もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

小さなりゅう」 みんなの声

小さなりゅう 作:長井 るり子
絵:小倉 正巳
出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2009年05月
ISBN:9784337330733
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,442
みんなの声 総数 2
「小さなりゅう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 人生啓発本?

    • 環菜さん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子7歳、男の子6歳

    2年生の息子の夏休みの読書用に…と思って選びました。
    卵から生まれたばかりの龍の子。親もいない。龍の子はまず自分が誰か分からないまま歩き始めました。
    「からっぽ からっぽ からっぽだ。ぼくの おなかは からっぽだ。」と店舗の良いフレーズが可愛らしい龍の子供にぴったり。
    ちょっと長い絵本?と思いきや、読み終わってみると、実は結構深〜い人生啓発本(子供向け)のような感じでした。
    自分探し、自分にできること探し、生きていく方法を探す。そういうちょっと難しいけれど大切なことを、子供に伝えられそうです。

    掲載日:2014/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛おしい

    浜辺のたまごから一匹のちいさなりゅうが生まれてきました
    自分がいったい何者なのかもわからない・・・
    ただただおなかがすいていて「からっぽ からっぽ・・・」と歌を歌いながら歩いていくと・・・・
    であった友達によって、自分が何者なのか、何をしたら良いのかを少しずつ学んでいく姿が、愛おしい感じです
    「・・・食べ物はじぶんで・・・」というかめのおばさんの言葉は、生きる方法を示唆しているのかな・・・?

    内容もわかりやすい幼年童話です

    掲載日:2012/10/02

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



イギリス発・なかよし兄妹の絵本シリーズ

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット