モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

ごきげんなライオン すてきなたからもの」 みんなの声

ごきげんなライオン すてきなたからもの 著者:ルイーズ・ファティオ
絵:ロジャー・デュボアザン
訳:今江 祥智 遠藤 育枝
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2012年09月20日
ISBN:9784776405498
評価スコア 4
評価ランキング 18,977
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 一番大切な物

    このお話は、動物園にいるライオン夫婦が自分たちの遺言を残すお話でした。自分たちの大切なものをいろいろ考えて、でも、全部が動物園の物でした。一生懸命に自分たちの物で大切なものを探してやっとっ見つけました。それは、動物園の他の動物たちが大好きだという事。とっても素敵なお話です。

    掲載日:2014/07/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんな ごきげん

    ごきげんなライオンくんの「遺言状」作りから、物語は始まります。
    子供からは「遺言状って何?」と聞かれたので、少し説明しました。
    なじみのない物ですからね。
    ごきげんなライオンくんは、なによりの宝物があったのですね。
    ライオンくんだけでなく、みんなが、そのことに気がつけて本当に良かったと思います。

    掲載日:2013/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本の中にいきなり出てきた「ゆいごん」という言葉にびっくりしました。
    遺言なんて子どもには解らないだろう。
    でも、自分がみんなに何を残したいかという気持ちならば話はできるかも。
    ライオン君には友だちがいっぱいいます。
    その友だちに何を残せるか、考えたら動物園の自分の居場所は自分のものではない。
    そこから先はちょっと難解です。
    精神的な遺産。
    「ごきげんなライオン」のこの一冊は哲学的で、ちょっと難解です。

    掲載日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • たからもの

    • こりえ♪さん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子6歳

    ごきげんなライオン。シリーズ6作目です。
    出だしからいきなり「ゆいごんじょう」のお話?
    あら…どうなんだろう?と思ったのですが、ライオンくんのもっているすてきなたからものを見つけるのがテーマとなるお話でした。

    たからものがなにか、フランソワくんがひみつにしなければこんな揉め事は起こらなかったのではないか…というツッコミはおいておいて。
    たからものさがしに夢中になるどうぶつたちの変化に、娘はそれはもう心配して顔色がどんどん曇っていきました。
    結果、ライオンくんはたいせつなたからものに気づき、どうぶつたちも仲直り。
    娘もホッと一安心した様子でした。

    問題が起きて、そこで改めて大切なものに気づく。
    私たちの日常でもよくあることで、当たり前すぎて気づかない幸せってあるんだよね〜と改めて思いました。

    掲載日:2012/11/16

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット