クリスマスのかくれんぼ クリスマスのかくれんぼ
作・絵: いしかわ こうじ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
大人気!「これなあに?かたぬきえほん」のスペシャル版です。ツリーやトナカイなどクリスマスのいろいろがいっぱい登場します。

ぼくは、いつでもぼくだった。」 みんなの声

ぼくは、いつでもぼくだった。 著:いっこく堂
絵:中村 景児
出版社:くもん出版
本体価格:\1,200+税
発行日:2012年10月13日
ISBN:9784774320236
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,778
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 生きていくうえでの問題

    • ヤキングさん
    • 20代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳

    有名人の自伝で児童書!?と思いつつ手に取ったら、あらすじ『ぼくが、少年時代をすごした沖縄は、まだ、「アメリカ」でした。』

    子どもは沖縄が戦争によってアメリカの一部になったこと、本土から沖縄に行くのにパスポートが必要だったり、円が使えずドルを使用していたことなど知りません。
    昨今騒がれている沖縄基地問題や領土問題がさらっと分かりやすく書かれています。

    それだけではなく、自分に自信を持てなくて、でも変わろうとしたり、いじめられたり、夢に向かって努力したり。
    そんな一少年のひたむきな姿が、まるで他人事であるかのように書かれています。
    自分の意見を押し付けるのではなく、やさしく諭すかのような文章で、自然と心に染み入ってきました。

    良書でした。

    掲載日:2012/11/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • とても有名な腹話術師の「いっこく堂」さん。
    テレビなどで その腹話術を拝見しても
    とても楽しく 高度な技術を持った方だと思っていました。
    どんな児童書だろう。
    文字も大きめなので
    老眼の私も読みやすい本です。
    いっこく堂さんの自伝ですが
    その内容は沖縄のことや その環境などについても
    書かれています。
    大人の私ですが戦後生まれなので
    知らないことも多々あって
    見聞きしたことがある沖縄の様子も
    こうして児童書から よりいっそう理解を深めました。
    友達、学校、先生、家族など
    子供ながらに感じたこと、その時の気持ちなど
    描かれています。
    それは 子供に向けて大人目線なのではなく
    いっこく堂さんからの大切なメッセージだと思います。
    とても いい本だと思うので
    オススメしたい1冊です!

    掲載日:2017/10/30

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はやくちことばで おでんもおんせん』イベントレポート

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット