ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

さよならわたしの本屋さん」 みんなの声

さよならわたしの本屋さん 作:ペーター・ヘルトリング
出版社:さ・え・ら書房
本体価格:\1,330+税
発行日:1996年10月
ISBN:9784378007489
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,548
みんなの声 総数 1
「さよならわたしの本屋さん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 多感な少女と世間の誤解

    両親の離婚。
    自分をママではなく、名前で呼ばせようとする母親と、その交友関係。
    多感な少女イエッティは、友だちとの人間関係に疲れ、知り合った本屋さんと本の世界に拠り所を見つけるようになりました。
    現代的なテーマと、戦争体験者としての本屋さんの語る話の中に、ドイツの社会構造があるのかもしれません。
    閉店後の本屋で影絵話を見ただけなのに、窓を閉ざして少女一人を店の中にいさせたことが、世間の大きな誤解を呼び、噂のために商売ができなくなってしまった本屋さん。
    理不尽さはあっても、世間の目と風評についても考えさせられます。
    子どもの精神世界と、ときおり顔を見せる大人社会の微妙な絡み合いが、ヘルトリング的に展開されていて、説得力を感じました。

    掲載日:2012/09/21

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット