アリとくらすむし アリとくらすむし
写真・文: 島田 たく  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
アリとくらす、知られざるむしたちにせまる写真絵本。アリに姿をにせて身をかくすむしや、アリと助けあうむしなど、驚きの姿を大紹介!

ころころ にゃーん」 みんなの声

ころころ にゃーん 作・絵:長 新太
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\390+税
発行日:2006年04月
評価スコア 4.68
評価ランキング 1,712
みんなの声 総数 21
「ころころ にゃーん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 色々な解釈が出てきそう

    • ぴいママさん
    • 20代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子4歳、男の子2歳、女の子0歳

    2歳9ヶ月の次男に。
    ネコの上にころころと丸い物体が転がってきたと思ったら、次のページで丸い物体は子猫に。これが何回か続くお話ですが、果たしてこれが親猫に甘える子猫なのかは分かりません。なんかちょっと親猫が不機嫌に見えるからです。最後は大きな丸が大きなネコになって、親猫はつぶされています。通り過ぎた最後のページでは、去っていく丸い物体を思いっきり睨んでいます。さっきのは誰?お父さんネコ??
    色々な解釈が出てきそうな作品です。

    掲載日:2013/02/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもの心をさりげなくくすぐる長さんの絵

    二歳の息子が私の家から借りて行った本です。

    最近のお気に入りは丸。

    猫がまるくなっているところは、丸に見えますね。

    丸があるし、子どもの心をさりげなくくすぐる長さんの絵ということで、この本も気に入ったようでした。

    赤ちゃん絵本だけど、発想がおもろしくて、クスッと笑えます。

    掲載日:2009/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 転がる子猫たち

    丸まった子猫たちがお母さん猫の背中に転がってくるお話です。

    2歳児の子に読み聞かせをした時、大きな猫を見て「あっ!これお父さんだ!」と言っていました。
    子どもなりに色々と感じることのできる一冊だと思いました。

    また、「ころころ にゃーん」の繰り返しが心地良くて好きです。
    ピンクのペン一色で描かれているのが印象的ですが、全体を通して母親猫の優しさが伝わってきました☆

    長さんは優しかった
    ピンクのペン一本で描かれた、赤ちゃん向けの絵本が
    長新太さんの遺作となりました

    掲載日:2008/06/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 長さんの温かな思いが伝わります。

    ピンク一色で描かれたこの絵本は、長さんの絵本なんだけどちょっと違うような・・・
    そんな印象を受けました。

    親ネコと親ネコに甘えるような子ネコの姿。
    最後に登場する人物。

    テレビで長新太さんの特集を見て知ったのですが、、、
    この絵本は、長さんの息子さんがお腹に娘さんを乗せているところを見て、あっという間に描き上げた絵本だそうです。

    遺作になってしまった絵本。
    改めて読み直してみると、絵本の展開もピンク1色を選んだのも、家族に対する長さんの温かい想いが溢れてくるように思います。

    掲載日:2008/04/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さな赤ちゃんに

    うちには4ヶ月になる女の子がいます。まだ絵本を読んであげるのには早いかなあ、と思っていたのですが図書館で0歳児向けの絵本があったので早速読んであげました。絵がとてもシンプルで使ってある色も一色だけなので小さな赤ちゃんには見やすいみたいで、ジーっとページを見つめていました。文章も「ころころ」と転がってくる音と「ニャーン」という猫の鳴き声だけなので、娘も興味を示してくれました。特にニャーンという猫の鳴き声が気に入ったみたいで私がにゃーんと言うたびににこっと笑ってくれました。シンプルで短い絵本なのでまだ小さな赤ちゃんでも飽きずに楽しめるのでお勧めです。

    掲載日:2007/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 初めての絵本

    • ぴちこんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子1歳、男の子1歳

    初めて買った絵本がこれでした。
    クリスマスプレゼントに買ったから・・4ヶ月の時。
    早く生まれたのもあって、まったく反応なかったけど、一生懸命読んだなぁ
    肩に力が入りすぎてました^^;
    おおきなころころ・・のところで2人ともニヤニヤします
    覚えてるんですね
    今度はもう少ししたら数にも興味を持ってくれないかなぁとたくらんでます^^

    掲載日:2007/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤と白だけ

    赤と白だけというか白い髪に赤のペンだけで描かれているところがすごく印象に残ります。”丸いのはなにかな?”と問いかけながらページをめくると子猫たちだった!娘の目にも捉えやすい色がいいと思いました。

    掲載日:2007/08/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • だいすきな長さん

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子8歳、男の子4歳

    この本は、とても心あたたまります。
    長さんの本は、大人だと、ありえな〜い!と思える話の展開が多いですよね。私は、そんな本が大好きなのですが、
    今回、シンプルな色と、線と、ことばで、これだけ心をなごませてくれるこの本のとりこになりました。
    私の娘や息子が親となったときにも、ぜひ、子供に読み聞かせてほしい本です。

    掲載日:2007/06/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃん?お父さん?

    • ぽにょさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子2歳

    ピンクのマジック1本で書いたような猫さん。コロコロ転がるボールを掴むように読む娘は初めて読んだ時に、ボールが猫の赤ちゃんに変わると「ボールどこ?」と探していました。
    最後に大きなボールがお母さん猫の上にドシーン。これってお父さん猫なのかな?と疑問を持ちつつ読んでいます。
    やっぱり、お父さんも遊びたくなったのかしら。

    掲載日:2007/06/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子が声を出して読んでます

    1歳4ヶ月の息子は絵本に興味があったりなかったり。でも、この本は大好きだから『あー』と言って喜んで一緒に読んでいます。にゃーんのところは一緒に声をだしています。
    本に興味がないのかな?と思っていたけどやっぱりすきなのは好きなんですね。
    リズムがあってとっても読みやすくて、読んでいておもしろかったです。ねこちゃんや動物が好きな子におすすめです。

    掲載日:2007/03/02

    参考になりました
    感謝
    0

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / うずらちゃんのかくれんぼ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 怪物はささやく
    怪物はささやくの試し読みができます!
    怪物はささやく
    作:シヴォーン・ダウド(原案)/パトリックス・ネス(著) 絵:ジム・ケイ 訳:池田 真紀子 出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
    2017/6/9より映画公開中


『つくってみよう! へんてこピープル』tupera tuperaさんインタビュー

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.68)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット