ばけばけばけばけ ばけたくん  ばけくらべの巻 ばけばけばけばけ ばけたくん ばけくらべの巻 ばけばけばけばけ ばけたくん  ばけくらべの巻の試し読みができます!
作: 岩田 明子  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
こだぬき、ぽんたとばけくらべ!ばけたくんはかてるかな〜!?

ちんころりん 高知の昔話」 みんなの声

ちんころりん 高知の昔話 再話:中脇 初枝
絵:ささめや ゆき
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\390+税
発行日:2011年10月
評価スコア 3.75
評価ランキング 30,505
みんなの声 総数 3
「ちんころりん 高知の昔話」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おばあさんが川で洗濯していたら、流れてきたのは男と金の櫃。
    桃太郎のイメージで意外感で見ていると、出てきたのはなんとひとつ目と口が二つのおばけというのですから、頭は混乱状態になってしまいました。
    それも怖いお話ではなくて、歌の大好きなおばけのユーモラスなお話。
    短絡的なお話ですが、ささめやさんの脱力感のある絵と相まって、うけることは間違いないの短編です。

    掲載日:2017/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちんころりん♪

    「げたをはきたいちんころりん♪」と歌う場面では一緒になって歌っています。又、おばあさんが言う「ほりたきゃほってみよ!」というセリフも大好きで身振りも真似しながら大きな声で言っています(笑)
    なぞのお化けが不気味な感じもしますが子どもが大好きな一冊です♪

    掲載日:2013/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 福音館

    ももたろうの筋書きのように始まるのです
    ところが川から流れてきたのは ももではなくて きんの櫃
    家へもって帰ってふたを開けてみると  なんとでできたのはおばけ〜
    ここからのお話しが おもしろいのです
    おばけがうたをうたい 「げたはきたい げたはきたい」なんていうのです、しかもきれいな声で歌うのですって

    つぎは うらえいきたい  そして くわをもってここほりたい 

    おばあさんはおばけの言う通りにしてやるところがおもしろい
    おばけ育てなんてあんまり 聞いたことのないおはなしです

    なんと そこから 大判小判がでてきました
    ほう  こんな昔話が 高知にあるのですね
    おもしろい!

    やまへいしばかりにいった おじいいさんは おばあさんのおかげで金持ちになって あまり 役に立ってないように思えて・・・ 
    今までの昔話とはちがいますね

    むかしまっこう  さるまっこう(どんとはれの様な最後のしめ)
    高知ではこんなふうに 語られていたのですね

    ささめやゆきさんの絵はかわいかったです
    おばけも おばあさん おじいいさんも
    クス クス クスッ 

    掲載日:2012/11/02

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


ネジってすごい!ものづくりの新たな魅力を発見☆

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット