だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

おおきなはてな」 みんなの声

おおきなはてな 作・絵:ヴォルフ・エルブルッフ
訳:上野 陽子
出版社:朝日学生新聞社
本体価格:\1,000+税
発行日:2012年05月
ISBN:9784904826553
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,023
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 素晴らしい表現

    • ラーさん
    • 60代
    • その他の方
    • 広島県

    なぜ生まれてきたのか?という問いはまだ難しいのではないかと思いながら、6歳の子どもに読んだのですが、描かれていることをそのまま受け取って、石やママやおねえちゃんなどの答えに共感していました。
    素晴らしい表現に年齢は関係ないのだと思いました。

    掲載日:2014/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分は何のために生まれてきたのだろう。
    自我が育ってくると、誰もが通過する疑問の扉です。
    本人からすると、意外と深刻な疑問だったりするのですが、そんな時この絵本がお薦めです。
    この『おおきなはてな』では、さりげなく些細なことだったり、攻撃的だったり、意外なことだったり、様々な生きる理由が、いろいろな人や動物や、時には数字や石ころによって語られています。
    あまり構えずに連想的に書き連ねてみると、結構自分が存在している理由がいっぱい見つかるのです。
    絵本の最後に、読者本人が生まれてきた意味を列挙するスペースがあります。
    さりげなく前向きな本だと思いました。

    掲載日:2012/09/28

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット