だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

しん太の昔遊び」 みんなの声

しん太の昔遊び 作:安川眞慈
出版社:木耳社
本体価格:\1,500+税
発行日:2006年08月
ISBN:9784839359010
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
「しん太の昔遊び」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 書壇の方が作った昔遊び絵本!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳

    著者は元々書壇の方のでした。
    画も字も、字も画も表現の1つとして描かれているような感じを受けるとても優しい筆使いをされています。

    昔の遊びがたくさん出てきます。
    私も子どもの頃に、この絵本に紹介されている遊びはほとんどやりました。やっていないのは「トンボとり」と「すずめとり」くらいです。
    すずめ捕りはやったことはないですが、こういう捕り方をしている近所の人は見たことがあります。

    うちの子どもたちと、この本の遊びの話をしましたが、どうも今の小学校では(学校の方針にもよると思いますが)、「危ないから」という理由で、子どもたちに「馬乗り」はさせないそうです。
    自分の記憶ではかなり小さい時から、近所の子どもたち(異年齢で)「馬乗り」も「馬飛び」もしてましたが、
    こういう“遊び”ですら危険といわれてしまう時代なんだな〜と、改めて思いました。

    その代わりといってはなんですが、
    今あちこちの小学校では昔「子どもだった」大人たち(おじいちゃんおばあちゃん)を中心に放課後の学校を開放してもらって、
    子どもたちに「昔の遊び」を教えてくれているところがたくさんあります。(特に埼玉県の小学校では盛んです)

    この絵本のしん太のように、子どもたちは昔遊びに触れるととっても楽しく遊んでくれます。
    身体を使い、頭を使い、肌で触れあう遊びは人間の形成にとても大事だと思います。
    この絵本をきっかけに、昔遊びをやってみたい子どもたちがどんどん増えるといいなぁと、思います。

    掲載日:2012/10/04

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット