大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

クリスマスってなあに?」 みんなの声

クリスマスってなあに? 文・絵:ジョーン・G・ロビンソン
訳:こみや ゆう
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2012年11月07日
ISBN:9784001112344
評価スコア 4.78
評価ランキング 463
みんなの声 総数 8
「クリスマスってなあに?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • これは大人が子どもたちにぜひお膝にのせて読んであげてほしい本です。
    クリスマスについてのいろいろなことが、丁寧にかわいらしい絵とともに描かれています。日本でのクリスマスはきらびやかなイルミネーションとプレゼントとそして彩り豊かなお菓子や料理だけ輸入して、その由来や本当の意味は伝わっていませんよね。

    子どもたちにどうしてクリスマスをお祝いするのか、さまざまなその意味合いを子どもたちにわかりやすいことばで書いてあります。

    文字は小さくて、たくさん書いてあるので、読み聞かせには向かないのですが、子どもをお膝にのせて、「こうなんだよ〜」って読んであげるといいかな♪

    また、トピックス別にわかれているので一度に全部読まなくても、知りたいな〜と思ったところだけ、読んであげてもいいです。

    我が家は子どもたちはみんな大人になってしまったのですが、こんな絵本が子育ての時にあればよかったのにな〜と思いました。

    ロビンソンさんの絵も優しくて素敵、こみやさんの訳もとても読みやすくて素敵です。

    掲載日:2012/12/05

    参考になりました
    感謝
    3
  • クリスマスの楽しみが詰まっています

    クリスマスの由来や過ごし方が、可愛いイラストと共に描かれています。由来に関しては当然の事ながら宗教色を強く感じますが、それ以外にもクリスマスカードを書いたり、プレゼントを準備したり、部屋やツリーを飾りつけたりと、クリスマスの楽しさがぎゅっと詰まっています。
    クリスマスプディングやキャロリング、ボクシングデイ等、あまり日本では馴染みのないものも描かれていて、読んでいるだけでワクワクが止まらない宝石箱のような絵本です。

    掲載日:2016/08/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもにもわかりやすく

    日本だと、クリスマスはケーキやごちそうを食べてプレゼントをもらうイベント的に、定着してしまいましたが、本来はとても宗教的な意味合いのある日。

    キリスト教的文化圏ではどのように、過ごし祝っているのか子どもにもわかりやすく描かれています。

    三賢人など、子どもにとってはなじみのない言葉もでてくるので、大人が一緒に読んでやりたい本でもあります。

    キリストの生誕、由来など子どもに質問された時にも覚えておくとよい本だと思います。

    掲載日:2016/01/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • クリスマスの本来の意味を!

    数あるクリスマス絵本がある中,こちらの絵本は,イエス誕生からサンタクロースまでクリスマスの本来の意味を子供にもわかりやすく可愛らしいイラストと共に描かれているクリスマス絵本です。
    日本では,クリスマスはケーキを食べプレゼントが届き。。という印象が強く,本来の意味をなかなか考える環境にありません。
    そんな子供達に読んであげたい絵本だと思いました。

    掲載日:2015/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • わくわくする

    にわにたねをまこう、が気に入ったので
    クリスマス時期に買ってみました。
    クリスマスまでの準備をわくわくしながらするこどもたち
    子どもたちの表情が素晴らしい!しかも、クリスマスの由来なども丁寧に説明されてあり、とてもよいほんでした。4歳児には文がながかったようですが、わたしは気に入りました。女の子はすきだろうな、という絵です。

    掲載日:2013/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が素敵

    庭にたねをまこう、がとても素敵だったので
    こちらも。
    赤色が主となり、クリスマスを迎える気持ちがアップします。子供たちの動きや表情が素晴らしい!とてもかわいいです。女の子はきっと好きになるお話だと思いました。息子はちょっと好きでないみたいだけど私が気に入りました★

    掲載日:2013/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • クリスマスとは

    クリスマスとはという事がとても分かりやすく
    かかれています。

    クリスマスとはイエスキリストの生まれた日
    というのは知っていましたが羊飼いの話、
    三賢者の話、それからボクシングディの事
    などは知りませんでした。

    絵も黒、青、赤で描かれレトロな感じの絵で
    ステキです。

    表紙裏の黄色の絵も豪華でかわいい感じでクリ
    スマスの贈り物としても喜ばれると思います。

    掲載日:2013/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵なクリスマス絵本

    絵本ナビにてサイン本を購入しました♪
    この11月に出版された本で、試し読みしたこともなかった
    のですが、岩波書店から出る絵本なら素敵なはず!という気持ちと
    縦長の装丁やかわいらしい表紙に惹かれての購入でした。
    期待通り!!とっても素敵なクリスマス絵本です。
    クリスマスについて詳しく書かれているのも魅力ですし
    黒とブルーグレーと赤で描かれた挿絵も美しいのです。
    手元にあるだけでしあわせな気持ちになる絵本です。
    娘もこの絵本の雰囲気と、一緒に購入したひぐちさんの
    クリスマス絵本に影響されてか『クリスマスのほん』
    を作っていました。かわいらしい天使がイエスさまの誕生を
    告げる絵本でした(笑)。

    この絵になにか見覚えがあるなあ・・なんだっけ?と
    作者についてみてみれば・・ああ!『おはようスーちゃん』の
    作者だったのですね。

    掲載日:2012/12/25

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.78)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 1
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 7

全ページためしよみ
年齢別絵本セット