おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…

ニルスが出会った物語 (3) クマと製鉄所」 みんなの声

ニルスが出会った物語 (3) クマと製鉄所 原作:セルマ・ラーゲルレーヴ
訳・構成:菱木 晃子
画:平澤 朋子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2012年09月20日
ISBN:9784834027365
評価スコア 4
評価ランキング 20,358
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 近代化のひずみ

    鉱山地帯にある製鉄所の騒音がクマの生活をおびやかしています。

    人間側、特に鉱山地帯に住む人々から考えると、これといった産業もない地帯に製鉄所は雇用を生み出し利益、そして便利な生活という恩恵をもたらしています。

    これは単にスウェーデンだけに留まらず、この時代から始まった近代化の道を近代国家では歩んできました。

    ただ、近代化は豊かさと便利さをもたらした一方で、環境破壊ももたらしてきました。

    クマからつきつけられた製鉄所を燃やせという命令の中でのニルスの葛藤。それはとりもなおさず近代化の中で人間が抱えてきた葛藤でもあるように感じました。

    こうして絵本として、一つのお話をじっくりと読むとにより、ニルスの物語に秘められていたものが浮かび上がってくるようにも思います。

    掲載日:2014/01/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ニルスとクマの小話

    ニルスの本を昔、子供に読んだので、なんとなく覚えていたようです。でも昔読んだ絵本では出ていなかった部分がこれ。

    風でモルテンの背中から落ちた小人のニルスはクマの子たちの遊び相手になったり、父親熊に殺す代わりに製鉄所に放火しろと言われたり、、、でも拒否することを学んだニルス。成長しています。さらに、鉄砲で撃たれそうな父熊を助け、そのお礼に熊に食われない魔法の言葉を教えてもらいます。

    全体になかなか教訓的で面白い。ただ、魔法の言葉がなんなのか、、、、かなり気になります。それと4歳の娘に読むときは、そのままだと分からないと思って勝手に魔法の言葉を作り出して「こういいます」と教えてしまいました。

    掲載日:2012/10/21

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『てのりにんじゃ』山田マチさん 北村裕花さん インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット