていますが、
    アンジェラ・バレットの絵はとても美しく、大人もため息の世界です。
    石井睦美さんの訳は、題名の訳出でもわかりますが、
    その絵の雰囲気を十二分に引き立てるものとなっています。
    ホワイトクリスマスの静寂、でしょうか。
    クリスマス・イブの夜、一家のお父さんが目撃したサンタクロースの様子。
    もちろん、暗黙のアイコンタクトで「秘密」と確かめ合った光景も、
    静寂ですからね。
    この解釈は、新鮮でした。
    後世のサンタクロース像の原型になったとも言われる、
    ムーアの詩による造形が見事ですね。
    子どもの夢も大切にしてあるところもいいですね。
    何よりも、大人が目撃したサンタクロースです。
    大人にとっても、素敵な存在なのです!
    ムーアの奥深い詩の魅力をあらためて感じました。

    掲載日:2013/01/10

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


読みながらしりとり遊びができる“おいしいことば遊び”絵本

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.83)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット