ちびっこ魔女の大パーティ ちびっこ魔女の大パーティ
作: ジョージー・アダムス 絵: エミリー・ボラム 訳: おかだよしえ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
ちびっこ魔女3人組みは魔法の森に住んでいる。ハロウィーン・パーティをすることにした3人は、招待状を出し、おそうじをし、料理も準備して、でも…?

テオの家出」 みんなの声

テオの家出 作:ペーター・ヘルトリング
訳:平野 卿子
出版社:文研出版
本体価格:\1,300+税
発行日:2004年01月
ISBN:9784580814783
評価スコア 4
評価ランキング 23,329
みんなの声 総数 1
「テオの家出」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 家出の意味

    少年テオの最初の家出の原因は両親の不和でした、酒飲みの父親と、母親の絶えぬ夫婦げんか。
    自分が家出すれば夫婦仲は修復されるのではないか。
    そんなストーリーを心に描いて家を飛び出した、最初の家出は冒険のような家出でした。
    いろいろな人に出会い、巡り合った移動メリーゴーランドを経営する理解者のパパフンフンに諭され家に帰って見れば、夫婦は離婚していました。
    二度目の家出は、知り合ったパパフンフンを訪ねての意図した家出。
    今度は事件に巻き込まれて警察に補導されてしまいます。
    夢想家のテオの悪意のない家出は、知り合った人や、巻き込まれた事件に翻弄されて、次にことを起こしたら施設に入れられるというところまでに発展していきます。
    現実を受け入れるしかない自分と、自分の優しさとは全く別のところでテオを苦しめる社会。
    非常にドライタッチの物語ですが、家族を考える上で様々なことを提示してくれました。
    ヘルトリングが描く人間模様は、とても鋭い社会考察です。

    掲載日:2012/10/24

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


押して振ってこすって…全身で楽しむ絵本!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット