サンタクロースの おてつだい サンタクロースの おてつだい サンタクロースの おてつだいの試し読みができます!
文: ロリ・エベルト 写真: ペール・ブライハ−ゲン 訳: なかがわ ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
サンタクロースに会いに行こうと旅に出る、小さな女の子オンヤ。美しい写真でつづる、クリスマスの素敵な出来事を描いた1冊です。

ずっとずっといっしょだよ」 みんなの声

ずっとずっといっしょだよ 作・絵:宮西 達也
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2012年06月
ISBN:9784591129494
評価スコア 4.29
評価ランキング 14,308
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 最後の展開が

    6歳の息子が自ら図書館で選んできました。
    絵はいつものティラノサウルスの話と一緒。
    だけど、今回のティラノサウルスはキャラクターがちょっとちがう。
    弱くて、赤い実を食べているのです。
    プテラノドンの女の子と友達になれてよかったね。
    だけれど、いつも思うのだけれど、
    最後がこんな展開になってしまうのね。

    掲載日:2017/09/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • いっしょにいたい

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    「おまえうまそうだな」のティラノサウルスとは関係ないようですね。
    よわむしであかいみを食べて暮らすひとりぼっちだったティラノサウルス。
    プテラノドンの女の子と出会い、いつもいっしょにいるように。
    友達になってあげてもいい、そのかわり言うことは何でも聞くのよといった感じで女の子の物言いに最初ちょっとひっかかりました。
    ですが、最後まで読むと彼女も孤独だったゆえに、こんな口のききかたになってしまったのかな?悪気はないのだろうなと思いました。

    掲載日:2016/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一緒にトレーニングに励んでいるところなんかは、

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    映画ベストキッドを見ているかのようでした。宮西先生の初期の作品と比べるとそれほどパンチは強くないですが、ちゃんと大切な事を教えてくれます。宮西先生の絵本が支持されているのは、そういう大切な事を子供にもわかりやすく感じ取らせてくれるからだと思います。

    掲載日:2014/10/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 忘れられない友達

    宮西達也さんのティラノサウルスシリーズも、もう11作目と知って驚きました。
    今回は今までとは違う、怖がりで弱虫なティラノサウルスが主人公です。

    みんなと仲良くなりたいのに、ずるくて怖い奴だと恐れられていて友達のできないティラノサウルス。
    ある時プテラノドンの女の子、プノンと知り合います。
    プノンはティラノサウルスを強くするために、毎日一緒に特訓に励みます。
    そんなある日、プノンが突然いなくなって…?

    ティラノサウルスに初めてできた友達。
    彼にとってはプノンとの特訓も、ケンカも、仲直りもすべてが嬉しい初体験だったんでしょうね。
    プノンとの毎日からティラノサウルスは、弱くても格好悪くても命がけで守りたい友達の大切さを知ります。
    大人が読んでもほろっときてしまいそうな切ないお話ですが、子供達に友達の大切さを伝えてくれる絵本です。

    掲載日:2012/10/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほろりとさせるこのパターン

    読み終えた後、娘が
    「この本読んだんじゃない?」とかなり断定的に言いました。
    いやいや・・読んでないのよ・・^_^;

    ティラノサウルスシリーズは
    主人公の凶暴イメージ・ティラノサウルスと
    他のさまざまな恐竜たちとが織り成すドラマが
    人情味たっぷりで、毎回泣かされるものですが、
    シリーズをかさね、
    このパターンが、いわば「マンネリ化」してきているようです。
    最近変化を求める娘には、すこし食傷気味だったのかな。
    でも、吉本張りのワンパターンも、
    とらえようによっては、なかなかの安定感だといえます。
    そして、一応、設定もそれなりにひねってあるわけで
    母の私は、毎回「次はどう来るんだろ」とワクワクして
    涙腺を緩める準備をして読んでいます。

    今回はプテラノドンの女の子が登場。
    弱虫だけど、強くなるんだっっをテーマに
    心温まるストーリーが展開されます。

    次はどのパターンかな(*^_^*)

    掲載日:2012/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 約束と勇気

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子18歳、男の子16歳

    外見とは違い、弱虫なティラノサウルスが主人公。
    その外見と性格ゆえ、友だちも出来ずに寂しいのです。
    そこへ、プテラノドンの女の子プノンが、お友だちになってあげる、
    といってくれたのです。
    プノンは早速、ティラノサウルスを強くしてあげようと特訓するのですね。
    でも、性格がすぐに変わるはずも無く、プノンが呆れて別れてしまうのですが、
    転機がやってくるのです。
    約束と勇気が伝わってきます。
    後半の展開はどう解釈しましょうか。
    プノンの作戦だったのでしょうか。
    切ない展開に複雑な余韻でした。

    掲載日:2012/10/08

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ぐりとぐらのかいすいよく / がたん ごとん がたん ごとん / おばけのバーバパパ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



木村カエラはじめての絵本出版記念連載

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット