ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

わたしが 山おくに すんでいたころ」 みんなの声

わたしが 山おくに すんでいたころ 文:シンシア・ライラント
絵:ダイアン・グッド
訳:もりうちすみこ
出版社:ゴブリン書房 ゴブリン書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2012年10月
ISBN:9784902257267
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,019
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「わたしがまだ小さくて山おくにすんでいたころ…」。
    この言葉のリフレインで、ライラントさんの幼いころの思い出が叙情詩のように語られます。
    とても印象的で、繊細で、清々しい印象がしました。
    でも、この思い出は濃縮された4年間だからでしょう。
    離婚した母親が、看護師の免許を取るために、娘は山の実家に預けられたのです。
    お父さんは再会することなく亡くなってしまいました。
    ライラントさんは一人、いとことおじいさんおばあさんと生活したのです。
    子どものころの記憶が懐かしい思い出として凝縮されているように思いました。

    掲載日:2013/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほんとうの豊かさ

     美しい詩のような文章と、あたたかいタッチで描かれた素朴な暮らしの絵、余韻のある余白がすてきな絵本です。
     なにかとあわただしい年の瀬に、おちついた気分になりました。
     作者が山おくにすんでいたころ、たしかに暮らしは不便そうです。でもみんなおだやかで、いい顔をしてしるなとしみじみしました。
     ほんとうの豊かさを感じるお話でした。

     大きな黒いヘビとの記念写真のエピソードに、うちの子は怖がりながらもうらやましがっていました。

    掲載日:2012/12/20

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット