なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

うわさごと」 みんなの声

うわさごと 作・絵:梅田 俊作
出版社:汐文社
本体価格:\1,500+税
発行日:2012年06月
ISBN:9784811388885
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,274
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「ジンピンゲレツ」
    この文字が大きく書かれていて、一瞬何事かと考えてしまったのですが、漢字で書けば「人品下劣」なのでした。
    暴力でいじめをする子も、ウワサを風評にしてねちっこいいじめをする子も、人品下劣。

    お話は、人のうわさでけんかした自分に、おじいちゃんが自分の子ども時代のいじめを話し始めるところから始まります。
    終戦後、そんな昔にもいじめはあったのです。
    ヒロシマの原爆で家族を失って、父親は戦争に行って帰らない、そんなケンゴが遠い親戚の老夫婦と住んでいる場所が舞台。
    ゲンシ病が移る。
    とんでもない話ですが、その風評でケンゴはいじめられ、家族もいやがらせされています。
    その片棒を担いだおじいちゃんのお兄さん。
    「ジンピンゲレツ」は、その父親が一緒にケンゴの家に謝りに行った時に出した言葉でした。
    不正をしっかりとただす父親の姿勢には感銘を受けましたが、話のポイントはそんなことではありません。
    その時がきっかけで自転車屋になったかもしれないおじいちゃん。
    おじいちゃんは、いじめに対して「ジンピンゲレツ」という言葉で、鋭い批判を持ち続けているのです。
    それを自分に語ってくれたことが素晴らしいことだと思います。

    このお話をさらに印象付けているのが、文中に織り込まれている宮沢賢治の詩「雨ニモ負ケズ」です。
    最後に詩の全体が記載されていますが、繰り返し読んでいると、いじめられてくじけそうな子に、捧げたオマジナイのような気がしてきました。
    負けるな!負けるな!
    そんなエールのような気がしました。

    いじめている子に対しては、いじめは「ジンピンゲレツ」だということ。
    いじめは人間として最低の行為だという言葉も噛みしめてほしい。

    久々の梅田俊作さんの絵本に、感動ひとしおです。

    掲載日:2012/10/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • 切なくなります

    このお話は、原爆が落ちた広島から引っ越してきた男の子とおじいちゃん、おばあちゃんが引越してきた村の人たちに嫌がらせをされているお話でした。うちの子は広島の事について嫌な事を言われているのにいまいちピンと来ていなかったのですが、学校でも戦争の事は少しは教わっていたので、戦争のいろんな意味での恐ろしさが分かったみたいです。こんな最悪な状況の中でも一人の男の子が友達になって、それだけで幸せな感じがしました。人間の怖さと優しさが両方わかる絵本でした。

    掲載日:2015/12/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読んだ人それぞれが

     うわさから生まれる差別、、、
     重いテーマのお話です。

     原爆にまつわる
     いじめや放射線のことなど、人間は変わらないものだと思いました。
     思うことはいろいろあるのですが、上手く言葉にできません。
     「うわさにまどわされないように」とか「差別はいけない」と頭ではわかっていても、現実はきびしいです。

     読んだ人それぞれが、じっくり考えることが大切だと思いました
     

    掲載日:2012/10/11

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット