貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ねこの船」 みんなの声

ねこの船 作:こやま峰子
絵:渡辺 安芸夫
出版社:自由国民社 自由国民社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2002年05月
ISBN:9784426883102
評価スコア 3
評価ランキング 40,208
みんなの声 総数 1
「ねこの船」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 戦争と猫

    戦争と動物たちの話に犬や馬や家畜は出てくるけれど、猫の物語は初めてのように思います。
    オランダでクリスチナの家族に飼われていた、猫のレイモンとフロラ。
    一家がドイツ兵に収容されたために、アパートに取り残されることになりました。
    収容所に送られた人のことと一緒に考えるのは軽薄ですが、飼い主を失った猫はこのように生きたのだろうと考え込みました。
    収容所から、生き残ったお母さんが帰ってきました。
    家族は失ってしまったけれど、かつての飼い猫が生きながらえていることに心を安らがせました。

    この絵本のお話は、その後の猫の話にまでつながります。
    飼い主を亡くした猫たちのために、猫の船という施設がつくられたのです。
    飼い主を失って生きていくことができない猫のための施設です。

    福島原発事故のために多くのペットたちが置き去りにされました。
    かつては三宅島から島民全員の避難退去などというものもありました。
    ペットや家畜はどうしても置き去りにされてしまうのです。

    この絵本から、残念ながら戦争の悲惨を読み取ることは難しいように思います。
    しかし、ペットたちのための平和ということについては、考えさせられます。

    掲載日:2012/09/28

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


あざやかな色彩と造形!赤ちゃん絵本の王道いないいないばあ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット