十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

ぼくは松葉杖のおじさんと会った」 みんなの声

ぼくは松葉杖のおじさんと会った 作・絵:ペーター・ヘルトリング
訳:上田 真而子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1988年11月
ISBN:9784037264109
評価スコア 4
評価ランキング 22,888
みんなの声 総数 1
「ぼくは松葉杖のおじさんと会った」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 家族の絆と、それ以上の人間愛。
    これほどの思いやりがあるのだろうか。
    終戦直後のウィーンで、混乱の中で母とはぐれてしまった一人ぼっちの少年トーマスが、親戚のおばさんの家を訪ね歩いてきます。
    家は戦禍で形もなく、玄関跡に座る女に邪険に追い立てられるようにしてさまようトーマス。
    そんなところで知り合ったのが松葉杖のおじさん。
    胡散臭くも思えるあやしいおじさんが、トーマスの母親探しとトーマスが生きるために、ここまでできるのだろうかというほどの、愛情を注ぎ、母親との再会までの旅を共にしてくれます。
    読んでいて涙が出てきたのです。
    戦後の混乱の中で、生きるための生々しさ。
    その中で、「松葉杖」はトーマスのことを考え続けます。
    「松葉杖」の人間臭さと、博愛とが、様々な出来事の中で、トーマスとの絆を深めていきます。
    最後のシーンで、トーマスは母親と再会します。
    けれど、振り向くと「松葉杖」の姿はない。
    戦争を経験し、自ら悲しい思いを持っているヘルトリングだから、ここまでかけるのでしょう。
    戦争は遠い過去になりました。
    でも、「絆」という言葉の意味が再認識されている今、この本の入手が難しいことがとても残念です。

    掲載日:2012/09/20

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どうぶつドドド
    どうぶつドドドの試し読みができます!
    どうぶつドドド
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    動物をたくさん置いてドミノ倒しをしよう!第22回日本絵本賞読者賞【山田養蜂場賞】受賞


新しい命との出会いと戸惑い、そして心からの喜び

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット