とらんぽりんぽーん とらんぽりんぽーん
文・絵: ふくだ じゅんこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
いろんな野菜がとらんぽりんあそび…どんなふうにとぶかな!?

ブーブーブー どこいった」 みんなの声

ブーブーブー どこいった 作:西村 敏雄
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2012年10月23日
ISBN:9784052036422
評価スコア 4.46
評価ランキング 7,956
みんなの声 総数 23
「ブーブーブー どこいった」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

23件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • いろんなブーブーブーがあるものですね

    • けいご!さん
    • 40代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子15歳、男の子11歳

    ブーブーブーとは、ぶたさんの鳴き声ですが、それ以外にもいろんなものを連想させるものだなあと読みながら感じました。ブーブーブーという音が聞こえて、次のページでそれがなんの音なのか、種明かしがあるのですが、読むときに、前ページの「ブーブーブー」と後ページの「ブーブーブー」の声色を同じにするかどうか、ちょっと迷いました。ページを開くときに、少し間をおいてみると、聞き手の想像をふくらませ、次ページへの楽しみが増すのかもと思いました。
    お話の最後はとってもほほえましい。子ぶたさんもそのお母さんもとっても幸せそうで、あたたかい気持ちになれました。

    掲載日:2014/06/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 今度こそ?

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子7歳、男の子5歳

    さるぼうが3匹のこぶたを探しに出かけます。
    「こぶたこぶたどこいった」リズミカルなセリフが繰り返されるので、読み手も楽しいです。
    すごくシンプルな展開なんだけど、だからこそ分かりやすくてイイと思います。
    小学1年の長男と年中の次男。2人共「次はなんだろう?」とワクワク顔で乗り出していました。ページをめくるときのドキドキ・ワクワク感は大人でも楽しめますよ!幅広い年齢層に受けそうです!

    掲載日:2013/11/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 温かなギャグ絵本

    全ページためしよみで、読ませていただきました。
    ちょっと、心温まる、ユーモア(ギャグ)絵本です。
    親切なサルが、ブタの子をさがしに行きます。
    西村敏雄さんのは、こういった感じの、温かなユーモアのある絵本が多いですね。なんか好きでね。
    おすすめです。

    掲載日:2017/12/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • ブーブー違いが楽しい。

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    ブタを探して、ブーブーブーと聞こえるところを見てみると、ラッパ、おなら、もんく、次々とブーブー違いのものが見つかります。
    子どもの好きなブーブーという音の繰り返しに、おお喜び。
    ママ的には、おならとかより、もんくが出てきた時に、これもブーブーや!と感心しました。
    次はブタや、次こそは…と、毎回次のページをめくるのをワクワクしながら楽しんでいました。

    掲載日:2017/06/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほっこりする絵本

    作者の西村さんの独特の世界観が好きです。
    さるのさるぼうがぶたのお母さんが探しているこぶたたちを探すというストーリー。
    ぶーぶーぶーという音を頼りに探していきます。
    でもトランペットの音だったり、車の音だったり、おならの音だったり…
    なかなかこぶたたちに出会えません。
    最終的にこぶたを発見するのですが、とってもほっこりするハッピーエンドで読み応えがあります。

    掲載日:2016/12/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ブタの鳴き声かと思ったら・・・

    友だち思いのさるぼうは、いなくなってしまった、ぶたちゃんたちを
    探しにでかけます。
    「ブーブーブー」という音を頼りに探すのですが、街中にはいろんな
    「ブーブーブー」があります。
    なので、なかなか見つかりません。
    でも一生懸命探す姿が、とてもかわいらしかったです♪
    最後はちゃんと見つかって、みんな楽しそうに終わるので、
    安心して読める絵本ですよ☆

    掲載日:2015/09/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • のんびり、ほんわか

    のんびりした絵本を読みたいとき、西村さんの絵を選んでしまいます。
    そして、今回もまちがいはなく、やはり、のんびり楽しめるお話でした。
    いなくなった、こぶたたちを、「ブーブーブー」の鳴き声をたよりに、さるぼうがさがしにでかけます。
    その「ブーブーブー」の音をだす、いろいろな動物やものが見られるのが楽しい。どれも、ほんわかした絵です。
    が、やはり、ラストのこぶたちゃんたちは、ひときわ、ほんわかしました。

    掲載日:2015/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんなブーブー

    このお話は、おさるさんが子豚の三兄弟を探しに行くお話でした。探す途中でいろいろなブーブーを間違えて発見しながらだったのですが、うちの子は間違えるたびに「また違うじゃん〜!!」って突っ込みながら楽しそうに見ていました。

    掲載日:2015/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 2〜3歳のお子様向けでしょうか。

    さるのさるぼうがこぶた3匹を探して行くお話です。
    たくさんの動物がでてきたり,「探す」という繰り返しから,3歳前後のお子さんは楽しめるのではないでしょうか。
    4歳半の娘に何かよい絵本はないかな〜と探していて親の私が読ませていただきましたが,4歳半には少々物足りないかもと思いました。
    こぶた達がお母さんの誕生日のためにお花摘みをしていたラストはほのぼの可愛かったですが☆

    掲載日:2015/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • こぶたさがし

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    善意でこぶたたちをさがしてくれるさるぼうがいいですね。
    ブーブーブーと音が聞こえる度に「こぶたたちだ」と思うさるぼうですが音の正体はラッパの音だったりおならだったり。
    ブーブーブーという音は案外あるものだなと思いました。
    ラストはすてきな展開でした。

    掲載日:2014/10/26

    参考になりました
    感謝
    0

23件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『しりとりしましょ!巻物えほんキット』<br>さいとうしのぶさん インタビュー<br>

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.46)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット