庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

木の音をきく」 みんなの声

木の音をきく 文:リーッタ・ヤロネン
絵:クリスティーナ・ロウヒ
訳:稲垣 美晴
出版社:猫の言葉社
本体価格:\2,000+税
発行日:2012年09月25日
ISBN:9784904196090
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,267
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 父親が亡くなった少女が、寂しい気持ちや孤独から、木との交流によって希望の方へ再生していく静かな物語です。
    美しい絵と、美しい文章が、深く豊かな読書体験をさせてくれます。
    こういった本物の絵本をもっと多くの子どもに読んでもらいたいです。おすすめです!

    子どもの頃の、寂しい気持ち、孤独だった時間、
    今でも心のどこかにある透明な場所。
    大人が読んでも、そういう色んなものが思い出されて、胸が熱くなり、涙が出ます。
    物語の中で、最初に少女は、木の幹をさわると、
    「なんだか木にきらわれたみたい。
    たぶん木は、
    カラスにしかさわってほしくないのだろう。」
    と思います。

    しかし、少女が色々な思いを回想し、父親の死の哀しみや寂しい気持ちから、思い出を慈しむ気持ちや愛おしむような気持ちに変化していくと、以下のようになります。

    「うちのことはわすれて、
    もう一度また、木の穴に指をおしこんでみる。
    こんどは、さわられるのがいやじゃないみたい。
    となりでわたしが考えたことを、
    この木はぜんぶきいていたのだろう。」

    そしてさらに、少女は木の音をきいてみます・・


    このように、深い哀しみや孤独をも包んでくれる存在に耳をすますことの大切さ、世界の美しさが、綺麗な絵とともに描かれている絵本です。

    むかし、学校の先生が、「傷つく、というのは、深く心が動くということだから、傷つくという体験や哀しみも時にはだいじなんだ」というようなことを言っていて、印象に残っていたのですが、この絵本を読んで、
    心に深い哀しみがあっても、その奥の透明な場所から、物を慈しむ心や人生の美しさを見いだす力が生まれるのだな、と感じました。

    小2の女の子に読みきかせたら、長いのに最後まで集中して聞いてくれました。
    「木の音をきく」ような、自然の声に耳をすますこと。感覚を開いて、世界の美しさを味わってみると人生はもっともっと美しくなることが、子どもたちに伝わるといいなと思いながら読みきかせています。

    掲載日:2013/03/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • 切なくてジーン

    素敵な表紙の絵に惹かれて手に取りました。
    おとうさんを亡くした女の子のおはなし。お母さんと一緒に遠くの町に引っ越すことになって、おとうさんとの思い出をひとつひとつ噛み締めるように思います。
    北欧らしいおしゃれな色使いにうっとりしてしまいました。どれも飾りたくなるほど美しい絵たちです。
    ストーリーは子供にはちょっと難しかったかな?大人向けかもしれません。

    掲載日:2014/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私が死んだら

    父親が死んで、引っ越しすることになった女の子。
    引っ越し先を探しに出かける駅で、母親は切符を買っている。
    その間一人になった女の子のモノローグが、とても繊細に、とても饒舌に、語られている絵本です。
    もし私が死んだら、子どもはどう思うだろう。
    子ども心の中に、私はどのように暮らしているのだろう。
    ここまで思われたら父親冥利ではあるけれど、いつか子どもは父親の死を卒業していかなければいけない。
    駅のカラスの住む木に、女の子は語りかけ、木の中に流れる命に耳を傾けます。
    そして、様々な思い出に浸っています。
    母親に呼び掛けられて、夢から覚めた女の子は、これからの生活を占おうと片足スキップを始めます。
    女の子の願いがかなうことを祈っている私でした。

    掲載日:2013/02/11

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / まっててね / ぐっすりメーメさん夜のおさんぽ?

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット