しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ノッポさんのえほん(2) むぎわらとすみとまめ」 みんなの声

ノッポさんのえほん(2) むぎわらとすみとまめ 作:高見ノッポ
絵:谷口周郎
出版社:世界文化社
本体価格:\1,000+税
発行日:2000年
ISBN:9784418007097
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,071
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • そらまめの黒い筋はなぜできた?

    グリム童話のお話だそうなのですが、こんなお話があることを初めて知りました。鍋で煮られようとしているそらまめがむぎわらとすみと一緒に逃げました。これだけでも充分意外な組み合わせです。

    足が生えているそらまめは、なかやみわの「そらまめくん」みたいにかわいいけれど、むきがすみで燃えてしまうところを大笑いするそらまめは性格が悪そうでいやな感じがしました。そのためではないでしょうけれど、そらまめにも天罰が…。

    皆さんはそらまめに黒い筋がなぜできたのかをご存知ですか?
    このお話を読むとそれがわかりますよ。

    そらまめの黒い筋がどうしてできたかがわかる話とは思わなかったので、読む前と読んだ後では大分このお話に対する感じが変わりました。

    これからそらまめを見たら、じっと黒い筋を覗き込みそうです。

    昔の人はおもしろいお話を考えついたものですね。確かにそらまめはお豆の中でも、少し変わった形をしているので、こんなお話が生まれたのかもしれません。

    グリム童話にもこんなお話があったとは意外です。一度読んで見てください。

    掲載日:2007/12/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 事あるごとに思い出しそうです。

    • れんげKさん
    • 30代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子5歳、男の子5歳

    おばあさんが豆を煮ようとしていると、運よく逃げられた一粒の豆とむぎわらとすみが一緒に家を逃げ出します。
    河を渡ろうとして、麦わらが橋になってあげますが、上を通った炭が途中で足がすくんでしまい、麦が燃え出しちゃって・・・。
    それを見た豆は・・・。

    ・・・とってもかわいい絵の絵本です。
    むぎわらとすみの様子を見て笑う「まめ」を見たとき、ちょっと「笑い事じゃないでしょう」と思ったんですが、
    しっかりその報いを受けたまめ君。
    原因が笑いすぎってところが笑えますが・・・。
    その痛々しさに、あらら・・・と思いました。
    なんだか、そら豆を見るたびにこの話を思い出しそうです。

    掲載日:2006/01/29

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット