なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

おかあさんだもの」 みんなの声

おかあさんだもの 作:サトシン
絵:松成 真理子
出版社:アリス館 アリス館の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2012年11月20日
ISBN:9784752005964
評価スコア 4.65
評価ランキング 2,269
みんなの声 総数 25
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

25件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • おかあさん 子どもを出産する前から 出産の瞬間まで そして子育ての喜び ママになる貴方
    この絵本は 専業主夫のサトシンさんがメッセージを書かれていて

    これはお母さんためだけの絵本ではありません
    お母さんがこんな想いで自分を生んでくれたことを多くの子どもたちに知ってほしいし
    パートナーであるお父さんにも改めて知ってほしい
    出産の日を思い出す大切さを書かれていて感動しました

    松成真理子さんの絵もステキデス
    この絵本を読んで 今度の妊婦教室で読み聞かせをするので 是非読んだあげたくなりました

    この最近ニュースで高校生の体罰による自殺問題が取り上げられているのを思い出しました

    どうして  悲しい事になってしまったのでしょう???

    もし お母さんが自分の我が子を産んだときのこと思い出したら もっと子どもの 訴えを違う観点で受け止めてあげれたのではないでしょううか???

    この体罰をした教師が もしも子どもがいて我が子がこんな悲しみを受けていたことを思い出せばもう少し 違ったのではないでしょうか???

    あまりに悲しい出来事の報道が心に残っていたので
    この絵本のサトシンさんのメッセージは非常に大切だと感じました

    掲載日:2013/01/21

    参考になりました
    感謝
    2
  • お誕生日ありがとう

    サトシンさんの「やんちゃなこどもが大好き!」みたいな子供心をくすぐる楽しい絵本が多い中で
    やわらかいあったかいふわっとした特別な絵本。
    そして「なんでこんなに男の人が母親の気持ちわかるのー?!」とびっくりしてしまうんです!
    すごくたくさんのお母さん方にインタビューされたそうです。

    我が子が生まれてきた日のこと。
    あの日のお天気や気温や風景やドキドキ、
    あの生まれた瞬間の感動や気持ちや重さ、決意・・・。

    すごくリアルに思い出します。

    そして覚えていなくても自分が生まれたあの日、
    「お母さんはこんな気持ちだったのかな・・・」と
    思い、感謝があふれてきます。

    育児に迷った時や不安な時にも。

    掲載日:2014/03/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • ちょっと育児に疲れた時に、この絵本を読むと、色々なことを思い出して気持ちが新たになります。
    表紙のお母さんもあかちゃんもいい表情で、全体的にとてもほのぼのとしたいい作品です。
    私は最初のページでお母さんが赤ちゃんの両手を持ってお日様の下にいる絵が大好きです。
    小さな姿を見つめる母の顔がとても優しくて、まさにお母さんそのもの。
    私もそんな風になりたいです。

    掲載日:2013/06/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • あの日を思い出します

    うちの子どもたちは、絵本ナビの「お子様」の年齢に当てはまらなくなってしまいました。

    成人し社会人になっていたり、大学生だったり、海外に留学中だったり。4人の子、それぞれが母親の元から巣立っていきました。
    子どもたちが成長する過程ではいろいろなことがありました。
    学校にあがれば友だちと喧嘩をしたり、仲間はずれにされたり。「いじめ?」と心配したり。
    思春期に入ると、親に対して激しく反抗をするようにもなりました。嵐の時代は2,3年で過ぎていきましたが、今度は受験だ・・・就活だと、彼らの人生の局面でいろいろなことがありました。

    そのたびに母親は、あの日に戻って行くのです。あの日の喜び、感動があれば、子どもたちを守って行けると・・・子育てに疲れてしまった時、子どもに反抗されて泣きたい気持ちになった時、彼らの進路に一緒に悩んだ時にも。

    あの日の喜びを思い出し、身ごもってからの日々、陣痛に耐えながら生れてくる瞬間を待っていたあの日。そしてこの腕に我が子を抱いた喜び。それがあれば・・・子育ての中で出会ういろいろな困難も乗り越えて行けました。

    この絵本を手にするママたちが、子育ての間この絵本に支えられるといいな!この絵本を読んでもらった子どもたちが、自分の生命を大切に思えるといいな!きっと優しい気持ちになれるはず。

    多くのママたち(もちろんパパもおじいちゃん、おばあちゃんにも)に手にしてほしい絵本です。

    掲載日:2012/12/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 息子を怒ったときに読む本

    • ごろっくまさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子2歳、男の子0歳

    そろそろかなって思ったの
    おなかの中のあなたも寒くないかなって思った

    はじめてよんだのは子育て支援センターでの読み聞かせでした。何人かのお母さんが涙を流しながら聞いていました。私も、長男を出産した時と同じであの日を思い出してとってもあったかい気持ちになりました。夜泣きできつい時期だったけど、だってあなたのお母さんだものと思ってまた頑張ろうと思いました。パパも俺も頑張っているから「お父さんだもの」が欲しいというくらいです

    掲載日:2016/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもにも伝わる

    内容はちょっと難しくて、絵も子ども向けではありません。
    むしろ、大人というか、母親向けの絵本なのかもしれません。
    それでも試しに娘に読んでみました。
    何も言わずにただじっと聞いていた娘。
    あぁ、やっぱり難しいのかなと思っていたら、娘が一言、「いいお話だね」と。子どもにもちゃんと伝わるのですね。
    母&子でじーんときた1冊です。

    掲載日:2015/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しい気持ちを再確認

    この絵本を読んでいると二人のわが子がおなかに来てくれたとき・・とてもとても幸せな気持ちであふれていたことを思いだしました。
    一文一文が共感できます。
    そうです。私も、そんな幸せな思いでいっぱいでした。
    特に一人目のときは、自分の中に命が宿っているということがあまりにも神秘すぎて・・小さな変化の一つ一つが愛おしく、涙があふれそうなほどでした。


    そんな二人も今では小学生・・。生まれてきてくれてありがとうというあの日の気持ちより、イライラ叱ってばかりでバタバタ過ぎていく日常。
    そんな自分に反省の気持ちも膨らんできて恥ずかしくなりました。

    私もお母さんだもの。この子たちがとっても愛しい。
    私のところに生まれてきてくれてありがとう!という優しい気持ちを再確認。
    なんだか胸がいっぱいになりました。

    気持ちをリセット!そして私もかわいいわが子のために頑張らなくては!そういう前向きな思いにさせてくれました。

    これからお母さんになる方ももちろんですが・・子育て真っ最中のお母さんにもぜひおすすめしたいです。

    掲載日:2014/11/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 涙をこらえるのに必死でした。我が子らの前で、そして目の前にいる虹色の王様の前で涙を流す訳には行くまい…そんな思いで聞いていました。大多数のお母さんの我が子への思いと重なる部分が多くあると思います。私も例に漏れず。素晴らしい本です。

    掲載日:2014/10/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • おかあさんのための絵本!

    年少4歳の娘と読みましたが,子供向けよりママ向けの絵本かも知れませんね。
    出産当時の気持ちがよみがえってきました。
    4歳の娘は出産の大変さはまだわからない年頃なので不思議そうに聞いていました。
    親心が描かれていて感動しました!
    いつの日か自立していくのが子供ですが,それまでの一緒の日々を大切にしていきたいな〜と思わせてくれる内容でした。
    育児は大変で疲れることも多々ですが「おかあさんだもの」まさにこの言葉通り,我が子のためにですね!!

    掲載日:2014/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かしい記憶

    うちの子もこの絵本のように、冬の寒い日
    夜中の陣痛で病院に行き、そのまま産まれてきてくれました。
    産まれた時は、ただただ嬉しくて、でもそ〜っと抱っこしないと
    すぐ壊れてしまいそうで怖かったのも覚えています。
    あの日の懐かしい記憶を思い出して、あったかい気持ちになれました。

    掲載日:2014/08/20

    参考になりました
    感謝
    0

25件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ノンタンぱっぱらぱなし / おべんとう

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



山岡ひかるさんの「食べ物絵本」シリーズ 歴代編集者さんに話を聞きました

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.65)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット