バスていよいしょ バスていよいしょ
作: 重松 彌佐 絵: 西村 繁男  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
よいしょ、よいしょ・・・「そち何をしておる!」さて誰がやってきた?

ことばのゆらい図鑑2 動物にゆらいする言葉」 みんなの声

ことばのゆらい図鑑2 動物にゆらいする言葉 作・絵:ヒサクニヒコ
出版社:ハッピーオウル社
本体価格:\1,400+税
発行日:2012年06月
ISBN:9784902528435
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,560
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 楽しく慣用句のお勉強

    楽しいイラストと説明で、日頃使っている慣用句が理解できる本です。
    ちょっと首をかしげる解説も見られますが、許容範囲かとナットクいたしました。
    何よりも動物たちに由来する言葉たちと親しみを持てる、良いきっかけを与えてくれると思いました。

    掲載日:2014/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物と人の歴史が見えてくる。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳

    またまた図書館で面白い本を発見してしまいました!
    目についたのは2巻でしたので、1巻はまだ読んでいません。
    タイトル通り、ことわざや格言などに登場する動物に関係ある言葉を、その動物別にまとめたものです。
    言葉の意味と、伝わっている限りのわかる由来と、作者の描いたその言葉から想像できる情景のイラストが載っていて、とても楽しかったです。
    (ここに紹介されている言葉を見ると、中国から伝わってきたことわざや格言も多かったことがわかります)

    言葉としては知っていても、今はあまり日常生活で使われなくなってきている言葉が結構ありました。
    また、1つの動物で思っていた以上にいろいろな意味の言葉が作られていたんだな〜と、改めて思いました。
    作者自身も前書きに描いていますが、人と動物との暮らしの中で、こうした言葉が作られてきたのかと思うと、人と動物との歴史を感じましたね〜。
    動物好きのうちの上の子はタイトルが気になったのか、すかさずこの本を手に取って、隅から隅まで読んでいました。

    ヒサさんのイラストが4コマ漫画みたいで読みやすくて楽しいので、小学校の2、3年生くらいから楽しく読めるんじゃないかと思います。

    掲載日:2012/11/02

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ねこのさら
    ねこのさらの試し読みができます!
    ねこのさら
     出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
    この夏、らくご絵本を読んでみよう!あれっ、この皿はもしかして・・・


完売店続出・即重版!終わりのない愛の絵本、好評につきPart2

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット