雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

明るく斬新なイラスト
賢治がずっと思っていたこと、こうありた…

しろくまくんのながいよる」 みんなの声

しろくまくんのながいよる 作:ローラ・トンプソン
絵:スティーヴン・サベッジ
訳:きたやまようこ
出版社:エムオン・エンタテインメント
本体価格:\1,300+税
発行日:2005年07月
ISBN:9784789725903
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,441
みんなの声 総数 8
「しろくまくんのながいよる」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 寝る前にオススメです。

    いっしょにいると やさしいきもちになり、
    「そばにいる」とあんしんできる絵本です。と
    書かれていて、なるほど!と思えました。
    寒色系の色彩、版画調の絵、
    ひらがなだけで 文章もむつかしくない。
    でも読んでみて印象に残る絵本でした。
    寝る前の読み聞かせにもピッタリだと思いますし、
    私のような大人も心穏やかに
    静かに読んでみるのにふさわしい絵本だと思いました。

    掲載日:2016/05/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 静かで清浄な世界

     しろくまくんがいるのは、空と海と氷の世界。色も形も限られた世界。夜、暗闇の中、そこに月や星の光があたって、静かな静かな世界が浮かび上がります。そして、やがて、空に流れ星が流れ、ひととき 世界は明るく輝きます。

     一人、起きだして天体ショーを見ていたしろくまくんは、また、寝床に帰ります。夜中の小さな冒険でした。

     しろくまくんの目を通して、人工的なものが何もない、静かで清浄で、雄大、神秘的な世界を見せてもらいました。同じ地球上に、こういう場所が本当にあるのだろうなぁと不思議な気持ちになりました。

     やさしい絵と文章です。幼い子どもさんに、こういう違う世界があることを自然に伝えられる絵本だと思います。

    掲載日:2016/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい〜

    このおはなしのしろくまくんがとってもかわいい〜 一目ぼれです。この絵本のお話は、家の子が一人で読むのにちょうどいい長さでした。しかも、全部ひらがなだったのでなおよし!!自分で読めたことがうれしくってとっても喜んでいました。

    掲載日:2013/01/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 静かな夜に静かな声で・・・

    • ローサさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    不思議な魅力が、ある本です。

    静かな静かな夜の風景が、やさしく、神秘的なタッチの色遣いで静かに進みます。

    夜中に、ふと目が覚めたしろくまくん。月明かりのもと、夜のおさんぽに出かけます。
    みんな、静寂の中 静かに眠ってます。

    なんだか、初めての夜歩きを思い出しました。こんな月明かりのもと、そぞろ歩きしました。

    月明かりの中の世界が、神秘的な色遣いで とてもよく表現されています。

    お話し会でも読みましたが、それまでざわついていたクラスも読みだすと、このお話にすうっと引きこまれ シーンとなって聞き入ってました。

    静かな本です。静かな夜に部屋の音はすべて切って 静かに静かに
    読んで下さい。
    ぜひ、声を出して。でも、静かな声で、、、。

    掲載日:2009/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • とっても静か・・・

    • ゆぺちさん
    • 30代
    • ママ
    • 岡山県
    • 女の子3歳、男の子1歳

    表紙の可愛いクマを見て、娘が選びました。
    版画絵本と言う事で、他の絵本に無い面白さがあります。

    とても寒い夜、ふと目を覚ましたしろくま君。誰かに呼ばれたような気がして、ねどこを抜け出し冒険します。
    冒険なんだけど、わくわくするような気持ちじゃなくて、とても静かで落ち着いた感じ。動物達も眠り、こおりとゆきとうみに囲まれ正に静寂を感じます。色使いが独特で静けさと、ほんわか温かさがよく表れていました。最後はとても素敵な出来事があり、嬉しくなりました。

    いつも子供が寝る前に絵本を読むので、閉めのおかあさんとおやすみする所も良かったです^^

    掲載日:2009/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 癒し系絵本

    「癒し系」に分類されそうな、ほんわかしたイラストに惹かれて読みました。
    寒色の色合いで、静かな北極の夜を想像させられます。
    夜中のお散歩を描いたお話ですが、怖さは感じられず、夜の持つ不思議な魅力、
    一人起きている時のドキドキした気持ちがよく伝わってきます。
    星が流れることを息子は知らないので、本当に『おとぎ話』なのでしょう。
    いつか流れ星を見せてあげられる日が楽しみになりました。

    掲載日:2007/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • きれいな絵です

    ちょっと変わった絵だなと思って、手に取りました。リノリウムの版画絵本ということですが、息子に「版画ってなに?」と聞かれて説明に困ってしまいました。すごく色彩がきれいで、優しい雰囲気になっています。寝る前に読むのにピッタリなのではないでしょうか?

    掲載日:2006/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • この単純さが子供を惹きつけるのでしょう。

    しーん、という音が聞こえそうな
    静寂の世界です。
    クジラさんもせいうちさんも皆んな眠っています。
    起きているのはしろくまくんだけ。深夜の冒険が始まります。

    透明感を感じさせるグラデーション
    の効いた寒色系の配色なのになぜか暖かさを感じさせる
    大胆で力強い版画の描線。
    まだ1歳を過ぎたばかりのウチの子ですが
    この絵本は超お気に入りでいつもかぶりつきで見ています。
    この単純さが子供を惹きつけるのでしょう。
    子供大人問わず、やさしい気持ちにしてくれる絵本です。
    機会があれば是非手にとってみる事をお勧めします。

    掲載日:2006/01/27

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / だるまちゃんとてんぐちゃん / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / でんしゃでいこう でんしゃでかえろう / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット